めんどくせぇことばかり 『1949年の大東亜共栄圏』 有馬哲夫
FC2ブログ

『1949年の大東亜共栄圏』 有馬哲夫

講和条約の締結と占領終結の条件は、日本の再軍備だったそうだ。吉田茂首相は再軍備を急がなければならない状況にあって、否応なく注目されたのが服部卓四郎であったというのは、たしかにわかる。実際、警察予備隊が佐官クラスの隊員の募集を始めたときに使われた候補者のリストは服部卓四郎が作ったものであるという記述が、CIC(対敵諜報隊)の報告書にあるそうだ。

『この時、警察予備隊の幹部として採用された旧軍人は、警察予備隊が保安隊、自衛隊と移行していったとき、その幹部となった。そう考えれば、服部卓四郎は現在の陸上自衛隊の生みの親といってもいい』と、著者は書いている。 
 
河辺虎四郎、有末精三、服部卓四郎、辻政信といった参謀本部の元高級将校は、戦後に残された有力者の一人宇垣一成と関連しつつGHQの占領政策に協力していく。彼らはその中で、国防軍の設置による再軍備とアメリカからの自立、東亜連盟軍の結成をめざした。本書は、敗戦からのさまざまな経験の中で描かれていく自立と新日本の設計図、そしてそれが失われていった様子が語られている。
『1949年の大東亜共栄圏』 有馬哲夫『1949年の大東亜共栄圏』 有馬哲夫
(2014/06/16)
有馬 哲夫

商品詳細を見る
自主防衛への終わらざる戦い



プロローグ  四枚の絵
第一章  敗れざる者たち―一枚目の絵
第二章  国民党の参謀となった大本営参謀―二枚目の絵
第三章  国防再建と秘密機関―三枚目の絵
第四章  国粋主義者たちの祖国再建―四枚目の絵
第五章  「国際義勇軍」と警察予備隊―大きな絵
第六章  宇垣派を分裂させた朝鮮戦争―分かれていく絵
第七章  遠ざかっていく自立自衛―絵にならなかった絵
第八章  しのびよる戦後―フェードアウトする絵
エピローグ  未完の自立自衛

形式的には、まともな国家になったはずだ。国防軍を持ち、そして服部構想には日本の軍事的一人立ちも想定されていたそうだから。

マッカーサーが自らの分を忘れず、軍人としての義務を全うし、かつ少なくともトルーマン以上に政治的に立ち回れていれば・・・。そうすればウィロビーも日本での活動を続けられたろうし、ウィロビーのもとで行動した服部の構想が実現した可能性は高まったろう。とは言っても、東アジア連盟構想は無理だ。支那人や韓国人と連盟するなど、残念ながら絵空事だ。しかも、日本人の努力によってどうなるものでは、まったくない。

著者は、今の日本の“のうてんき”を嘆くあまり、彼らの持っていた構想が現実のものとならなかったことを嘆くんだろう。でもね、そうなっていたとしても、結果はわからないけど、そうはならなかった現実世界で彼の構想の障害になったものが、きっと壁となって立ちふさがっただろう。

だいたい私なんぞは、河辺虎四郎、有末精三、服部卓四郎、辻政信といった参謀本部の元高級将校なんて言われただけで虫唾が走っちゃってさ。服部に辻、これに瀬島龍三でも加えようもんなら、もう・・・。

服部も辻も戦犯の指名をそれて逃げ回ってさ。うまいことウィロビーの懐に転がり込んで、難を逃れて。頭の良かったこの人たちの天才性は、図面上で作戦を立てることにはまるで発揮されなかったけど、自分のためにうまく立ち回ることには存分に発揮される性質のもののようだ。

参謀本部に属した元高級将校一人ひとりがどんな責任の取り方をしたか知らないが、敗戦の瞬間からこの三人には“責任をとる”なんていう様子は全く見られない。“腹を切る”なんて論外だったろう。あれだけの兵隊を、“無駄死に”、“犬死に”に追い込んでおきながら。GHQの占領により、日本人は、日本人の手であの戦争に決着をつける機会を失ったが、この三人には日本人の手で決着をつけたかった。

吉田茂は、服部構想を、旧陸軍がそのまま復活するようなものととらえたからこそ、反対の立場で立ちはだかったようだが、当たり前だ。“参謀本部に属した元高級将校”なんて責任の取り方も知らない連中に、どうして戦後の大事をまかせられる。


    

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事