めんどくせぇことばかり おらが方じゃこうだよ 『地獄極楽 絵本』 諸橋精光

おらが方じゃこうだよ 『地獄極楽 絵本』 諸橋精光

嬉しい事がいっぱいあることはとてもいいことで、小さなことでも嬉しいって思えることはそうじゃない人より嬉しさの総量は大きくなる。じゃあ、こわいことは・・・、こわいことがいっぱいあることは、逆に悪いこと?

闇、・・・子供の頃にはたくさんあった闇。闇こそがこわさの象徴だった。悪いことをして、真っ暗な夜の小屋に放り込まれたことがあった。・・・あんなこわさ、あの時以来経験していない。
嘘をつくと舌を抜かれる。悪いことをすると地獄に堕ちる。それが子供の頃の真実だった。それは、悪いことをすればいつか自分に返ってくるなんて言う歯の浮いた教訓とは違う、もっと生々しい恐怖だった。でも、その場その場の言い逃れのために私は嘘をついて、その分ちゃんとした人にならなきゃと思った。
山姥 河童 夜叉 夜叉1

土葬をしてたんだよね。そんなにきちんと覚えてるわけじゃないんだけど・・・。しばらくすると棺桶が腐って、そこの土が陥没して、その頃になったらもう一度掘り返して、遺体を埋葬し直すんじゃなかったかな。

そんな墓に肝試しに行くんだ。両側から樹木が覆いかぶさるように茂った細い道を通ってさ。子供の頃の私の故郷は、まだまだ街灯なんてなくてさ。ろうそく一本持って、順番に石をおいてくる。次のやつが持ってくる。本当に怖かった。そんなときに限って、どっかから念仏が聞こえてくるんだ。
最近のうちの方の葬式では、先に遺体は火葬する。葬式はそれから・・・。だから身内は早くから集まって、全部片づくのは遅い時間だな。そうそう、お経が始まって最初のうちは、右のかんむりを頭にまくんだ。死んだ人じゃないよ。身内の人間がさ。
三角
これを見ると、よそから参列した人はみんなびっくりするね。

受付では参列者の目の前で香典の中身確かめるからね。昔からのやり方なんで勘弁してね。焼香だけで帰る人もいるけど、それ以外の人は「ともに立つ」といって、最後の精進落としまでつきあう。精進落としではかなり飲むからね。びっくりしないでね。

『地獄極楽 絵本』 諸橋精光『地獄極楽 絵本』 諸橋精光
(2014/09/11)
諸橋 精光

商品詳細を見る
わがこころの闇のなかにも、ときに光がさすことが・・・


私の故郷、秩父の葬式は厄介でね。まだ終わんないんだ。この後、うちに戻って、またいっぱい飲んで、それから・・・。よく分かんないんだけど、信心深そうなおばさんを中心にして始まるのが、“念仏”。よく分かんないんだけどね。あの世に向かう亡者となった故人は、途中、のどが渇いて渇いて大変なんだとか。その故人のために、念仏を唱えながら、水を組んでは故人に供え、すぐ次の人に変わって、コップの水を切って、また供え直すんだ。

これがさぁ。終わらないんだ。なんでも昔は夜通しやってたとか。あの世に行った故人を思ってみんなで夜通し水を汲んだんだって。死んでも、まだ身近に感じていたんだな。

不動・釈迦・文殊・普賢・地蔵・弥勒・薬師・観音・勢至・阿弥陀・阿閦・大日・虚空蔵・南無阿弥陀仏・南無阿弥陀



にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい