めんどくせぇことばかり 革命家イエス(覚書)『イエス・キリストは実在したのか?』 レザー・アスラン
FC2ブログ

革命家イエス(覚書)『イエス・キリストは実在したのか?』 レザー・アスラン

 貧しい者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。
 悲しむ者は幸いです。その人は慰められるからです。
 柔和な者は幸いです。その人は地を相続するからです。
 義に飢え渇いている者は幸いです。その人は満ち足りるからです。
 あわれみ深い者は幸いです。その人はあわれみを受けるからです。
 心のきよい者は幸いです。その人は神を見るからです。
 平和をつくる者は幸いです。その人は神の子どもと呼ばれるからです。
 義のために迫害されている者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。
「山上の垂訓」(マタイ5-3~10)より

たしかになぁ。こりゃ、革命だなぁ。たとえばこの「山上の垂訓」は、“屈従と外国支配からの差し迫った解放の約束”というふうに、本書の著者は捉えているわけだ。

そんな立場からすれば、イエスが言う「神の国」とは、正義と公正に対して心のありようを変えることを要求される“国”であるにとどまらない。現在の政治、宗教、経済の体制に完全な方向転換を求められる“国”ということになる。

ということは・・・。


『イエス・キリストは実在したのか?』 レザー・アスラン『イエス・キリストは実在したのか?』 レザー・アスラン
(2014/07/10)
レザー アスラン

商品詳細を見る
実在したのは、救世主ではなく、革命家だった❢



ということは・・・、政治、宗教、経済の体制の完全な方向転換により、貧しい者は満たされ、悲しむものは慰められ、柔和なものはその土地に迎えられ、義に渇く者は潤され、憐れみ深いものは哀れみを受け、清い者は神を実感できるようになる。

これって、上と下がひっくり返るということ。上と下がひっくり返るような体制の変革のことを“革命”と呼ぶよね。『あとの者は先になり、先の者はあとになる(マタイ20-16)』ってのは、“革命”ってことだよね。
飛んでいる人たちは災いだ。慰めを受けてしまっているからだ。
満腹している人たちは災いだ。飢えるようになるからだ。
笑ってる人たちは災いだ。悲しみ泣くようになるからだ。
「山上の垂訓」(ルカ6-24~25)
山上の垂訓
権力者は無力な者たちに取って代わられる。どうやって?それは、“平和を作る者”によって。やがて、“神の子供”と呼ばれる者たちによって、その地位から引きずり降ろされる。もちろん、暴力的に・・・。これは、“革命”だから。

『神の国は近づいた』、『神の国』はまもなく地上に樹立される。しかし、そのためには現存する秩序は破壊されなければならない。現存する指導者たちが一掃されなければ、神の支配は樹立されない。


 

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事