めんどくせぇことばかり 真実の朝鮮史【663-1868】 宮脇淳子 倉山満
FC2ブログ

真実の朝鮮史【663-1868】 宮脇淳子 倉山満

えっと・・・、この本は、二〇一四年七月八日刊行の『真実の朝鮮史[1868~2014]』の続編。続編だけど扱っている時代は白村江の戦いから明治維新までの[六六三~一八六八]。時代を考えればこちらが前編で、あちらが続編。どちらにしても、♫ 二人そろってヤンマーだ、君と僕とでヤンマーだ ♫。

前作に続いて対談モノ。もちろんコンビも同じ、宮脇淳子さんと倉山満さん。二人とも、嫌韓ブームを“嘆かわしい”という。でも、韓国たたきに躍起になってる人までこの本を手にしているだろう。何が違うのか。この本の題名は『朝鮮史の真実』だけど、二人が語ってるのは日本のことだよね。
真実の朝鮮史【663-1868】 宮脇淳子 倉山満真実の朝鮮史【663-1868】 宮脇淳子 倉山満
(2014/08/09)
宮脇淳子、倉山満 他

商品詳細を見る
今度は白村江の戦いから明治維新期まで
第一章  白村江の戦い~後三国時代[663~936]
第二章  高麗時代[918~1392]
第三章  李氏朝鮮時代~明治維新[1392~1868]
第四章  歴史学の闇と真実

敗戦国民たる日本は、領土を踏みにじられ、犯され、首都東京上空さえ日本人の自由にはならない。男は玉を抜かれ、女は慰み者にされた。そこまでされてなお、戦勝者の前に跪いて命乞いをし、自らを蔑んで今日まで過ごした。歴史はどこまでもさかのぼってくつがえされ、今やくつがえされたことまで忘れてしまった。

面白い現象だよね。先に玉を抜かれたもん勝ち、犯られたもん勝ち。命乞いしたもん勝ち。先に蔑んだもん勝ち。進んで歴史をくつがえしたもん勝ち。・・・ほら、ねっ、玉抜かれちゃってるから・・・

各章の中から、そんな小題を拾ってみましょう。結構あるよ。
“半島に朝鮮人のネイションはあったか”
“高麗は何人の国か”
“高麗は時間を稼いでくれたのか”
“高麗の武臣政権と鎌倉幕府の違い”
“神風は吹かなかった!?”
“文永の役は激戦だった”
“日本の防衛体制”
“高麗人の態度”
“幻の第三次元寇”
“鎌倉幕府は元寇のために滅んだ?”
“朝鮮による対馬出兵”
“倭館貿易の実態”
“朝鮮出兵に見る日本の強さ”
“弱すぎた朝鮮軍”
“朝鮮通信使は泥棒?”
“英祖が名君?”
“朝鮮では『仁』のドラマが成立しない”
“鎌倉幕府が「いい国つくろう」ではなくなった理由”
“欧米崇拝と自虐”
“琉球をめぐる日本史学会の状況”
“中国に乗っ取られている東洋史学会の闇”
“日本の自虐は世界の不幸”。

ん~、いかがなもんでしょう。こんなところを見てみると、『真実の朝鮮史』とはいいながら、この本で語られているところは、日本の問題だということに気づいてもらえるだろう。それにしても、ひどいもんだね。・・・絶望しちゃいけないけどさ。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事