めんどくせぇことばかり 『報道されない中東の真実』 国枝昌樹
FC2ブログ

『報道されない中東の真実』 国枝昌樹

敵とみなす相手を容赦なくいとも簡単に斬首し、あるいは地面にひざまずかせて拳銃や小銃で撃ち殺す。見せしめのために広場で公開処刑をしばしば行う。日常的に拷問を行う。極めて強い宗教的な言動と行動をとり、アラウィ派市民やキリスト教徒を処刑する例が多い。
本書P222
この文章は、2014年6月29日以降、イスラム国家[Islamic State:IS]と名のっている過激イスラム教原理主義グループのことを言っている。この間の記事にも提示した写真だけど、彼の首はこの後切り取られる。ネットを開けばその写真を見ることもできる。彼らは世界を恐れさせている。世界の人々に恐怖を与えている。そうしたかったんでしょ。よかったですね。処刑
そこに存在するかに思われている宗教的情熱に動かされての行動ではない。彼らの行動はイスラム教的なものでもないし、宗教的なものですらない。彼らの個人的な欲求が、イスラム教的な装いのもとに発揮されているに過ぎない。
『報道されない中東の真実』 国枝昌樹『報道されない中東の真実』 国枝昌樹
(2014/08/20)
国枝昌樹

商品詳細を見る
ー動乱のシリア・アラブ世界の地殻変動ー
CNN.co.jp 2014/8/31
イスラム国が少数宗派女性を「戦利品」扱い、人身売買や結婚強要も
http://www.cnn.co.jp/world/35053099.html
(抜粋)
イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国(IS)」が、イラク北部で拉致したクルド系少数派、ヤジディ教徒の女性らにメンバーとの結婚などを強要していることが分かった。

ISは過去数週間でヤジディ教徒の女性約300人をイラクからシリアへ移送し、メンバーに「分け与えた」とされ、「ISは女性たちを戦利品のように扱っている」と、同組織は指摘する。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)も、イラク北部モスルやシンジャル山で武装集団による拉致事件が相次ぎ、一部の住民はイスラム教への改宗を強要されたり国内外へ売り飛ばされたりしていると報告。
異教徒へのこのような振る舞いはイスラム的ではなく、隣人を思いやれない時点で宗教的ですらない。強欲資本主義によるグローバル化という時代そのものが化け物だ。まっとうに生きる場を見つけることが出来ない粗暴でしかない者たちにアンチテーゼとしての存在感を与えてしまった。

世界中から引きつけられていく愚かしい若者を見れば一目瞭然だ。
産経ニュース 2014/10/10
スパイや内通者を駆使 若者のイスラム国参加阻止へ米 NYタイムズ報道
http://www.sankei.com/world/news/141009/wor1410090007-n1.html
(抜粋)
「イスラム国」の戦闘員に加わるため北海道大学の男子学生(26)がシリア渡航を企てた事件で、「シリアへ渡り、イスラム国に加わるつもりだった」と供述。戦闘員となり、殺害行為などに加わる意志があったことを認めている。渡航を考えたきっかけについては「就職活動がうまくいかなかった」と説明。
北大生は、イスラム世界に詳しく、イスラム国の支配地域を訪れたこともある元大学教授の男性(54)らの手助けを受けて、渡航を準備。元教授は「シリア行きを希望する北大生を手伝いたかったが、うまくいかなかった」と説明している。中田考
どうやら元教授というのは中田考氏か。氏のホームページ『ハサン中田考のweb siteへようこそ』にこうあった。
学問の目標とは、①日本の同胞に対して「ノイズをまじえずに唯一なる神の実在を伝える」こと、②イスラーム世界に対して「現代の二大偶像神たるリヴァイアサン(権力≒近代国民国家 )とマモン(富≒不兌換紙幣)の支配の打破とカリフ制の再興の義務を説く」こと、③人類全体に対して「国境を廃絶し、国民国家の鉄の檻から自由になることを訴える」こと。
やっぱり危ないな。アンチテーゼとしてであっても、イスラム国のやり方を牽引?追認?しようと言うんならね。現状でアイデンティティを確立することがなかなかうまくいかなかった大学生(26)の“自分探しの旅”のお手伝いですか。でも、それが真実でしょう。イスラム国の連中だって“自分探しの旅”のなれの果て、でしょう。

なれの果てだろうがなんだろうが。中田考氏やそのグループにとってなによりも大事なのは、現代へのアンチテーゼとしてのイスラム国の存在感だろうし、そこにグローバル化する世界から拒否された若いもんを惹きつけることなんだろう。

だけどさ。年端もいかない子どもや、女をかっさらってる時点で、こいつらはもう終わってるよ。アンチテーゼがそんな社会でいいはずないもん。



    
にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事