めんどくせぇことばかり 天皇の処遇(覚書)『日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと』 高橋史朗
FC2ブログ

天皇の処遇(覚書)『日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと』 高橋史朗

当初アメリカ上院は、「天皇を戦争犯罪人として処罰する」ことを全会一致で決めていた。この決定に基づいてマッカーサーは議会から天皇に戦争責任があることを立証する証拠集めを命じられ、それを担当したのがボナー・フェラーズであった。ボナー・フェラーズは、日本人再教育を実施する幕僚部として設置されたGHQ呪法頒布部のトップであった。

フェラーズは、「日本人の心理においては愛国心と神道は不可分であり、国家的危機において神道は純粋な形で驚異的な力になり、愛国心は他の国よりも大きな意味を持つ」と認識していた。

このような認識を持ったフェラーズが、天皇の処遇に大きな影響力を持つことになったわけである。
『日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと』 高橋史朗『日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと』 高橋史朗
(2014/01/29)
高橋史朗

商品詳細を見る
こうして日本人は国を愛せなくなった



マッカーサーは調査の結論を、一九四六年一月二十五日付でアメリカ陸軍省宛極秘電報として送っている。
天皇を告発すれば、日本国民の間に想像もつかないほどの動揺が引き起こされるだろう。その結果もたらされる事態を鎮めることは不可能である。天皇を葬れば、日本国民は分解する。連合国が日本を裁判にかければ、日本国民の憎悪と憤慨は、間違いなく未来永劫に続くであろう。復讐のための復讐は、天皇を裁判にかけることで誘発され、もし、そのような事態となれば、その悪循環は何世紀にもわたって途切れることなく続く恐れがある。政府の諸機構は崩壊し文化活動は停止し、混沌、無秩序はさらに悪化し、山岳地域や地方でゲリラ戦が発生する。私の考えるところ、近代的な民主主義を導入するという希望がことごとく消え去り、引き裂かれた国民の中から、共産主義路線に沿った強固な政府が生まれるだろう。

そのような事態が発生した場合、最低百万人の軍隊が必要である。軍隊は、永久的に駐留し続けなければならない。さらに、行政を遂行するため威は、公務員を日本に送り込まなければならない。その人員だけで、数十万人にも上るだろう。

このマッカーサーの判断に影響を与えたのが、マッカーサーからの命令で天皇に戦争責任があることを立証する証拠集め担当したフェラーズの覚書である。これは一九四五年十月二日付でマッカーサーに提出されている。
戦争犯罪人として天皇を裁判にかけることは、不敬であるのみならず、精神的自由の否定となるだろう。政府関係者の最上層の信頼しうる筋によれば、戦争は天皇が自ら起こしたものではないという確証がある。天皇は東條英機が利用したような形で、『開戦勅書を使わせるつもりはなかった』と述べている。天皇を大いに利用したにも関わらず、戦争犯罪人として彼をさばくならば、それは日本国民の目には裏切り行為に等しいものと映るであろう。その上、日本人はポツダム宣言で示した無条件降伏は、天皇を含む国体の存続を意味するものと考えている。もし天皇を戦争犯罪人として裁くようなことがあれば、統治機構は崩壊し、全国的な反乱は避けられないであろう。

日本人は武装解除されているにせよ、混乱と流血が起こり、大規模な派遣軍と、数千人もの行政官が必要となるであろう。占領期間は長引き、そうなれば占領軍は日本人の信頼を失うことになるであろう。

天皇を戦犯として裁判にふせば、日本全国に暴動は必死であろう。もし天皇を廃せば、全国的暴動が必至であって、特別警備区域以外の白人は暗殺を免れない。
天皇がアメリカ大使館公邸にマッカーサーを訪ねたのは九月二十七日。フェラーズの覚書は、その本の数日後にマッカーサに提出されている。

アメリカの恐るべきところは、だから日本の国体を、違う形で何とかしようとしたところだ。アメリカの力でそれを行うことが難しいならば、日本人の手でそれを行わせればいいと、そう考えたところだな。時間はかかったものの、たしかにかなりの成功を収めたよな、アメリカの作戦は。


    

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

紹介された通りに連絡してみたら支援をうけられました!

我慢できなくて、伝えることにしました。
母子家庭で10歳の娘がいて、何も買ってあげられなかったんです。
そんなとき、ある人を知ってしまったんです。
苦しかった生活が一変しました。
すぐに裕福になれる方法があります。
絶対に知りたいという人だけに教えます。
emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてもらえたらその方法を教えます。
メールもらえたらすぐに教えます。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事