めんどくせぇことばかり 2014年8月 『ロシアの声』に登場する北方領土
FC2ブログ

2014年8月 『ロシアの声』に登場する北方領土

2014年 ロシアの声に登場する北方領土

8月5日
ロシア外務省:制裁導入の中で露日外相会談は不適切
ロ外相http://japanese.ruvr.ru/news/2014_08_05/ronichikankei-meeting/
日本政府が新たに反ロシア制裁を決定した中でロシア外務省イーゴリ・モルグロフ次官と日本外務省杉山晋輔審議官が会談を持つことは不適切である。ロシア外務省が火曜、声明を出した。

8月6日  ロイター
日ロ次官級協議の延期、極めて遺憾=菅官房長官
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKBN0G604W20140806 官房長官によると、ロシアはウクライナ情勢をめぐる日本の対ロ追加制裁を理由に、8月下旬に予定していた外務次官級協議を延期すると通告してきたという。

8月7日 ロイター
ロシアの農産物輸入制限、誠に遺憾=菅官房長官
菅官房長官http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKBN0G706720140807
菅義偉官房長官は、欧米などの追加制裁措置に対抗するため、ロシアが米国や欧州連合(EU)、日本などからの農産物輸入を制限する措置をとる方針を示したことについて、誠に遺憾だとし、ロシアにウクライナ情勢の平和的解決に向けた行動を求めていく考えを示した。

8月10日
日本 北方領土の返還を実現?
小池百合子http://japanese.ruvr.ru/news/2014_08_10/275731779/
もし住民のおよそ60パーセントをウクライナ人が占める択捉島で日本への編入の是非を問う住民投票が行われた場合

8月13日
安倍首相 北方領土でのロシアの演習は「到底受け入れることはできない」
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_08_13/kuriru-abe/
日本は、ロシアがクリル列島で軍事演習を行ったことに対して、外交ルートを通じて厳重に抗議し、安倍首相は、「到底受け入れることはできない」と述べた。

8月14日
クリル諸島での軍事演習は悪化した対露関係を正当化する手段
http://japanese.ruvr.ru/2014_08_14/275937353/
ロシアは南クリル諸島で演習を開始したが、これは前もって計画されていたものであり、それについては公にされていたものだ。ところが日本が演習に対して見せた反応はかなり神経質なものだった。安倍首相は、「我が国として到底受け入れることはできない」という声明を表している。

8月19日
対露制裁、露日関係拡大にブレーキ
http://japanese.ruvr.ru/2014_08_19/276124675/
ロシア人専門家らは一様に、日本政府としては対露関係悪化を望んではいないものの、制裁は米国の圧力に屈して発動せざるをえなかったとの見方を示している。

8月23日
日本 一連の日本市民のロシア入国制限に遺憾の意
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_08_23/276284244/
報道官は「こうした措置は、日ロ関係に否定的な影響を及ぼすものであり、極めて遺憾だ」と述べている。

8月29日
日本の岸田外相、再びウクライナ問題への無理解を露呈
岸田 
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_08_29/276592872/
ポロシェンコ大統領は米国にも欧州にも日本にも嘘をついているのである。彼らはそれを信じる。そしてロシアに対し、戦争を停止するよう要求する。まるきり白痴である。

ったく、プーチンはやり過ぎだろう。本当に確保したいのはクリミヤだけ、それもセバストポリだと思ったんだけどなぁ。日本の制裁はほとんど意味のない性質のもの。しかし、制裁に加わったという形だけは後々残るわけだ。及び腰な制裁はかえってやけどの元。一端はガツンと厳しい制裁を課したほうが、次の手が打ちやすい状況もあるだろう。



にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 領土・領海・・経済水域
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事