めんどくせぇことばかり 明日は秩父夜祭り
FC2ブログ

明日は秩父夜祭り

毎年おんなじ内容ですが・・・
12月3日は秩父夜祭りです。
お祭り1秩父の生まれです。もう秩父を出てから34年が過ぎました。それでもいまだにこの時期になると、なんというのか、居ても立ってもいられない気持ちを持て余します。そんなに遠くに住んでるわけではないので、仕事が終わってから駆けつけたこともあるのですが。ふるさとの祭りって、そんなもんですよね。
かつて秩父は“お蚕”に食わせてもらってる山里でした。秩父銘仙と呼ばれた絹の市に合わせて行われたのが、お祭りの始まりだそうです。養蚕が盛んなところほど、他には何もない証拠。時代の移り変わりで“絹”がすたれると、秩父はただの山里です。
そんな秩父を支えたのが武甲山です。全山、石灰岩からなるこの山は、我が身を削って秩父を支えました。12月3日の夜、この山の神である龍神が秩父神社に祀られる妙見様に逢いに山から降りてきます。逢瀬の場所が御旅所と呼ばれる秩父公園の玄武石の上。お祭り3
各町から出張った六台の屋台は、ここ御旅所に集結して二柱の逢瀬をお祝い申し上げるのです。
秩父夜祭り最大の見所は、これら屋台が御旅所への最後の難関、急な団子坂を引き上げられる場面です。折しも無数の花火が冬の夜空を焦がします。
お祭り4ギーィギーィと縦材、横材を軋ませる屋台の中から聞こえる屋台囃子というエンジン音が、引き手や観客の腹に直接振動を響かせます。五台が団子坂を登り、最後を飾るのが本町屋台。団子坂の急斜面で、本町屋台が斜めにかしぐとき、秩父の子らは呼吸さえ忘れて熱狂に取り込まれていくのです。
残念ながら、はじめて夜祭を訪れる方がこの場面を見ることはできないと思います。幾つかの方法がありますが、地元の人間の意見を参考に、念入りな準備をした上で望む必要があります。無理をなされば、怪我では済まなくなりかねません。
お祭り5はじめての方、それも昼間訪れていただける方にお勧めな場所があります。秩父駅を降りて目前のロータリーを抜け、30mほど行った交差点です。3日の11時、この交差点を下郷の屋台が通過します。秩父駅を背中に交差点から北の方角に真っ直ぐな道が続いています。六台の屋台を持つ在の中でも下郷は一番遠く、この真っ直ぐな道の向こうから秩父公園橋を越えて、下郷の屋台がエッチラオッチラ時間をかけてやってきます。貧しい山里に一年を過ごした在の人々が、待ちに待ったお祭りに、逸る気持ちを抑えながら、自慢の屋台とともに坂を登ってこの交差点にやってきます。
私はこのお祭りを象徴する場面の一つだと思っています。五年ほどこの場面を見ておりませんが、だんだん人に知られて集まる人も増える傾向にありました。混んでいるようでしたら、気をつけてご観覧下さい。
この場面を見たら、屋台について秩父神社に行くといいでしょう。この間、宮地や他の町の屋台も見られるでしょうし、神社の境内では当番の町の屋台が舞台を広げて田舎歌舞伎を奉納している様子を見られるかも知れません。正面の番場通りあたりでしけこんで、一杯やりながら通りを見れば、お祭りを楽しんでいただけると思いますよ。
お祭り6 おまつり7
おみやげは秩父駅に併設された“地場産センター”に売ってる「豚の味噌漬け」なんかいかがでしょう。500円のやつ。近所にお配りしても喜ばれてますよ。

どこからでも見えます。武甲山。山肌は削られて、無残な姿を晒しています。でも、神の山なのです。秩父を救ってくれた秩父人の誇りです。この山を馬鹿にする人には来ていただきたくはありません。
お祭り8武甲山1 
秩父はもう冬。とても寒いです。どうぞ、暖かくしておでかけ下さい。


   

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

へ~ッ!
秩父でやんしたか
友人に(本人かもしれない)
長瀞で生まれ育ち
本郷(東京都文京区)で会社を興し
晩年は長瀞で『読経』に明け暮れ
生涯を閉じた人がおりました
彼はいまだに私の
夢枕に立ちます・・・・
秩父はもとより
野火止はいい
ぬし様にも知らずのうちに
どこぞですれ違っているやもしれません



平林寺あたりで・・・?
また、あした・・・・。

埼玉(さきたま)ウナ さま

そうですね。
きっとすれ違っていますよ。
そう考えたほうが、・・・楽しい。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事