めんどくせぇことばかり 狂人ウィルソン、挑発ルーズベルト(覚書)『大間違いの太平洋戦争』 倉山満
FC2ブログ

狂人ウィルソン、挑発ルーズベルト(覚書)『大間違いの太平洋戦争』 倉山満

ウィルソン一九一三年から二一年までのウッドロー・ウィルソン大統領。著者は、“狂人ウィルソン”と呼んでいる。第一次世界大戦では国際法の中立規定を無視して参戦国相手に商売して大儲け。参戦後は国際法違反の通商破壊をやりまくり。

ひどいのは、第一次世界大戦末期に発表したウィルソンの「十四か条宣言」
「秘密外交の禁止」では米を除く主要国が結んだ約束を全部チャラにして、アメリカの意にかなうようにせよということ。
「航海の自由」は、大英帝国の海上覇権へのいちゃもん、太平洋を庭とする日本へのいちゃもんでもある。
「民族自決」は、弱小民族でも意思と能力次第で主権国家となれると扇動。意思と能力は“独立戦争”以外では示しようもなく、つまり暴動を煽っているということ。
「バルカン半島と中東の新秩序構築」、これはひどい。ハプスブルク帝国は八つ裂き、オスマン・トルコは抹殺。

一九三三年から四五年までのフランクリン・ルーズベルト大統領。一体全体、なにをやりたかったんだろう。ご先祖が支那人をアヘン漬けにして大儲けしたことへの罪滅ぼしか、やたらと支那の肩をもって、むやみに日本を挑発。

何の意味があったんだ?それこそスターリンの言いなりか?
ルーズベルト

『大間違いの太平洋戦争』 倉山満『大間違いの太平洋戦争』 倉山満
(2014/07/16)
倉山 満

商品詳細を見る
本書には無意味な自虐史観は一切盛り込まれていません

日英、両国にとっての不幸の始まりは、ワシントン会議で日英同盟を解消したこと。でも、その失点を取り戻すチャンスはいくらでもあった。残念なことに、日英双方がそれを放棄した。たとえば、一九二七年にイギリスが南京事件で支那ナショナリズムの餌食に成ったとき、日本はイギリスを見捨てた。二八年から二九年の山東出兵や済南事件では、イギリスが日本を笑って見てた。

満洲で支那ナショナリズムの餌食にされた帝国臣民は朝鮮人で、彼らを助けるために日本は満州事変を起こした。大半の日本人がそれを必要なことと認識していた。出先で勝手に外国と戦端を開いた関東軍であったが、世論はそれを支持した。
長引くデフレ不況。口を開けば「日中友好」を繰り返し、拉致被害者一人取り戻せない外務省。政党政治家や文官に媚びて出世を図る高級将官。こうした不満を解決してくれるのは軍人さんしかいない。・・・これが昭和六(一九三一)年の日本です。
本書P95

ネヴィル・チェンバレンが日本に関係の改善を持ちかけていたって言うことは知らないんだよなぁ。しかもその前段として、イギリスと共同での支那財務改革に日本が協力すれば、満州国を承認するとまで・・・。たしかに米に追い立てられ、米独ソに包囲される現状を、なんとか変えていきたいという欲求がイギリスにはあったんだよなぁ。しっかり調べてみよう。

「一体なにをしたかったのか」・・・と、そのセリフがなんど出てくることか。日本も、ドイツも、イギリスも、アメリカも・・・。一貫して成し遂げたのは、唯一、ソ連。つまり、スターリン。立派なものだ。

スターリンだけが・・・? なぜ、可能だったんだ? ・・・社会主義思想だよね、きっと。資本主義への絶望と社会主義への羨望の中で、世界が己を失ったのか。だとしたら、“今”はかなり危険な状況ということか。資本主義への絶望は、一九三〇年台のものよりも大きいんだから。



    

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは

>「秘密外交の禁止」では米を除く主要国が結んだ約束を全部チャラにして、アメリカの意にかなうようにせよということ。

これ、基本的には今のアメリカも踏襲していると思います。他国に難癖を付けるときにはルールを振りかざしますが自分に都合の悪いことには知らん顔ですよ。国際条約なんかクソ食らえの国ですから。条約なんかなんでも結んでたらいいわ、うち(アメリカ)に都合が悪くなったらそんなものムシするだけ。これが今もアメリカのスタンスです。

英国との関係にもう少し気を使えばよかったという見解は賛成です。それ、今でもそうなんじゃないかと思うことがあります。

仮に今、日英同盟(軍事も含む)を結ぶとアメリカはどう振る舞うでしょうね?

アメリカがよそにちょっかいを出しに行くとき、まず承認を求めるのが日英ですよね。これまでは個別だったので、まあいうと「各個撃破」されてたと思うんです。それが同盟結ぶと状況は一変するんじゃないでしょうか?
結構な影響力になると思っているのですが・・・

アメリカの問題は愚民化政策と格差社会がこれから進むという可能性です。これが進むととんでもない国になりますよ。私は愚民化政策の結実として無知で善良な市民がおり追軍売春婦像があると思っています。もちろん腐った政治家を選んだのもその「市民」ですが。まさに善意で舗装された地獄行きハイウェイです(笑)

それでも支那プロパガンダの拠点であった「孔子学院(笑)」は閉鎖されるそうですね(確認まだですが)。
支那のおかしさは「愚民」でも分かるほどのひどさなのでしょうね。

長くて申し訳ないのですがもう一つだけ。
スターリンにまんまとしてやられたというのは、事実だと思います。

きちんとした情報機関もなかったアメリカと秘密工作ばかりのソ連。そこにアメリカ人は細かいことが気にならないと来たら、どうやって騙すかと機を伺っていた詐欺師と頭の弱いお人好しさん、勝負はやる前から付いていたと思います。

アメリカを理解する一つの鍵がアメリカ人独特の「雑さ」というのか「細かいことが気にならない脳天気さ」にあるのかなと思っています。

MK さま

まったくそのとおりだと思います。
当時の時代的雰囲気については、倉山満さんの他の本の関係でまた記事に書きます。
そちらも読んでいただけると嬉しいです。

MKさんがおっしゃるアメリカ人独特の「雑さ」と「脳天気さ」。
これが私にはいまいち理解できない。
通商破壊は得意技で疎開船や病院船でも構わず攻撃対象とし、できうるならば軍や基地より銃後に攻撃を加えて県選機運を高めようとする。
人種差別やピューリタン的選良思考。
・・・だけどそんなものだけで、あんなことできるわけないんだよなあ。
しかも自信たっぷりにさ。

その不足部分を埋めるものが、「雑さ」と「脳天気さ」なのかな。

MKさんのブログを読ませてもらったり、意見交換させてもらうのがとても楽しみです。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事