めんどくせぇことばかり トヨ・天日矛・日向御子(覚書)『古代史謎解き紀行III:九州邪馬台国編』 関裕二
FC2ブログ

トヨ・天日矛・日向御子(覚書)『古代史謎解き紀行III:九州邪馬台国編』 関裕二

   神功皇后          豊比咩命                       臺與 
                      豊浦宮                 豊(トヨ)の国
豊玉姫                          息長帯比売命               豊葦原
  武内宿禰      弥五郎ドン                            サルダヒコ
高良玉垂命                              塩土老翁
       真根子    浦島太郎                      住吉大社
天日矛                少名毘古那  
事勝国勝長狭
神武                              八幡          蛭子
            
宇佐

   崇神                 日向御子                    
応神

『古代史謎解き紀行III:九州邪馬台国編』 関裕二『古代史謎解き紀行III:九州邪馬台国編』 関裕二
(2014/07/28)
関 裕二

商品詳細を見る
深刻な鉄欠乏症に陥っていたヤマト。なぜ、そのヤマトが・・・

このたびは、まったくの私的覚書。この『謎解き紀行』は、私にはちょっと難しいかな。私は著者である関裕二さんの考える方向性っていうのを基本的には支持してる。でも、そこには当然間違いも含まれるだろうし、確証の抱けないもの、突飛すぎる発想もあるだろう。そういった著者の確信、著者の理解、著者の考え、著者の思いつきの段階がはかりかねて、読みながら、右に振られ、左に振られ、時にはちょっと読書をやめて熱を冷ます必要もあった。

いろいろな言葉が宙を舞って、落ちてきたと思ったらごっちゃになっちゃいそうで、とりあえず書き留めた。それだけのことなんです。
何のことか分からない人が大半だろうし、何のことか分かる人がいれば、私なんか尊敬しちゃう。以下は、おまけね。

「天下の天下たるは、高良の高良たる故なり」(蒙古撃退の功に勅使から賜った綸旨)
「住吉は子で、宇佐は孫」(宗像大社伝承)
「諏訪と八幡は同体」(諏訪大社伝承)
「是に皇后、大神と密事(ムツミゴト)あり」(住吉大社伝承)
「二礼四拍手一礼」(出雲大社・宇佐神宮)

何のつながりもなく並べておいただけだけど、いろんな伝承が残されてるんだな。著者はそれを懸命になって結び合わせようとしているわけだ。ときにはちょっと強引すぎません勝ってところもあるし、そんなに引っ張っちゃったら、せっかく結び合わせたこっちが切れるよってところもある。そんなひやひや感と共に呼んだ。なにより伝わったのは、この人が日本史が好きで、日本古代史が面白くて面白くてたまらないって思ってることだった。


    

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事