めんどくせぇことばかり 日本を変えた『菊と刀』(覚書)『日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと』 高橋史朗
FC2ブログ

日本を変えた『菊と刀』(覚書)『日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと』 高橋史朗

ルース・ベネディクトの『菊と刀』に見られる「日本人の国民性研究」は、OSS(戦略諜報局)、OWI(戦時情報局)、CIE(民間情報教育局)の情報源となり、とくに戦後日本の教育改革のベースになった。

ベネディクトは一九四四年にOWIの外国戦意分析課のアナリストとして着任しているが、それは前任のゴーラーが自らの後任としてベネディクトを推薦したからであったという。

日本研究には、ホルトムやゴーラーと言った先人がおり、ベネディクトはその強い影響下に対日研究の一線に立ったということらしい。でも、ベネディクトには来日経験はなく、ホルトムやゴーラーの影響のもとに日系人や来日経験のある米国人からの聞き取りだけで『菊と刀』を書き上げている。そんなものをもとに、日本は作り変えられてしまった。ルース

『日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと』 高橋史朗『日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと』 高橋史朗
(2014/01/29)
高橋史朗

商品詳細を見る
こうして日本人は国を愛せなくなった



アメリカ占領軍のスタッフが日本に来る前に、予備軍として訓練を受けた時の教科書、つまり軍政要因のガイドブック『民事ハンドブック-日本』のベースになったのが『菊と刀』に表わされたベネディクトの「日本人研究」の成果であり、ハンドブックはベネディクトの直々の講義を受けた者たちによって執筆されたものであったという。

『菊と刀』については、日本人識者からもさまざまな批判があることが、この本でも紹介されている。なかでも津田左右吉の「儒教と伝統的な道徳を混同している」という指摘は重要だな。戦後日本の教育政策の中で、日本人の伝統的な道徳や文化が、“軍国主義的”と攻撃を受けたことで、戦後教育を受けた日本人が、日本文化や精神的伝統に自身を失ってしまったからである。

アメリカは占領前に日本の修身教科書の研究を終えて、その結果を次のように分析していたという。
昭和十六年以前の修身教科書は親孝行や愛国心を教えているが、それはどの国でも教えている普遍的な道徳教育である。ところが昭和十六年以降は、超国家主義、軍国主義の色彩が強く出てくる。
昭和十六年以前の道徳教育には何の問題もないという結論である。しかし実際の占領政策によれば、日本の伝統的な道徳や文化と軍国主義や超国家主義を混同して、日本人の国民性自体が戦争の原因になりうるという誤解のもとに行われた。

それが「日本人の再教育、再方向付け」という名の下に行われたCIEの政策、“ウォー・ギルド・インフォメーション・プログラム”である。

果たしてこれは、“誤解”なのか。このような根底からの「日本人再教育」は、むしろアメリカのために必要なことだったんじゃないだろうか。私はそう思ってる。

    

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事