めんどくせぇことばかり 戦争で発展するアメリカ(覚書)『国家の盛衰』 渡部昇一 本村凌二
FC2ブログ

戦争で発展するアメリカ(覚書)『国家の盛衰』 渡部昇一 本村凌二

この間、『ルーズベルトの開戦責任』っていう本を読んで以来、ちょっと意識がアメリカに突っ込みすぎてるかな。たまたまなんだけど、ちょうど仕事でもそのあたりのことに関係しているもんだから、余計にね。でも、それももののついで。この勢いのまま書いてしまおう。

アメリカが覇権を握るあたりの時代の話が、下の『国家の盛衰』という本にも書いてあってね。ルーズベルトにしてみれば、戦争以外にありえなかったということを確信した。

『国家の盛衰』 渡部昇一 本村凌二『国家の盛衰』 渡部昇一 本村凌二
(2014/09/01)
渡部 昇一、本村 凌二 他

商品詳細を見る
ー3000年の歴史に学ぶー

“大恐慌”と言われて思い出すのは、やはり1929年に始まる世界恐慌だけど、それは実際には二度目の国際恐慌だった。史上初の国際恐慌は一八七三年、ウィーン証券取引所のパニックから始まっている。国際的にはこの恐慌は一八九六年あたりまでに収束しているようだが、アメリカはもっと深刻だった。その時のアメリカの状況が本書に書かれているので紹介する。
この時代はイギリスが世界覇権を握るなか、一方のアメリカは十九世紀末の鉄道狂時代と言われる鉄道敷設ブームにより、莫大な対外債務を抱えていたため、大きな打撃を受けた。それを乗り越えることができたのは、スベインとの米西戦争や米比戦争による軍需の拡大である。

この経験はアメリカにとって極めて大きい。さらに米西戦争や米比戦争によって国力を高めると、間もなく始まる第一次世界大戦。
第一次世界大戦で対外債務を一掃し、債務国から世界最大の債権国へと転化した。

開戦当初、従来のモンロー主義によって戦争に介入することができずにいたアメリカだが、英仏に戦争資金や物資を供給し続けた。ドイツによる潜水艦攻撃で参戦すると、アメリカは軍需景気に湧き上がった。さらに戦後は自動車やラジオなどの新技術を獲得し、経済は飛躍的に発展した。

世界経済の中心はヨーロッパからアメリカに移行し、金融市場の中心もロンドンのシティからニューヨークのウォール街に移った。

アメリカは、戦争のたびに発展してきたわけだ。世界恐慌から脱出できずにいたアメリカ経済、社会主義者みたいな連中を使って実施したニューディール政策。昨日の記事にも書いたのでしつこいけど、一九三七年に一四%までなんとか下がった失業率は、翌年には一九%に戻っている。さらにその次の年、ルーズベルトにあおられたチェンバレンは、ドイツに宣戦布告することになる。

でも、ルーズベルトは手が出せない。一九四〇年の大統領選挙で異例の三選を果たしたものの、大々的に掲げた選挙公約がヨーロッパの戦争への不介入。アメリカからは手が出せない。なんとか向こうから手を出させようと、ルーズベルトはしつこくドイツを挑発する。英国向け武器輸送船をアメリカ艦船が艦隊編成で護衛したり、Uボートを見つけ次第攻撃せよと命令を出したり・・・。それでもヒトラーは挑発に乗らない。そりゃそうだ、第一次世界大戦で、同じ方法でアメリカに痛い目にあわせられてるんだから。

同時に挑発の対象にされた日本。すでに、石油を干し上げる手は打った。あとは和平交渉と銘打って戦争準備を整え、整ったところで絶望を与えれば手配は完了。その絶望がハルノート。『ルーズベルトの開戦責任』の著者はハルノート手交から引き起こされる事態を想定するのは難しくないと、次の三点をあげている。
  1. どのような政権であれ、ハル・ノートを受け入れればその政権は崩壊する。
  2. ハル・ノートに示された過激な要求で、太平洋地域の和平の維持を目指す日米間の会談はもはや望めない。
  3. ハル・ノートを受けた日本は、もはや宣戦布告なくして対米戦争をいつはじめてもおかしくない。

そしておまけに言えば、ハル・ノートという最後通牒が日本側に手渡されたことは、米国民にも、米議会にも、米軍各方面にも伝えられていなかった。

だからと言って、日本が、ルーズベルトが想定するような方法で反応する必要は何一つないんだけどね。



    

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事