めんどくせぇことばかり シリアとは?(覚書)『報道されない中東の真実』 国枝昌樹
FC2ブログ

シリアとは?(覚書)『報道されない中東の真実』 国枝昌樹

主義とか、主張とか、・・・やれ独立がどうの、支配がどうの、独裁だとか、民主だとか。・・・でも、みんなが安全で、食っていけて、・・・それより大事なことってなにがある?

“あとがき”に、こうある。
シリアの国外避難民は四家族のうち一家族の割合で生活費を稼ぐ男手がなく、女性一人で家族を養っているのが現状だと国連難民高等弁務官事務所関係者が叫ぶ。異郷の地で仕事とてない彼女たちは家族を養うために、自らの命を断つに等しい決断をして恥辱を耐え忍ぶ。生きるため、生き残るために涙を枯らして彼女たちはSurvival Sex に向かう。誰が彼女たちを咎められよう。ヨルダンに避難した家族の主婦が得たのは一人を相手にして七ドル。トルコではトルコ人男性から襲われ、娘たちは家族の窮状を救うためだけに言葉もわからない相手と結婚をする。サウジアラビアにはシリア人女性に対する憧れで、わざわざ男が女性を求めに来る。

一体、欧米“民主主義”諸国は何がしたかったの?シリアをどうしたかったの?このような事態に至って、周辺イスラム教諸国は何をしているの?イスラム教って人の弱みに付け込む宗教?助けあいの宗教じゃなかったの?

今シリアは、底知れない絶望のなかにある。世界はシリアを、こんな目に合わせてやりたかったの。・・・あの時の日本を見るようで、いたたまれないよ。

『報道されない中東の真実』 国枝昌樹『報道されない中東の真実』 国枝昌樹
(2014/08/20)
国枝昌樹

商品詳細を見る
ー動乱のシリア・アラブ世界の地殻変動ー

以下は、本書に掲載されていたアサド大統領の公開演説。民衆の蜂起が始まった後の、二〇一一年六月二〇日に行われたものだという。この時点で著者によって要約されたもののようだけど、さらに抜粋、わかりやすいように改行等してある。
シリアは常に地政学的位置と政治的立場によって国際的な陰謀にさらされ続けてきた。外国勢力は常にシリアに介入しようと狙っている。

現在街路に出て活動している人々には三種類ある。まずは国家に対して問題の解決を求め、要求を行う人々。国家は市民の要請に応える義務がある。ただ、市民はその要求がどれほど緊急なものであっても、社会に混乱をもたらしてはならない。三〇年前のムスリム同胞団との対決という歴史の暗い局面の余波で、理由もなく今日でも政府関係の職場から排除されるなどの不利益を被っている人々がおり、彼らの救済が必要だ。第二の種類は犯罪者。彼らは混乱に乗じて活動する。自分も実態を知って驚いたが、国難開始前の時点で逮捕状が出ていた犯罪者たちは六万四千人に上る。このうち、三年以上の懲役刑に相当する罪を犯して逮捕状が出ている者たちは二万四千人だった。彼らが武器をとって活動すれば容易なことではない。第三のグループはイスラム過激派であり、タクフィリ思想(自らが信じるイスラムの教えとは異なる教えを断固排除するイスラム思想)の持ち主たちだ。過去にもこの思想はシリア社会に入り込もうとしたが阻止できた。今、改めて侵入を図っている彼らは、改革への最大の障害であり、忌むべき宗教臭は対立を煽る。ジスル・アッシュグール町の大量殺人も彼らの仕業だった。

シリア社会は腐敗の撲滅に向かわなければならない。正義を欠く社会を改め、機会均等を図り、えこひいき・縁者登用、つまり理由のない不正義・不公正・抑圧を社会から追放しなければならない。加えて国民対話を推し進めることにより、国民の間の融和を深める。今後近い将来、憲法改正を視野に入れて改革を進める。シリア経済の崩壊は何としてでも回避しなければならない。都市と地方の不均衡は大きな問題であり、社会的平等を実現するシリア経済モデルが必要である。
著者によれば、必ずしも街で反政府スローガンを叫ぶ人々の心に届く演説にはならなかったようだ。しかし同時に、著者はこうも言っている。『米国やEUの批判は、批判のための批判のレベルで、大統領の演説を読みこなした上でのものとは考えられない』とても気になるところだ。

とくに、後半の改革の公約を除いた現状認識は、正当だったのではなかったか。でも、欧米メディアは大統領の訴える危機を完全に無視して、「民主勢力を応援する」という名目で、実質的には犯罪者やイスラム過激派を利する報道を続けて、シリア政府を追い詰めた。

その影響は大きく、情勢はシリア政府の制御能力を越えて悪化の道をたどり・・・、行き着いた先は冒頭に書いたような事態だ。
朝日新聞DEGITAL 2014/10/9
「力試しをしたかった」 日本人、シリアで戦った理由
http://www.asahi.com/articles/ASGBB4JMPGBBUTIL02N.html?ref=msn
しかも遠く離れた日本には、こんな自分のこと以外何にも考えられない馬鹿もいて、地獄のような毎日を送る女たちの足を引っ張っている。


    
にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

少し前までは、イスラム教の国、と一括りに考えていましたが、人の数だけ宗派があるくらい細かく分かれていることを(最近)知りました。

西側(まあアメリカですが、笑)はよほどのことがない限りアラブ諸国にちょっかいを出さないようにするべきだと思っています。

ところが、イスラム教国同士で助け合っている風にも見えません。かぎられた私の知識の中ではイスラム教というのは(なかなか)合理的な教義を持ち、弱者を助けるのが基本だと思っています。

このシリアの話だととても教義に従っているとは思えないですね。日本のように宗教的にはイスラムでもキリストでもない中立的な国が主導しながらアメリカのちょっかいを引っ込めさせ、イスラム教徒同士の助け合いを促すのがよいのではないかと思います。

この周りにもイスラム教徒がたくさんいます。祖国を離れたため若い女の子はヒジャブをつけていな子もいます。かなりしがらみから解放されるそうです。外から見た範囲ではみんな仲良くやっているように見えます、実態は分かりませんが。ただシーア派とスンニ派の間には(対立という意味ではなく)距離があるように感じます。スンニ派同士だとこの町では同じグループ?のようです。個人的なパーティーにスンニの他国籍の人をたくさん招待しています。

うちは日本人なので(キリスト教ではないので)個人的に親しくしている家族がいくつかあります。

私の考えがお目出たすぎるのかもしれないですが、イスラム世界にはイスラムの論理があるのでよその文化の論理でとやかく言うのは最少にした方がよいと思いますね。まあアメリカのことなんですが(笑)

また長々と書いてしまいました、どうもすみません。

MK さま

私の認識も、MKさんに近いんじゃないかと思います。
それこそ、「助け合い教」だと思っています、イスラム教のこと・・・。
そういえば、日本人をムスリム以上にムスリムらしいと言ったムスリムがいた。

一般論に落としてはいけないかもしれないけど、「衣食足りて礼節を知る」ってことだと思うんです。
自分とこの国民にちゃんと飯食わせて、安心な生活を保証することができるなら、・・・。
たとえ西洋的価値観に合わないとしてもね。
アメリカのことなんだけどね。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事