めんどくせぇことばかり 原爆の日に・・・長崎“語り部”が「死にぞこない」と言われたこと
FC2ブログ

原爆の日に・・・長崎“語り部”が「死にぞこない」と言われたこと

産経ニュース  2014/6/7
長崎被爆者に「死に損ない」 横浜の中3生、修学旅行中に暴言
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140607/crm14060713100007-n1.htm

修学旅行で5月に長崎を訪れた横浜市の公立中3年の男子生徒数人が、爆心地周辺を案内していた被爆者で語り部の森口貢さん(77)に「死に損ない」などの暴言を吐き、森口さんが学校に抗議していたことが7日、分かった。

森口さんによると、被爆者らが5月27日、3年生119人をグループに分け、爆心地周辺の被爆遺構を案内。森口さんが山里小学校で説明し始めたところ、グループから離れて行動していた数人の生徒が「死に損ないのくそじじい」と大声で叫んだ。森口さんは注意したが、この数人は周りの生徒にも「拍手しろ」などと言って妨害、暴言を続けたという。

森口さんは翌日、手紙で学校に抗議。さらに学校に電話したところ、校長は「大変申し訳ない」と謝罪したという。森口さんは取材に「こんな経験は初めてで悲しい」と話した。

今朝(8月6日)、NHK朝のニュースに森口貢さんはじめ、語り部を務める方々が出演し、このところの被爆地を訪れる修学旅行生や学校の取組の変化について語っていた。報道全体の論調としては、「死にぞこない」事件にしてもそうだが、学校はじめ教育関係者がもう一度広島・長崎への原爆投下の原点に立ち返って平和教育に取り組まなければならないといったところか。
語り部年端もいかない中学生から「死にぞこない」と言われては、語り部をお勤めの森口さんも、さぞ悔しい思いをされたことだろう。
それはそれとして、森口さんが語り部として所属するのは、「公益財団法人長崎平和推進協会」という組織のようで、ホームページを見ると、森口さんを含む講話者のプロフィールを見ることができる。被爆時の年齢が27歳だった方から
1歳だった方まで、36名の方が登録されていた。ちょっと異様に感じたのは、かつて語り部を勤め、すでにお亡くなりになっておられる方までが、講話者のプロフィールに名前を連ねていることかな。

ちなみに講話料は一万円でお願いできるそうです。割と良い収入になりそうだな。
http://www.peace-wing-n.or.jp/taiken/top_5.html

広島もそうだけど、語り部が体験を語るというやり方、この先どうしていくつもりなんだろう。みなさんだいぶご高齢で、プロフィールの名簿にも、被爆時10歳以上だった方々が、このところ亡くなっていっている様子がわかる。今のところのメンバーでは被爆時1歳だった人が一番若く、それ以下の人はいない。体験のない“知識のみの語り部”の養成をしていくのだろうか。

今朝のニュースの中では、学校の教員による取り組みの不十分さを嘆いておられる語り部の方のお話があったが、今の子どもたちに、伝えなければならないことを伝えていくことの難しさを、少しは分かっておられるのだろうか。おそらく、学校は以前にやっていた程度のことはやっている。それでも、伝わりにくくなっているのだ。受け取る側の能力的な問題も合わせてね。その段階で、6月に森口さんが体験したような悔しい思いは、多くの先生方がしておられるはずだ。

森口さんはその出来事の後、該当の学校に対して抗議の手紙を書き、電話での連絡も入れたらしい。「語り部の話は聞くものだ」という気持ちが語り部の方々にあるならば、それは甘えですよ。語り部の方々には、特に若い連中の心を揺さぶるような“語り”の材料がある。にもかかわらず、話を聞こうともしない奴がいる。私が中学生なら、話し手にそれなりに敬意は払うものの、たとえ語り部の方のお話でもつまらない話は、・・・うまいことごまかして、聞かない。語り部の方々は、若い連中に聞かせるための、どんな努力をしておられるのだろうか。そしてこれは、抗議をすべきことか。今後のことを考えみんなで相談するってのならともかく、学校に抗議すべきことか。マスコミに流れるようなことか。嫌なら、講話料の一万円突っ返して帰りゃいいんじゃないの。

森口さん、今朝のニュースに出て、その時のことを語ってたけど、こういうのって、あえてこういう言葉使うけど、“片手落ち”だよね。言い分は、両者から聞くべきだよな。 「語り部の話なんて、全然おもしろくないよ」・・・そこから始まることもあるだろうに。

    

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

正論

>「語り部の話は聞くものだ」という気持ちが語り部
>の方々にあるならば、それは甘えですよ。
この方がどんな話しをしたのかも分からないので一般論ということにさせていただきますが「貴重な体験」をありがたく頂戴せよ、式の人はいますよね。
「平和」「人権」なんてなかなか正面切って否定しにくい錦の御旗を振りかざして溜飲を下げている人はよくないです。
中学生のころ解同の作り話お涙頂戴講演を学年全体で聞きました。いつもの与太話しを、しかも当事者なら間違うはずのないキーワードの読みを間違えていましたもんね。即席で原稿通りやったのが子供でもわかりましたから。あの講演でもきちんとした話しであれば心に残ったでしょうし考えるきっかけにもなったと思います。

こういう「錦の御旗型講演」は謙虚になって見直さないと若い世代は相手にもしなくなると思います。一般論ということで。

MK さま

実体験を語る“語り部”もやがていなくなる。
昨年、はだしのゲン論争が起こりましたが、「戦争をどう語り継ぐか」ってことに向き合わないと。
「あの戦争が生んだったのか」に正面から向き合ったことなんて、一度もないんだから。
・・・それをやるなら、日教組は抜きにして・・・

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事