めんどくせぇことばかり 『科学者が読み解く日本建国史』 中田力
FC2ブログ

『科学者が読み解く日本建国史』 中田力

自然との適合のプロセスを通して東アジアに到達した人類

O1 海岸の民…長江デルタ(浙江省)、良渚[リョウショ]文化…洪水で消失
              →南下…海をわたって台湾→フィリピン、インド洋、太平洋、マダガスカルにも
                北上…黄河中流域で夏王朝…周王朝 
O2 海岸の民…稲作の民→O2a 南方に展開~広東から南に展開し東南アジアの稲作稲作民族の祖
                  O2b 北方に展開~拠点は現江蘇省北部から山東省。夏を倒して商をたてる。
O3 中原の民(現支那大陸絶対多数)

『科学者が読み解く日本建国史』 中田力『科学者が読み解く日本建国史』 中田力
(2014/08/18)
中田 力

商品詳細を見る
ー古事記・日本書紀の真意に迫るー
遺伝子人類学
最先端医学
遺伝子の揺らぎ
複雑系科学
文明の担い手
『史記』
新石器時代の文化
父系社会への移行
中国古代王朝
夏王朝
商王朝
殷周革命
弥生の民
縄文と弥生
線形思考の弊害
弥生前夜考
出雲と邪馬台国
遼河文明
出雲神道
姫姓王家
聖文神武
神武東征
八神殿
中臣神道
鯉と龍
女神の民
徳治の国
登龍門
龍と

どうにもまとめ用がなくて、メモしておいたものをそのまま出しちゃいます。
商王朝を建てた湯王は姓を子、名を天乙(太乙)という。天乙=太乙=太一=北極星
山東龍山文化を築いた02bの人たち

夏王朝の遺族は姫姓。周族の姫昌(文王)、姫発(武王)親子が商を倒す。

周(O1:O3)・・・文王、武王に仕えた軍師が太公望呂尚。呂尚は姜姓で、羌族の首長。

弥生時代は、呉の滅亡により、水田稲作技術とともに長江下流域から渡来した人々によってもたらされた。

呉は姫姓で、周の太伯が建てた。太伯は周王の長子ながら、三男季歴の子、昌の才覚を尊び次男の虞仲を連れて周を出奔し、呉を建てた。王族はO1、民はO2b1の国家。

前四七三年滅亡。姫姓の王とO2b1の民は海に逃れ、博多の奴国を建てる。


越(O1:O2a)・・・呉を滅亡させた勾践の父允常が、夏王朝の始祖、禹の二〇代目の末裔と自称
勾践の六世の孫、無疆の代に楚に滅ぼされる(前三三四)

呉の故地にとどまって越に支配されたO2b1の人々は、やはり海を越えて出雲・高志の国に至る。

こんな紹介の仕方じゃ本当に申し訳ないんだけど、読み終わった今も、まだ消化しきれずにいるだな。メモしてたこのあたりまではワクワクしながら読んだんだけど、ここからがダメ。日本について言及するあたりから、どうにもついていけない。どうも、精密な歴史の検証にまで、遺伝子人類学という方法に期待するのは無理がありそう。

それでも前半部分が面白かったのは、支那大陸が遺伝子人類学という方法を活かすに十分な領域を持っていたからじゃないかな。その領域は日本にはないから・・・。

・・・そういうことなんじゃないかなって思ってるんだけどな。「科学的方法で・・・」という著者が、かえって魑魅魍魎の世界に足を踏み入れていってしまったんじゃないかな。そこに踏み込まなければ、とても面白いと思うんだけどな。


    
にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事