めんどくせぇことばかり 『ひと目でわかる「大正・昭和初期」の真実 1923-1935』 水間政憲
FC2ブログ

『ひと目でわかる「大正・昭和初期」の真実 1923-1935』 水間政憲

若いころ、左翼思想にかぶれてました。『資本論』も聖典として読みました。よんどころない人間関係とは言え、三里塚にも行きましたし、横須賀で座ってました。恥ずかしながら・・・。

そんな私が、まっとうな世間に戻ってこれたのは、なにをおいても、家族のおかげ。父や母、祖父や祖母のおかげ。父母はふたりとも昭和初期の生まれ、祖父母はふたりとも明治後期の生まれ。私なんぞに比べれば、はるかに立派な人でした。人様の前で自分の家族を誇るなんてみっともないけどさ。私は、この家族を通して、断ち切られた歴史をつなぐことが出来ました。

この本も、断ち切られた歴史をつなぎ合わせることを目的にして書かれたようだ。著者、水間政憲氏は、『「十五年戦争史観」そのものの“嘘”を、一気呵成に葬る目的で本書を企画しました』と言っている。

『ひと目でわかる「大正・昭和初期」の真実  1923-1935』 水間政憲『ひと目でわかる「大正・昭和初期」の真実 1923-1935』 水間政憲
(2014/06/25)
水間 政憲

商品詳細を見る
死んだ父・母が生まれた頃の日本



本書の始まりは、一九二三(大正十二)年。言わずと知れた、関東大震災に始まる。3・11を経験した私たちは、あの日から何かが始まったという感覚を持っている。関東大震災後にもそういう感覚があったはずだ。そしてこの時代の人々がめざしたのは、“国際化”であり、圧倒的な国力を持つアメリカを強く意識していたんだろう。そのアメリカには、ちょうどこの頃から排日運動が顕著になり始める。愛憎ないまぜの対米感が生まれていったろう。

“欧米型の国づくり”という意味でならば、日本はまだまだ未熟な部分をたくさん抱えていた。その未熟さこそが、敗戦の大きな原因の一つだと思う。しかし、それはやがて日本式に作り替えられて熟成すべきものであって、日本民族に欠損しているものではない。残念ながら、熟成する前に・・・。大変な時代でもあったはずだけど、この時代の人たちって前を向いている気がするな。それだけで羨ましい。
リンドバーグリンドバーグ夫妻の来日には七ページを割いている。リンドバーグが書いた『第二次世界大戦日記』の中で、公正な目で戦場を見つめた人物であったからだろう。本書のなかでも、《ドイツ人がヨーロッパでユダヤ人になしたと同じようなことを、われわれは太平洋でも日本人に行ってきたのである。
・・・「汝ら人を裁くな。裁かれざらん為なり」この戦争は・・・あらゆる諸国民に恥辱と荒廃とをもたらしたのだ》というリンドバーグの言葉を紹介している。

この時代の、支那の様子も紹介されている。そこに付けられた題名は、《官民一体の排日・侮日運動と円借款の踏み倒し》とか、《戦時国際法では認められていない「便衣兵」》とかいったもの。

この本の趣旨の通り、人間って良きにつけ悪しきにつけ、そう簡単に変わるもんじゃない。ったく、支那人も変わらないな。そうそう、最近こんな記事を見つけました。
産経ニュース 2014.7.29
「国際法、守る気あるのか」 中国の一方的領有権主張を米国務次官補が批判
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140729/amr14072913500011-n1.htm
ホント、アメリカの幼稚さには参ってしまう。今ごろ気づいたのかよ。支那という国には“国際法を守る”なんて感覚は露ほどもないよ。だから日本は・・・っ、ああ、もう❢❢ 日本も未熟だったけど、アメリカも十分幼稚だよ。日本は今も未熟だけど、アメリカも今も幼稚だよ。


    

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


人生に必要なもの、一人の女性、一人の親友、一つの思い出、一冊の本。
その一冊。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事