めんどくせぇことばかり 拉致被害者が帰ってくる(覚書)『朝鮮崩壊』 長谷川慶太郎
FC2ブログ

拉致被害者が帰ってくる(覚書)『朝鮮崩壊』 長谷川慶太郎

長谷川慶太郎さんの本は、この間、『破綻する中国、繁栄する日本』っていうのを読んだばっかりで、その時もびっくりした。中国は破綻する。ひところ盛んに叫ばれていたシャドーバンキングの抱えた不良債権の問題。最近、聞かなくなった。しかし、それはまったく終わってない。

シャドーバンキングの経営主体は人民解放軍で、経営資金は膨大な軍事費だったという。膨らみきった支那のバブル経済がはじけ始めた。焦げ付きが重なってシャドーバンキングの経営は一気に苦しくなった。救えるのは人民銀行からの融資しかない。習近平は、忠誠を条件にシャドーバンキングを救済した。こうして、習近平は軍をコントロール下に入れた。実質的に北朝鮮を支配してきた瀋陽軍区も例外ではなかった。
 
シャドーバンキングは習近平に救済されて、ただの普通銀行に姿を変えた。そうすることで完全に軍を掌握した習近平は、かつてシャドーバンキングが抱えた“破綻”の危険を支那本体で抱え込んだ。

それが“朝鮮崩壊”に直接結びつく。

『朝鮮崩壊』 長谷川慶太郎『朝鮮崩壊』 長谷川慶太郎
(2014/06/05)
長谷川 慶太郎

商品詳細を見る
~米中のシナリオと日本~
二〇一四年三月の日米間首脳会談。米国務長官ジョン・ケリーが懸命に朴槿恵を説得したという。長谷川氏はその時のケリー国務長官の紹介しているが、激しすぎる言葉である。日米間
カビの生えたような歴史認識問題をとやかく言うな。反日姿勢を修正しろ。

北朝鮮はいつ潰れるかわからないぞ❢ われわれ(米国)はそういう判断で東アジア政策を展開している。

大統領、いつまで北朝鮮が大丈夫だと思っているのか。まもなく北朝鮮は中国の支持を失うぞ。失ったら、北朝鮮の面倒を誰がみるのか。それは大統領、貴国(韓国)しかないじゃないか。しかし貴国だけで北朝鮮の面倒を見られると思っているのですか。その時、(中国ではなく)日本からの支援が絶対条件だ。その日本に対して、反日、抗日、歴史認識問題、そんなくだらないことを言っている暇があるのか。(朝鮮半島)危機がすぐそこまで来ているのを知らないのか。
そんな情報、長谷川氏はどこから仕入れたんだろう。日米韓首脳会談の時は朴槿恵の仏頂面ばかりが話題になったけど、でもあれ以来、たしかに韓国の論調は変わりつつあるのだ。


すでに北朝鮮は、瀋陽軍区の支配下にはない。瀋陽軍区が習近平に掌握された以上、北朝鮮は習近平の支配下にある。邪魔になれば、習近平は瀋陽軍区の顔色を気にすることなく北朝鮮を切り捨てることができる。

そんな中、本書によれば支那から北朝鮮に物資を運ぶ鉄道やトラックの数が減少しているという。年間、原油五十万トン、無煙炭五十万トン、穀物五十万トンの無償援助、これが北朝鮮の生命線だった。それが止まった途端、北朝鮮は崩壊する。

北もわかっているという。だからこそ、北は日本との関係改善を急いでいる。二〇一四年三月三日、北からの申し入れで日本との赤十字会談が再開された。その際、赤十字の実務者会談に加えて外務省担当課長の非公式会談も行われたという。

一〇日には、横田めぐみさんのご両親とめぐみさんの娘のキム・ウンギョンさんがウランバートルで合った。日本側からの要望から、わずか一週間後のことである。

三〇日から三一日にかけては外務省局長級が出席する政府間協議が開かれた。

北朝鮮の危機感は一様ではない。夏には支那に切り捨てられる。そのくらいに考えていると判断できると、長谷川氏は言う。
だから、私は近いうちに拉致被害者を全員、日本に帰すと思います。憶測ですが、今年の夏までには安部首相が北朝鮮の平壌に乗り込んで、拉致被害者全員を日本に連れて帰ることになるでしょう。
本書P30
この本は二〇一四年六月一〇日発行、あとがきが書かれたのは五月のことである。・・・すごいな。

三月二六日、日米韓首脳会談に合わせて北朝鮮が、二発の中距離弾道ミサイル「ノドン」を発射させた。習近平の支配下にある以上、北がかってにミサイルを打つことはできない。これは習近平の指示ということになる。そういえば、最近も打ちまくっている。六月二六日、六月三〇日、七月二日、七月一三日。これも習近平の指示かな。いずれも韓国に対するもの。こちら側にとどまれと。間違えるなよ、韓国。


  

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

瀋陽軍区をキンぺーが掌握というのは正なところ半信半疑です。歴史的に軍閥が群雄割拠してきた支那で北京のいうことを聞かなかったグループだから例えお金の話しがあってもどうなんだろうかという気持ちですね。
私は北鮮が支那に軍事的に(小さな)ちょっかいを出してそれが引き金になって外資が逃げて崩壊が早まるという可能性もあるかなと思っています。

もちろん順当に行けばこのまま自然崩壊でしょうが。北鮮がちょっかいを出したとすればそれはダムにアリの穴を開けるだけですがそれでも今の支那には十分です。

経済、国民の不満という一度に変に全て吹っ飛ばせる大型爆弾の信管をつつくだけでいいわけですから。南鮮が日本の北鮮への接近を警戒しているのは支那の代弁なんじゃないかなと。まあ以上妄想でした(笑)

MK さま

北が、北京への嫌がらせを続けるようなら、その目は消えますけど、もう少し様子を見ますか。
そういえば、かりに北が南に吸収された場合、韓国は核保有国になるのか?

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事