めんどくせぇことばかり “ケンカ”できないオバマ(覚書)『ケンカ国家論』 落合信彦
FC2ブログ

“ケンカ”できないオバマ(覚書)『ケンカ国家論』 落合信彦

2012年9月11日、リビアのベンガジにあるアメリカ領事館がテロリストに襲われ、クリストファー・スティーブンス米大使が殺害されるという大事件が発生したのである。2000人の暴徒が領事館を取り囲み、自動小銃やRPG(ロケット弾発射機)で武装した集団が敷地内に侵入すると、リビア人警備員たちは蜘蛛の子を散らすよう逃げ出した。結果、好き放題に放火や略奪が行われた。2011年の政変で独裁者カダフィが打倒されたリビアでは、民衆がいまだに武器を手放さない。アメリカなどの大国の後ろ盾無しで誕生した暫定政権には治安維持能力が無いため、こうした事件が発生してしまう。公務中のアメリカ大使が殺害されるのは1979年のアフガニスタン以来で、冷戦崩壊後では初めてのことだった。

もちろん領事館の敷地は治外法権であるから、侵入は領土侵犯と同義であり、アメリカ政府の「全権大使」を殺害することは宣戦布告に等しい行為だ。
しかし、この事件を受けてなおオバマは機敏な反応を見せなかった。リビア沖に駆逐艦をたった2隻派遣しただけ。強硬姿勢を見せることで現地の反米感情がさらに高まることを恐れたのだ。

ここまでされてなお「相手を刺激したくない」という発想なのである。「9月11日」という犯行の日付を見てもわかるように、領事館襲撃事件は明らかに国際テロ組織アルカイーダの犯行だ。国家の総力を上げてテロリストに毅然と立ち向かう姿勢を示さずに、どのように国益を守るつもりなのだろうか。それどころか、国内向けにはこれがテロリストの犯行であることをなかなか認めず、アメリカ国民までも騙し続けたのである。

ケンカ国家論ケンカ国家論
(2013/03/06)
落合 信彦

商品詳細を見る
嵐の中で勝ち残っていく力が日本人にはある



日本経済新聞 2013/9/11
ロシア大統領、米にシリア軍事介入放棄求める
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM10057_R10C13A9EB1000/
たしかにオバマが大統領になる時、アフガニスタンとイラクの2つの戦争を終わらせることを公約にしていた。しかし、アメリカ同時多発テロ事件の首謀者とされるオサマ・ビンラディンは殺害したが、テロの根を根絶できたわけではない。本書で紹介された上記の在リビア米大使殺害事件はその後の出来事である。テロ組織はアメリカに挑戦し続けている。にもかかわらずアメリカは引いた。引かざるをえない状況に追い込まれたとしても、同じことである。足元を見られたのだから。
ロイター 2014/3/20
米国、ウクライナで軍事行動に関与せず=オバマ大統領
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA2I09P20140319
これは早かった。なにも起こらないうちから“軍事行動には関与せず”を発表してしまった。さらには、「もっと良い道がある。ウクライナの人々でさえ、米国がロシアに軍事的に関与することは不適切で、ウクライナにとっても良いことではないと認めるのではないか」という発言はいったいなんだろうか。

どうにもオバマは揉め事から逃げまくっている印象がある。ある意味では、世界中がオバマを試している状況だろうか。腕の寸法測って、肩幅測って、股下測って。測り終わったら、「寸法どおりにドカン」ってことかな。

プーチンはオバマを測りきっているようだ。だけど、オバマを測っているのはプーチンだけじゃない。世界中がオバマを測っている。先日記事にした『イスラム国』は、これから内部分裂が発生する可能性が高いものの、支配領域を拡大し、バグダード侵攻を目指している。彼らもまた、オバマを測りきったようだ。

東アジアではどうか。アメリカの大統領が“ケンカ”のできないオバマである以上、日本は“ケンカ”のできるリーダーを持たなければならないし、日本国民自体が“ケンカ”のできる国民にならないといけない。

もちろん、“ケンカ”っていうのは“戦争”と同義ではないからね。勘違いしないでね。


    

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事