めんどくせぇことばかり “漢字ハングル混じり文”は難しい?
FC2ブログ

“漢字ハングル混じり文”は難しい?

かんこく・にゅーしすの5かづけほうどうによると、がいこくじんはおろか、かんこくじんにとってもかんじまじりのはんぐるはむずかしいという。はんぐるのせんもんかのあいだでもいけんがくいちがい、かんじとハングルのこんようについてさんぴりょうろんがある。かんこくごぶんせいさくせいじょうかすいしんかいじむきょくのぱくきょくちょうは「はんぐるをただしくしようするにはかんじがひつようだ。とくにがくじゅつようごの90%いじょうはかんじごであり、かんじごをますたーしなければ、がくじゅつようごのりかいやこうりゅうはできない」という。

かんこくこくりつこくごいんは2010ねんにはっぴょうした「すうじではんぐるをぶんせきする」というぶんしょうではんぐるじてんにしゅうろくされていた51まんいじょうのごいでかんじごは58.5%をしめ、はんぐるこゆうごのわりあいは25.5%にすぎないという。

タハーめんどくせぇ~    なんて書いてあるかって言うと、・・・
新華ニュース 2014/12/05
漢字混じりのハングルは韓国人にとっても難しい-韓国メディア
http://www.xinhuaxia.jp/social/54508
(全文)
韓国・ニューシスの5日付報道によると、外国人はおろか、韓国人にとっても漢字混じりのハングルは難しいという。ハングルの専門家の間でも意見が食い違い、漢字とハングルの混用について賛否両論がある。韓国語文政策正常化推進会事務局のパク局長は「ハングルを正しく使用するには漢字が必要だ。特に学術用語の90%以上は漢字語であり、漢字語をマスターしなければ、学術用語の理解や交流はできない」という。

 韓国国立国語院は2010年に発表した「数字でハングルを分析する」という文章で、ハングル辞典に収録されていた51万以上の語彙で漢字語は58.5%を占め、ハングル固有語の割合は25.5%に過ぎないという。

って、書いてあります。なんだか、とっても落ち着きますね。韓国人って、いつも上の文だけでものを理解しようとしているわけですね。それはそれで、・・・なんだかすごい気もするけど、・・・やっぱり馬鹿馬鹿しいね。

今では、「北京」は支那風に「ペイジン」と発音しているという。かつては漢字の韓国語読みで「プッキョン」と発音したという。でも、漢字を廃止してからの年月を考えれば、おそらく漢字の韓国語読み自体が消滅しかかったいる状態だろう。かりに漢字を復活させるとしても、かんじのかんこくごよみをふくめて復活させることは、もうできないだろう。そんなことしたら、まあ、教育の成果に委ねるにしたって、かなり長期間にわたって世代間の意思疎通ができないことになりかねない。

馬鹿な真似したもんだね。よそさまの国のことだから、なんだかんだ言うつもりはないんだけど、それも《反日》が原因だって言うんだもんね。
1948年 ハングル専用法 
「公文書は、ハングルで書く。ただし、当面の間、漢字を括弧に入れて使用することが出来る。」

朴正煕時代(1968-1972)
学校教育から漢字教育を追放、マスメディアにもハングルのみの表記を強く要求、漢字排斥政策を進める。

1990年代後半
一部に漢字存続の主張が強まる。

1998年
漢字教育振興会が発展的に解消,全国漢字教育推進総連合会が結成。

2005年 国語基本法
「公文書ハングル専用」は同法に受け継がれる。

2009年 首相経験者が連名で小学校からの漢字教育義務づけを建議。
なんだか、韓国政府が二〇一八年から漢字教育を復活させるという決定をしたという情報が、ウィキペディアはじめ一部にあるんだけど、これは一体・・・? もし本当なら、一時的にはものすごい混乱が生じるだろうな。将来的にはおめでたい決定だとは思うけどね。
(漢字復活論http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%A2%E5%AD%97%E5%BE%A9%E6%B4%BB%E8%AB%96
大韓商工会議所とかが主催する漢字検定受験者も増えているという。
2007年4,457人
2009年56,391人
就職試験に漢字を課したり、漢字能力検定試験合格者を優遇する企業が増えてきているという状況が背景にあるようで、ウィキペディアの出どころの発揮しない情報も、そうあってほしいという思いが込められたものかもしれないね。

ハングルの奨励、漢字の追放は、朝鮮が日本だった時代、併合時代に変容した韓国語から日本語を、さらには日本語の気配を一掃するために行われたことだという。この「日本隠し」は、韓国の近代は日本によってもたらされたものであることを隠すという効果を持つ。そしてそれは、人々からの支持をえる一番確実な方法だった。確かに歴代韓国政権は、当初は日韓の未来志向というようなスローガンを掲げるものの、支持率を落とした政権末期、必ず得意の反日を持ち出し、実際にそれによって支持率を回復する。朴槿恵に至っては、それが就任早々に行われた。同じことが言語教育の分野でも繰り返されているわけだ。

戦後の日韓関係は、すべてが「日帝による強奪」から始まっている。万事そうである。『韓国が漢字を復活できない理由』 を書いた豊田有恒はこう言う。 「現在の反日は、彼らが観念的に作り上げた、いわばヴァーチャルな日本人を念頭に置いたものである。悪逆非道、残忍無比な日本人を想定して、その架空の日本人像に対して、さらに反感を募らせているのである。」まさしくその通りだろう。さらにヴァーチャルな日本人像で日本統治時代を再構成し、現在の韓国人の観念に適合する歴史観を作り上げ、そこに生まれる怒りがさらに彼らを反日に駆り立てるのだ。まさに“反日の拡大再生産”である。

漢字が復活するということは、韓国人が《韓国の近代は日本によってもたらされたものである》という事実と向き合うということにつながる。はたして韓国人が、その事実と正面から向き合えるか。なんて心配はいらないだろうな。それならそれで、それなりの歴史に作り変えることに、彼らは少しも躊躇することはないだろうからね。・・・あ~あ

ちなみに、『ハングル固有語の割合が25.5%』っていうのも多分間違いだと思うよ。



    

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

関連記事

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

作る創る造る做・・・尽くる

お早うございます
いつものブログアップに感謝いたします
日教組の教育の根底には
日本人を「引きずり下ろす」があります
沢山の文字、言葉を憶え
思考を磨かなければ
人は成長しません
『その』競争に於いては
彼らは明らかに不利です
そこで日本人を
「自分たちと同じレベルに」にでアリマス
語彙が少なければ
テストも簡単になりますから
二十代三十代になっても
見ている方が
恥ずかしくなる大人が増えました
未熟で幼稚な人たちです
漢字の使用を止めるという
暴挙に彼らは出ました
思考がどんどん減らされたのです
その先に有るものは
『永遠のゼロ』かも知れません

ウナ さま

若い先生たちは文科省の指導のもとにいろいろな研修を受けてきます。
研修のもとは東大はじめ、有名大学の教育系の先生みたいな人ね。
ちょっと前なら“ディベート”、今はやりなのが“学び合い”。
めんどくさいったらありゃしない。

生徒さんはいい面の皮。

勉強しろ❢❢
で、何が不足なんだか?

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事