めんどくせぇことばかり 日本はドイツを見習え❢
FC2ブログ

日本はドイツを見習え❢

Record China 2013/11/14
韓国大統領が欧州でも強調、「日本はドイツに見習え」
http://www.recordchina.co.jp/a79113.html
中央日報 20129/7
戦争犯罪の前でドイツとあまりにも違う日本(1)
http://japanese.joins.com/article/044/159044.html

戦争犯罪の前でドイツとあまりにも違う日本(2)
http://japanese.joins.com/article/045/159045.html?servcode=100&sectcode=140

・・・と、こういうのもありましたね。ドイツを取り上げるのは、あくまでも日本への嫌がらせのためであって、それ以上でもそれ以下でもない。

ちなみに次の写真は2002 日韓共催W杯、独韓戦の時のもの。
ナチス『ドイツでナチスの旗を掲げて行進すれば司法処理対象だ。ドイツはもちろん欧州のほぼすべての国は、過去のナチスによるホロコーストを否定する発言をしたり文章を書くだけでも処罰する。西欧でこれはグローバルスタンダードだ。ドイツ極左赤軍派出身から極右に転向したホルスト・マーラーは09年3月、ホロコーストを否定した罪でポツダム裁判所で懲役5年型を言い渡された。英国人作家リチャード・アーヴィングは同じ罪で、05年に第3国のオーストリアで逮捕され、13カ月間服役した。フランス大統領選に出馬した大物極右政治家ジャン=マリ・ルペンもこうした発言をし、フランスとドイツで罰金刑を受けた。良心の自由や表現の自由という弁論はここには適用されない。』
(上記 《戦争犯罪の前でドイツとあまりにも違う日本(1)》

上記、《戦争犯罪の前でドイツとあまりにも違う日本(1)(2)》によれば、
  • ドイツはノルマンディ上陸作戦、スターリングラード戦闘の犠牲者を称える戦勝国行事に政治家がほとんど毎年参加する。
  • ナチスはドイツ人にとっても敵であることを明確にしている。
  •  ドイツでナチスの旗を掲げて行進すれば司法処理対象だ。
  • (ホロコーストを否定することは司法処理対象であり、)良心の自由や表現の自由という弁論はここには適用されない。
  • ドイツは徹底的な脱ナチス化を追求し、ナチスの蛮行を子どもに教えている。
ということです。“だから日本はドイツに見習え”と、朴槿恵はヨーロッパで言いまくってきたわけだ。まあ、ドイツは驚いただろう。口には出さないまでも、「人のうちの恥をあっちこっちのご近所さんに振れ回りやがって・・・」くらいのことは、当然思ったろう。朴槿恵って、・・・そういうこと感じ取れない女なんだろう。

“あっ、今さら何をそんなことを・・・”とお思いでしょうけど、これ、一様、昨日の続きのつもり。

ドイツにとっての第二次世界大戦と日本にとってのそれは、まったく同じ土俵で比べられる質のものではない。だけど、歴史的敗戦からの復興自体には変わりわない。ともに、それなりに困難な戦後があった。

韓国、中央日報に言わせれば、ドイツは上記五項目のように“立派な”反省の戦後を過ごしたわけだ。・・・馬鹿じゃないの・・・。・・・人を罵るに豊富な語彙を持ちませんで・・・

ドイツのことをなんのかんの言うのは違う機会にして、これが昨日の記事に書いた“余分なこと”だな。

第二次世界大戦を土台にしてつくられた世界においては、日本やドイツはどこまでも敗戦国。ドイツはドイツなりの立ち回りをしているというだけのことだ。日本もドイツも、ときにはかなり厳しい思いをしながら先進国への道を歩み、成功をおさめた。成功した者は過去の傷には触れられたくないものだし、相手はドイツ。まあ、そのへんは、関係国も承知をしている、は・ず・な・の・に・・・、極東の“韓国”とかいう国からやってきた大統領が、“ドイツの反省は素晴らしい”とか言っている。・・・ああ・・・

“ドイツの立ち回り”は、おそらく奥の深いものだと思うよ。旧プロイセンの故地も奪われたけど、結果としてヨーロッパ全体を手に入れれば・・・、ね。韓国が“ドイツの反省は素晴らしい”というのは、そんなドイツへの辛辣なメッセージなのか。ハハハハ・・・。


     

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

朝鮮とドイツじゃ国としての成熟度、外交上の駆け引きだと大人と子供以上の差じゃないですか(笑)

「○○してください」
「検討致します」
「ドイツは○○するって約束してくれたぞ~」
ですね。

このドイツがらみですがユダヤ人、むちゃくちゃしすぎですよ。このままじゃ中朝と同じ運命ですよ。
崩壊してからも、自分の過ちを反省もせず、我々はずっと差別されてきたと言うんですよ、いいビジネスになりますからね。

でも世界は今度はあんな場所に国を作らせないですよ。支那の崩壊後の整理の時に内陸のどこかに新イスラエルを作ればいいと思うんですがね。

ドイツ人はユダヤ人にとんでもないことをした、と言い続けている連中がパレスチナでナチスと同じことを繰り返している。こちらは現在進行形で死者の数もナチスの比じゃない。

頭の中がフラワーパークになっているセンセ~は中学生にウィーゼルのナイトを読めという。家族も一緒に読めとまさにプロパガンダ。

あんまりバカだから、身近なところにあるナチスについてもっと考えようね、中朝のやり口がナチスとどう違うんだろう?子供のイジメの心理とナチスのユダヤ人迫害が同じ精神的構図に由来することが理解できるかな?フラワーパークでは理解できません。

アメリカの良心的市民のレベルはこの程度ですよ。

>そんなドイツへの辛辣なメッセージなのか。
もう最高の〆ですね。(笑)
でもそこまで考えられるならそもそもあんな国になってないですからね。

MK さま

新イスラエル領について考えたんだけど、これが難しい。満洲やチベット、東トルキスタン、モンゴルは除外。なんだ、支那って、意外と小さい。
四川省か湖南省、湖北省。この辺りまでかな。
「北朝鮮でいいじゃん」とかって息子が言ってたんで、張り倒しときました。

No title

 おはようございます。

 韓国はよく日本に対して「ドイツは一貫した謝罪をやってるのに、日本ときたら」って言いますが、ドイツが一貫した謝罪をしているのはユダヤ人に対してであって、ポーランドなど周辺国にはやってないと言う事実を知らないのかって言いたくなります。
 言うなれば、国家として正式な謝罪及び賠償をした相手はユダヤ人だけってことです。これはドイツに限らず他のヨーロッパ諸国でも同じことですが。
 そのポーランドでは「ドイツはユダヤ人に国家として正式に謝罪したが、我々に対しては正式な謝罪がないのは不公平だ」って不満の声は聞かれないが、民族性の違いでしょうか、コレ。

 あとはドイツの周りが成熟した「大人」の国だから過去の清算もスンナリいったのではないのか。
 中国や韓国は国家として「未熟」な子供で、自己中心的な考えしかなく相手を貶めることで自分たちの優位性を示そうとするところが大きな差ではないだろうか。

アジシオ次郎 さま

未熟って言うと、成長が望めそうな気がするじゃないですか。
支那は置いとくとして、韓国は進行性の統合失調症の疑いがある。統合失調症に進行性があるかは疑問だが、症状から見てそう思える。
今後の心配は、自らが設定した攻撃対象に対して暴力性が発現するような症状が現れると大きな悲劇につながる。
今後は効き目の強い精神神経用剤の投与が絶対的に必要ではないかと思われる。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事