めんどくせぇことばかり 『民話の世界』 松谷みよ子
FC2ブログ

『民話の世界』 松谷みよ子

この文庫版は2014年8月第一刷だけど、原本は1974年に刊行されたものだそうだ。すげぇな。私が14歳の時だ。これだけのもの書くんだから相当年齢も経てないと・・・。失礼だけど調べたら1926年生まれって、えー❢ もうすぐ1世紀で、しかもご健在。
松谷みよ子公式ホームページ http://matsutani-miyoko.net/miyokosroom/
   

私が著者の松谷みよ子さんを知ったのは1987年に生まれた長女の絵本を選んでいたとき。ほるぷ出版の営業のおばさんが熱心に勧めるのが松谷さんの本だった。なんか私にはピンとこなかったんだけど、松谷さんの本を何冊か購入した。大人の私にはちっとも面白く感じられない松谷さんの本を、なぜか長女はキャッキャ言ってうれしがり、しまいにはなめ回して表紙だけにしてしまった。

言葉を理解する前の話だけど、話を理解するようになってからも松谷さんの本を喜んだ。絵と、少ない言葉だけの本だけど、その背景に幾層にも積み重なった、この『民話の世界』にあるような世界を、子どもは感じ取っていたのかもしれない。
『民話の世界』 松谷みよ子『民話の世界』 松谷みよ子
(2014/08/12)
松谷 みよ子

商品詳細を見る
語り継いできた祖先たちの世界
第一部  民話との出会い・・・山を越えて
  1. 民話との出会い
  2. 狐の地図
  3. 祖先という言葉
  4. 水との闘い
  5. 食っちゃあ寝の小太郎のこと
  6. 信州が昔、海であったこと
  7. なぜ民話というのか
  8. 「小泉小太郎」から「龍の子太郎」へ
第二部  民話の魅力
  1. 象徴的に語ることについて
  2. 貧乏神のこと
  3. ある夫婦愛について・・・爺と婆の
  4. 赤神と黒神
  5. その人にとってのたった一つの話
  6. 妖怪と人間たち


第三部  ふたたび山を越えて・・・私もあなたも語り手であること
  1. 民衆が語ればすべて民話なのか
  2. 桃太郎と金太郎と
  3. 再話について
  4. 民話が移り変わっていくこと
  5. 現代の民話について
  6. わらべ唄について
  7. ふたたび山を越えていくことについて
明るすぎて、隅々まで見えることは、・・・困ったもんだね。夜もそうだけど、人の生活もさ。見え過ぎたら、面白くもなんともありゃしない。暗さは怖さだった。いたずら坊主が納屋に押し込められて泣き喚いたら、・・・虐待として通報しなさいだってさ。馬鹿か?私を助けてくれたのは、近所に住んでるおばさんだった。外から扉を開けてくれて、私の母に一緒になって謝ってくれた。いま考えれば、打ち合わせ通りだったかもしれないけどさ。でもあの暗闇はとても貴重な体験だった。

幸せというべきか。私にとっては山ん婆はいた。河童は見たことないけど、高学年になるまで淵には怖くて近づけなかった。山の神の祠に手を出すと蛇が本当に出てきたし、山の中で複数の友人たちと同時に不思議な音を聞いた。天狗の叫び声のような・・・。

川に落ちて死に損なったのは小学校三年生のとき。下唇はぶら下がり、上の前歯を4本失った。自分が化け物になっちゃった。・・・そんな経験ができた私は、幸せだったというべきかもしれない。これは本心。



    

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事