めんどくせぇことばかり 『科学者が読み解く日本建国史』 中田力
FC2ブログ

『科学者が読み解く日本建国史』 中田力

y 
すごいね。こんな側面から歴史が解き明かされていくなんてね。Y染色体やミトコンドリアDNAのタイプを解析することで、人類の移動の軌跡が辿れるなんてね。《遺伝子人類学》という分野らしい。

『科学者が読み解く日本建国史』 中田力『科学者が読み解く日本建国史』 中田力
(2014/08/18)
中田 力

商品詳細を見る
ー古事記・日本書紀の真意に迫るー

この本は、その《遺伝子人類学》という方法で司馬遷の『史記』や、『日本書紀』、『古事記』を読み解いていこうとするもの。ユーラシア大陸の東側で展開された古代文明や王朝の興亡がこんなにも見事に・・・。
まだ読み始めたばっかりで、最初のほうしか読んでないんだけど、五帝本記に書かれた世界は夏・商・周と続く支那の古代王朝が黄河中流域をめぐっての興亡の様子であったとしている。長江下流域から移動した夏族に土地を提供したのが山東龍山文化を率いた舜。これが舜から禹への禅定の記載になると・・・。いったんは夏族に従属した商族だけど、もともと文化的には高かった。それが軍事的体制を整えて夏族に反旗を翻す。商族は黄河中・下流域を治め、夏族の遺民はこうが上流域に逃れた。それが姫姓の王家を掲げる周族の起源となる。・・・ワクワク。たまらねぇなあ。

んでね。日本なんだけどね。長江下流域にあとから入ってきて呉。呉越同舟の呉ね。山東地方に展開していた種族だろうと言うんだけど・・・。ええい❢しゃべりたいけど・・・、今日はこんなところで勘弁してやろう。

『科学者が読み解く日本建国史』って題名だけど、変な言い方だけど、“ただの科学者”にこんな本は書けない。

フリーメイソンそういえば、この本の中に出てきたんだけど、伏儀と女媧。大洪水を生き残った兄妹(姉弟)が夫婦として人類の祖となる。龍体で、下半身が交わる姿で描かれる。指矩(さしがね)と規(き=コンパス)を持つ。国土を建設したと言われるが、男女の性を表すものでもある。

左はフリーメイソンのシンボル。指矩とコンパスって、大事なもんなんだね。
伏儀と女媧
こういう話にも、ワクワク。


    
にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

MK さま

朝鮮王朝期の身分制の異常さは民族の違いを根底にもっているからだという説があります。
李成桂に始まる朝鮮王朝の支配層は女真人だとするものですね。
つまり、朝鮮王朝は女真人が朝鮮人を支配する王朝だったとするもの。
あの時、明が李成桂が高麗王朝を滅ぼしたことを許さなかったこと、前王朝が国教とした仏教を弾圧したこと、被支配層に対してあまりにも苛烈なこと。
文字を独占して、被支配層の教育の機会を完全に奪っていたことなども、たしかにどうも酷すぎるような気がするんだけどなぁ。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事