めんどくせぇことばかり 特別永住資格は「在日特権」か? 金明秀

特別永住資格は「在日特権」か? 金明秀

特別永住資格は「在日特権」か?   金明秀 / 計量社会学
http://synodos.jp/politics/11245
(抜粋)
一世が日本本土に渡来した植民地時代、朝鮮人は日本臣民だったからである。たとえるなら、政府が推奨する就職先を選ばずに自力で九州から東京の企業に就職した日本人大学生を「密航してきた不法入国者」と呼ぶようなものだ。

1952年にサンフランシスコ講和条約が発効するや、日本政府は旧植民地出身者の日本国籍の喪失を宣告した。その際、国際慣習にのっとった手続きはとられなかった。国際慣習というのは、植民地の独立など領土変更にともなって住民の国籍変更が生じる場合、住民に旧宗主国と新独立国の国籍選択権を与えるというものである。

日本政府がどういう選択をしたかといえば、問題を「先送り」した。すなわち、旧植民地出身者については、「別に法律で定めるところによりその者の在留資格及び在留期間が決定されるまでの間、引き続き在留資格を有することなく本邦に在留することができる」としたのである。

最終的に「別の法律」の定めができたのがいつかといえば、様々な紆余曲折があったが、最終的には1991年の「日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法」(通称、入管特例法)を待つことになった。サンフランシスコ講和条約から、じつに約40年もたってのことである。これによって在日コリアンら旧植民地出身者に与えられたのが、「特別永住」という滞在資格である。

上記は《SYODOS》という自称「知の最前線を切り開く電子マガジン」に出てた金明秀関西学院大学社会学部教授の書いた記事。不愉快な思いをしながら読みました。そのなかでも、橋下徹さん「在日特別永住者制度」に関する意見が取り上げられてた。以下の様なもの。
Jcastニュース 2014/10/22
橋下徹「在日の特別永住者制度を見直す」 これでヘイトスピーチも差別もなくなる?
http://www.j-cast.com/2014/10/22219051.html

とても遠慮がちな意見に聞こえた。上の金先生のご意見だけど、《強制連行されてきた》とは、さすがに言えなくなってきたみたいね。これもご時世というものでしょうか。でも、《東京の企業に就職した日本人大学生》を密航してきた不法入国者とは呼ばないように、《その大半が終戦後に、よりむさぼるものの多い日本列島に忍び込んだ朝鮮人》が歓迎されないのも当たり前だろう。

金先生の視点からは、昭和二十年八月一五日以降の朝鮮人が日本人に対してどう振る舞ったかという点が完全に抜け落ちている。「戦後の在日コリアンを正確に理解するには、(1)日本政府、(2)在日コリアンの代表組織、(3)GHQ、(4)朝鮮半島の政体の少なくとも4者をプレイヤーとして視野に入れなければならないが、そのことがこの問題を分かりにくくしている原因でもあるため、本稿では議論を単純化するため日本政府の政策に論点を集約する」としたのはそのためか?

いきなり戦勝国民を名のり、やりたい放題。どんのくらいやりたい放題かというと、あんなことも、こんなことも・・・。おまけにマッカーサーまでが、当初は朝鮮人を「日本軍国主義の犠牲者」としてうまく使おうなんて思って、プレスコードの一項目に“朝鮮人への批判”を入れたもんだから批判もできない。逮捕も裁判もないんだからな。その酷さときたら、あわてたGHQが「治外法権的な地位にはない」と発表したり、暴力主義的団体に指定したりするほどのもの。

金先生のお宅も、おそらくそんな時代を過ごしたんじゃない。それとも、もっともっと後の時代の密航かな。そういう時代があったことなんかきれいに取っ払って、型通りにうわべの話だけですまそうとすると、かえって事は片付かなくなるよ。


    

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい