めんどくせぇことばかり 『特攻の真意』 神立 尚紀
FC2ブログ

『特攻の真意』 神立 尚紀

2011年10月の過去記事です。
昭和二〇年八月一六日に壮烈な割腹自決を遂げた大西中将の遺書は、神風特攻の命令を下し、戦争継続を激しく主張していた人物が書いたとは思えない世界平和を願う言葉が綴られていた。その遺書の意味を考え続けていた大西の元副官門司親徳は、元特攻隊員の門田和男がダバオの基地で耳にした「特攻の真意」を聞いて、長年の疑問が氷解していった・・・
あの戦争の空白を埋める衝撃のノンフィクション作品。

『特攻の真意』 神立 尚紀『特攻の真意』 神立 尚紀
(2011/08/04)
神立 尚紀

商品詳細を見る
ー大西瀧治郎 和平へのメッセージー
第一章  元零戦特攻隊員の真情
第二章  「徹底抗戦」と「世界平和」のはざまに
第三章  「決死隊を作りに行くのだ」
第四章  神風特別攻撃隊誕生
第五章  「忠烈万世に冠たり」特攻隊突入と栗田艦隊の反転
第六章  特攻の真意
第七章  棺を蓋うても事定まらず
第八章  終戦の聖断くだる
第九章  特攻隊の英霊に日す
エピローグ  「神風」の見果てぬ夢


中央公論 2006年10月号に掲載された、「世界の海軍にあって最も下劣 なぜ、今、戦争責任の検証か 渡邉恒雄(読売新聞・主筆)」 の中で、渡邉氏は次のように語る。

特攻隊の編制は、形式的には志願で始まったが、間接的強制、そして実質的な命令に進んだ。その結果、未来ある若い学生出身の下級将校たちが、肉弾となって意味もなく殺された。特攻はあの戦争の美談ではなく、残虐な自爆強制の記録である。イスラム原理主義者の自爆は宗教上の妄信や、指導者のマインドコントロールによる自発的自爆だが、『特攻』はほとんどが実質的には『命令と強制』であった点で、イスラム・テロリストのケースとはまったく違う。悪い意味で合理的な計算に立ち、こういう非道、外道の作戦を考え、実行した軍の参謀や司令官、さらには、人間を物体としての兵器と化した軍部当事者の非人間性は、日本軍の名誉ではなく 汚辱だと思わざるを得ない。

渡邉氏の不見識を指摘したくて取り上げたわけじゃなくて、仮にわずかながら時代を共有しても真実に迫ることがいかに難しいかを示す一例にさせてもらった。
ましてや、敗戦国日本はみずからの歴史を語ることを戦勝国アメリカによって禁じられた。
先頭に立った者たちは公式の場から追放され、アメリカに追随する者たちがそれに代わった。
真実に迫るべき学問や報道が率先してアメリカの検閲に屈していった。
今の日本は、未だにその延長線上にある。

でも、「真意」は受け継がれてきていた。
日本中のあちらこちらで、ひっそりと生きる者たちの胸のうちに。
多くが失われたに違いないが、ときには伏流水のように、後世の人ののどを潤すこともある。
そんな本だ。

一日も早く講話を結ばなければならぬ。マリアナを失った今日、敵はすでにサイパン成都にいつでも内地を爆撃して帰れる大型爆撃機を配している。残念ながら、現在の日本の国力ではこれを阻止することはできない。それにもう重油、ガソリンが、あと半年分しか残っていない。・・・半年後には、仮に敵が関東平野に上陸してきても、工場も飛行機も戦車も軍艦も動けなくなる。

そうなってからでは遅い。動ける今のうちに講和しなければ大変なことになる。・・・一度でよいからこのレイテから追い落とし、それを機会に講和に入りたい。敵を追い落とすことができれば、七分三分の講和ができるだろう。

これは九分九厘成功の見込みはない。これが成功すると思うほど大西は馬鹿ではない。では何故見込みのないのにこのような強行をするのか。ここに信じて良いことが二つある。
《あとは読んでね》

大西は十字腹を切り、喉を突き、胸を突いて、なおみずからの血の海に15時間のたうちまわった挙句に亡くなったという。
それが、有望であるはずの前途を絶たれ、空に海に散っていった若者たちの御霊を慰めるものであったかどうかはわからない。
しかし、日本人は、そうやって責任をとってきた。
そして歴史を作ってきた。

終戦時、醜態を晒した将官もいた。
瀬島龍三のごときは・・・。
そして今は・・・

「特攻 空母バンカーヒルと二人のカミカゼ-米軍兵士が見た沖縄特攻戦の真実」マクスウェル・テイラー・ケネディ

以前に読んだ本ですが、この本もとても面白かったので紹介しておきます。
米艦船側から見た"特攻"がいかなるものであったか。
やはり、彼らも戦争のただなかにあった。




    

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは

大西中将については源田中佐の真珠湾攻撃の回想録でいくらか読んだことがあります。源田中佐は立場上書けなかったんでしょうがせっかく時代の証人なんだからもう一歩正直に書いておいてほしかったという恨みはあります。

特攻攻撃についてはいろいろな見方がありますが、アメリカ人の嫌がる攻撃に間違いないと思います。
戦場で結果的に戦死することは理解できても死ぬと分かっている攻撃をアメリカ人は理解できません。バクダッドでの自動車での自爆攻撃にはアメリカ軍はとても神経質になっていました。一年間バクダッドに行っていた友人が現地から送ってくれた写真でもよく分かりました。

特攻攻撃を賞賛するわけではありませんが戦略的には当たっていたと思います。心理的効果は絶大だったと思います。でもその心理効果が真価を発揮したのは戦争の記憶が次第に薄れていったころではないでしょうか。

終戦直後は記憶が生々しすぎますが、少し時間が経つと記憶に残るものは案外限られます。特攻は記憶から消えなかったと思います。日本人はいざとなったらむちゃくちゃでもするぞ。そんなある種の潜在的な恐怖感を植え付けることに成功したのではないかと思っています。大西中将の作戦が成功であったとするならばそれは戦後20年以上経ってからではないかと思います。

戦後国民に詫びるべきであったのは戦時中に実際の作戦立案に携わった佐官クラスの参謀だと思うのですがそういう話しは聞いたことがありません。瀬島龍三などはその最たるもののはずですが、当時の中曽根首相とつるんで行政改革なんて一体どの口で言えたのでしょうか。

戦後清算すべきであったのはこういう人たちじゃないかと思っています。源田さん、どうなんでしょうか私は分からないです。真珠湾攻撃総隊長として航空部隊を訓練指揮した淵田美津雄中佐の戦後の生き方のほうが人間として真面目であり真摯だと思っています。

キリスト教に帰依してアメリカを回ったことに対して多くの批判があったそうですが、淵田さんなりの真面目な答えだったと思います。戦時中に本来なら死なずに住んだ人まで死なせるような作戦を立案した連中が清算されなかった戦後のあり方はいまいちど反省するべきではないかと思っています。

MK さま

敗戦のあの状況で、割腹死というのが、どれほどつらい選択だったでしょうか。あまりにも多くの死があるなかで、そんなくらいで済まそうとした。そういう意味なら大西は許せない。まあ、大西中将の場合、生きて責任を・・・、という道はあり得なかったでしょうけどね。

百年後、二百年後、あるいは五百年後の日本人の再生を考えたとき、・・・その視点で見たときにはじめて理解できる。それでも統帥の邪道であることは抗えない。邪道を歩かなければならなくなるまで何やってたんだよ。

自分の罪というものを感じる感覚すら持たない者たちも多いですね。やはり左官クラスの参謀連中というのがそうですね。MKさんだからこそこういう言い方をしますが、そういう連中は、おそらく出自が卑しい。そういうのがたくさんいるからこそ、大西中将や淵田中佐のあり方が際立つんでしょうけど。

No title

いつもご丁寧な返信ありがとうございます。

先生が仰るように、育ちの賤しい奴らが多くいたと思います。この卑しさと同じにおいがするのがかつての学生運動です。若いころには一種の憧れを持ったこともあります。
両者の共通点は祭りの後はなにもなかったような顔をしているところです。日本の左翼運動が単なる反日ビジネスになったのはこういう反省がなかったことだと思っています。
井上成美大将のような立派な方が佐官クラスに少なかったことが本来は起こるべきでなかった悲劇を生み出したと思います。

MK さま

もう一つ共通する部分を上げるとすれば、やたらと口数が多いことかな。
とにかくよく喋る。
でも、後始末つけた日本人は、無口でしたね。
ひたすら働いた。
その恩恵をもっと儲けたのが、また良く喋る連中でしたね。
自己主張が必要な時代のようですが、それってよく喋る連中が言い始めたことなんじゃないかな。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事