めんどくせぇことばかり 支那民主化で1300万人死亡(覚書)『岡田英弘著作集 第四巻 シナとは何か』
FC2ブログ

支那民主化で1300万人死亡(覚書)『岡田英弘著作集 第四巻 シナとは何か』

産経ニュース 2014/9/25
中国が民主化すれば「1300万人死亡」「国家は30に分裂」 機関紙が一党支配正当化

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140925/chn14092509080002-n1.htm
要約
  1. 民主化すれば2年以内に武装衝突が発生し、1300万人以上が死亡、1億3千万人が難民化する。
  2. 多党制を導入したアフリカや旧ユーゴ諸国は混乱に陥り、経済も低迷した。
  3. 多党制によりダライ・ラマ14世ら過激派が人心を惑わし、真相を隠す。
  4. 民主化は上記の危険をはらむ。それゆえ共産党一党独裁は正当化される。
面白い記事なのかなぁって思ったんだけど、以外に幼稚な記事だったので、ちょっとがっかり。死者数、難民数も、100人に1人が死んで、10人に1人が難民化するという大雑把なもの。・・・つまんない。

上記のような、アバウトは算出は、支那の歴史を見誤っちゃあいませんかね。ちょっと、今年の初夏にこの本を読んだんですけどね・・・

『岡田英弘著作集 第四巻 シナとは何か』『岡田英弘著作集 第四巻 シナとは何か』
(2014/05/24)
岡田英弘

商品詳細を見る
What is China?
なにしろ漢族というのがクセモノで、この概念には種族とか民族とかは関係ない。これは東西南北の諸種族が接触し、混合してできた都市住民のこと。これは文化上の概念であって種族的には“東夷・西戎・南蛮・北狄”の子孫である。漢人の住む支那の都市は城壁で囲まれており、“国”の本来の意味は城郭都市のことである。城郭都市に住めるのは焼く人、兵士、商工業者で、城郭はその内なる空間を外側の蛮夷戎狄の世界と区別した。

“東夷・西戎・南蛮・北狄” とは、華夷思想によって野蛮と誹られた者たちのこと。彼らは互いを異族として憎悪した上、都市に入ってからは自らの出自さえ差別したということ。一度闘いが発生すれば、支那は憎悪と恐怖に支配される。

この本の中に、各時代の人口の推計(記録を元に)がある。最初の人口統計は漢書に残る紀元にすれば2年のもので、「五千九百五十九万四千九百七十八」という数字だそうだ。見にくいね。「59,584,978人」、おおよそ6000万人。この6000万人という数字が、これ以降1000年以上にわたって最高の数字であるという。この生産力段階における上限と考えて良さそう。

その直後、簒奪王朝である王莽の新は赤眉の乱の混乱で滅びるが、この間、乱の発生した17年から王莽が敗死して新が滅ぶ23年までの6年間で人口は半減する。25年に光武帝の後漢が成立するが、全土を統一する36年までの間に、さらに人口は半減する。後漢当初の人口はおおよそ1500万人である。

後漢も2世紀に入ると5000万人代の人口を回復するが、184年に始まる黄巾の乱で再び減少する。230年、三国時代の魏の人口は250万と推計される。呉や蜀はもっと少なく、呉が150万、蜀が100万、三国合わせて500万人。別に450万人以下とする推計もあり、事実上漢民族の滅亡である。

魏の曹丕、文帝は、221年、現在の河南省と山東省西南部に、生き残った漢民族を移住させた。真空状態となった周辺部には、匈奴・鮮卑・
羯・氐・羌の五胡が侵入し、定着する。280年、黄巾の乱以来100年ぶりに晋による支那統一が成るが、わずか20年後に始まる八王の乱以降は、戦乱を抱えたまま五胡十六国の大混乱期に入る。この混乱は南北朝時代を経て、589年の隋による支那統一まで続くことになる。この隋と、続く唐王朝は鮮卑族の王朝で、大混乱の前と後では、完全に種族の断絶があることが分かる。

さて、たしかに支那の歴史を見ると、それは平時においても、人間間の《憎悪と恐怖による混乱》をはらんだものであった。それゆえに、憎悪と恐怖による混乱を封じ込めるためには強大な権力が必要であった。かつてはそれが王朝であったし、毛沢東という個人であったし、共産党であってもいい。とにかく強い権力がないと、それは封じ込められないと・・・。

しかも中共は、満洲、チベット、モンゴル、ウイグルと、新しい憎悪をまき散らしたしなぁ。いったん事が起きればどうなることやら。“1300万人が死に・・・”という言葉が、私にはとても悠長なものに聞こえるんだけどな。
 

    

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事