めんどくせぇことばかり 『零式戦闘機』 吉村昭

『零式戦闘機』 吉村昭

MRJ産経ニュース 2014/10/18

「国産旅客機の復活は日本の夢」 MRJ完成機体を公開 半世紀ぶりの国産機

http://www.sankei.com/economy/news/141018/ecn1410180013-n1.html
YS11以来の国産旅客機が、いよいよ世界の空に飛ぶ。なんと半世紀ぶりとのこと。かつて零式艦上戦闘機を作り、世界を相手にした日本航空産業。敗戦と航空禁止。心まで折られた戦後。それでも受け継いできた技術。

先行するホンダジェットとともに、世界の空を席巻してほしい。
honnda.jpg
《国産ジェットテイクオフ》  http://www.mrj-supporter.com/technology/

『零式戦闘機』 吉村昭『零式戦闘機』 吉村昭
(2013/06/13)
吉村昭

商品詳細を見る
ー零式には使命のようなものを感じるー

以下、過去記事です。
昭和43年に刊行された本。

平成23年9月10日49刷改版新潮文庫で読みました。
はるか以前に呼んだ覚えはあるのですが、いやはやなんとも強烈な刺激を受けました。
やはり本というのは、呼んだ人間の状態によってずいぶん変わるものですね。

本書は零式戦闘機がこの世に生を受け、そして常に帝国海軍の顔として戦い、傷つき、消えていくまでを描いている。
まさしく、人の一生のように、著者はその人生を語るかのように、零式艦上戦闘機を描いている。

ロシア製I15、I16、イギリス製ハリケーン、スピットファイヤー、アメリカ製カーチスP35、P36、ブルースター・バッファローを子供扱い。
アメリカが打倒零式を目ざして繰り出すグラマンF4F-ワイルドキャット、双胴の巨鳥ロッキードP38ライトニング、ベルP39エアラコブラ、P40トマホークの上を行く。
ようやくチャンスボートF4Uコルセアの登場により、アメリカは零式への挑戦を可能とする。
零式と互角に渡り合える戦闘機は性悪女グラマンF6Fヘルキャット。
もともとは、F4Uの予備として設計されたが、零式を一番恐れさせ、打撃を与えたアメリカ製戦闘機。
しかし、ヘルキャットが登場した頃の日本は、はすでにアメリカの物量の前に完全な沈黙を強いられ、歴戦の勇士の多くを失って極めて経験の浅い搭乗員を零式に載せていた。
零式艦上戦闘機は世界の名機と戦い、進化する戦争の、ある時代を終わらせた。

零式には歴史に課せられた使命のようなものを感じる。
それは進化する社会の、ある時代を終わらせることではなかったか。
零式は確かに時代を変えた。
しかし零式は、その仕事を成し遂げたとは言えない。

やがて特攻隊員を乗せる零式。
最期の日まで、零式の生産は続けられた。
零式艦上戦闘機は、その生涯の幕を閉じる。
零式に与えられた使命、その道、未だ半ばにして。

本の話にならないけど、そう感じさせる本だと思って下さい。



   

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい