めんどくせぇことばかり 丙子胡乱(覚書)『真実の朝鮮史【663-1868】』 宮脇淳子 倉山満
FC2ブログ

丙子胡乱(覚書)『真実の朝鮮史【663-1868】』 宮脇淳子 倉山満

朝鮮人は、儒教思想にもとづいて、勝手に相手を見下げて差別するんだよなぁ。しかも、そんな意識を持ちながら、強い力を持つものを“事大”するから余計に嫌らしい。李氏朝鮮時代、大陸では明が滅んで清が興る。

清がまだ後金と名のっていた頃、ホンタイジが即位した頃だな、彼は朝鮮に侵攻した。丁卯胡乱という。後金にすれば背後を叩いておくのは当然。朝鮮は、“胡”と見下していた後金と兄弟の関係を結ぶ。もちろん弱い朝鮮が弟。とは 言え、すでにこの段階で朝鮮は、明を“弱い”と見捨てた。
一六三六年、ホンタイジは皇帝となり、大清と国号を定めて朝鮮に臣属しての朝貢を求めた。“胡”への臣属を拒否した朝鮮は清軍の侵攻を受けた。丙子胡乱という。翌一六三七年、十六代国王仁祖は、漢江南岸の三田渡にある清軍陣営に出向き、清に対する降伏の礼をとった。三跪九叩頭の礼である。三跪九叩頭

真実の朝鮮史【663-1868】 宮脇淳子 倉山満真実の朝鮮史【663-1868】 宮脇淳子 倉山満
(2014/08/09)
宮脇淳子、倉山満 他

商品詳細を見る
今度は白村江の戦いから明治維新期まで
こういういきさつなんですね。以後、清の使者を迎えるときに国王みずからが迎恩門まで出迎えて、三跪九叩頭の礼で迎える。そして、日清戦争に日本が勝ったことで朝鮮は清の軛から独立し、迎恩門にかわって独立門が建てられた。おめでたい方々は、その独立門を日本からの独立を祝うものと思っているという。・・・え~? うそ~❢ ・・・嘘でもないらしい。独立門
三田渡ここまでは、この間も利用した過去記事の内容と大差ない。でもね、知らなかったことがあるの、この本に書いてあったんだけど、この丙子胡乱後の、三田渡におけるできごとについて、清朝は“三田渡碑”、正式名称を“大清皇帝功徳碑”という石碑を建てさせてるんだな。これは知らなかった。まあ、朝鮮側にすれば屈辱碑に他ならないわけだから、迎恩門と一緒に引き倒して埋めちゃったらしい。んで、日韓併合後の一九一三年に掘り出され、一九四五年の光復後に李承晩の命令でまた埋めちゃった。そんなことがあったのち、一九五七年に国指定史跡に指定されたって。今あるのは復元だそうです。なんでも一九六三年の洪水で流れたそうです。国指定史跡が・・・? 復元後も韓国人に落書きされて、また修復されて・・・、洪水の時、もしかして、わざと流しちゃったんじゃないの。

大清皇帝功徳碑 大意
  • 愚かな朝鮮王は、偉大な清国皇帝に逆らった。
  • 清国皇帝は愚かな朝鮮王をたしなめ、己の大罪を諭してやった。
  • 良心に目覚めた朝鮮王は自分の愚かさを猛省し、偉大な清国皇帝の臣下になることを誓った。
  • 我が朝鮮はこの清国皇帝の功徳を永遠に忘れず、また清国に逆らった愚かな罪を反省するために、この石碑を建てることにする。



 

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事