めんどくせぇことばかり 韓国をおとしめる外国の教科書

韓国をおとしめる外国の教科書

朝鮮日報 cyosunOnline 2014/11/06
「朝鮮は清の藩属国」 韓国をおとしめる外国の教科書
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/11/06/2014110601518.html
(抜粋)
与党セヌリ党の鄭柄国(チョン・ビョングク)議員が教育部と外交部(いずれも省に相当)から入手した「海外の教科書における韓国関連の誤り修正の現状」によると、教育部は2003年から今年の上半期まで10年かけ、97カ国の教科書2125冊について調べ、1003カ所の誤りを発見した。そのうち今年上半期までに修正が行われたのはわずか140冊(14%)だった。

ということで、海外の教科書にみられる韓国に関する記述のあんな間違いやこんな間違いが取り上げられている。ところが、中には一概に間違いとは言えないようなことも取り上げられてるんですね。でもって、“訂正しろ”ってねじ込んでいるようなんだけど、んんん・・・、どんなもんでしょー。

たとえば、以下のように・・・
スリランカの2012年版の教科書には「この時期(20世紀初頭)韓国はアジアで最も貧しい国だった。韓国政府は非常に腐敗していた。韓国の農民たちは放置され無力だった。日本は経済的・戦略的重要性を持つ韓国に関心を持った」とされている。日本による韓国侵略の違法性には言及せず、韓国の遅れた状況ばかりを強調したのだ。
文脈は分からないけど、たしかによそ様の国が「あの頃はすっげー貧しかったんだよ」なんて教科書に書かなくてもいいかな。でも李朝時代の朝鮮って腐敗はしまくってたけど、やっぱり“よそ様のこと”だよね。でもね、日本を持ちだすんならちゃんと書いてほしいね。あの頃の韓国に併合に向かうべき経済的重要性なんかないよ。戦略的重要性にしたって、積極的なことじゃなく、ロシアの朝鮮進出への脅威を言ってるのであって、朝鮮王室は進んでロシアに国を売ろうとさえしてたからな。
スロバキアの教科書には「韓国の驚くべき経済成長は、日本と米国から導入された技術を基盤としていた」と記載されており、韓国の経済成長の原動力が日本と米国の援助によるものだったかのように説明されている。
これは訂正を求めちゃまずいでしょ。そのままだもん。何にも間違ってないもん。これを間違いって言うんなら、韓国で教えられてることが“嘘”ってことだよ。
朝鮮は清の藩属国」(2012年発行の台湾の高校1年生用教科書)
まあね、やっぱり“よそ様のこと”だからさ。事実であっても、なにも教科書にまで載せなくてもいいんじゃないかと思うんだけどね。

韓国人が考える問題は、なんでそんなことを外国の教科書に書かれちゃうのかってことなんじゃないかね。
以下、過去記事です。

 
「坤輿萬國全図」、制作Matteo Ricci、北京

もうちょっと大きくなるので、クリックして見て下さい。マテオ・リッチも、そう認識してたんだね。

“そう”って、・・・だから朝鮮は支那の属国だってさ。
坤輿万国全図
こちらは迎恩門ね。日清戦争の後、独立門に建て替えられるけど、韓国では日本からの独立を記念して建てたと思ってる人がいるとか・・・。勘弁してよ。

朝鮮の歴代の王が、支那の皇帝の使者を迎えるための門であった。清代には「三跪九叩頭の礼」によって使者を迎えた。
迎恩門
三跪九叩頭の礼

朝貢は1637年から1894年までの間に513回行われた。
朝貢使一行の人数は、1回につき200~300人程度であった。
朝貢に対して清の皇帝からは、朝貢回賜のための勅使が送られた。
勅使の接待費は、朝貢による朝鮮の利益を台無しにし、朝鮮にとって大きな負担となった。
勅使を迎える際は、朝鮮国王自ら迎恩門まで出向き、三跪九叩頭の礼を持ってっこれを迎えた。
三跪九叩頭

“よそ様のこと”だけどね。書いちゃった。ごめんね。


 

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本
















































当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい