めんどくせぇことばかり 薩長同盟(覚書)『逆説の日本史 21』 井沢元彦
FC2ブログ

薩長同盟(覚書)『逆説の日本史 21』 井沢元彦

一、もし長州征伐が実行されたら、薩摩は二千の兵を京大坂方面へ出兵し在京の兵と合流、大坂にも一千の兵 を残し、京大坂周辺を固めて幕府軍を牽制する。

一、戦いが長州の勝利に終われば、薩摩は朝廷工作を行い、長州の冤罪を晴らすために尽力する。

一、万一長州が敗れた時も、一年や半年は持ちこたえるだろうから、この間薩摩は長州の冤罪を晴らすために 尽力する。

一、また幕府軍が撤退したら、それで満足せず、薩摩はやはり長州の冤罪を晴らすため朝廷工作に尽力する。

一、もし橋会桑が兵力を増強し朝廷を担ぎあげて薩摩の工作を妨害するような動きを見せた時は、薩摩は武力 でこれを阻止する。

一、このような流れの中で長州の冤罪が晴らされた時は、薩摩長州は心を合わせ、天皇を中心とした日本国成 立のために尽力する。

こうして読んでみると、やっぱり変ね。なんだか、くどくどしててさ。笑っちゃうよね。このくどくどしさは、滅亡寸前まで追い込まれた長州の、なかでも藩を支えた桂小五郎のくどくどしさだよね。事実、薩摩にしてみれば、この時の長州と結ぶことにどれだけの実利があったか。かえって危ないよね。だからこそ、合意文書を残さなかったんだろうな。

薩長同盟といわれるこの文書。実は両者の合意で文書化されたものではない。この同盟に、文書の取り交わしはない。そのことに不安を感じた弱い立場の長州藩士桂小五郎が、立会人の坂本龍馬に合意内容を書いた文書を送り、保証人としての裏書を求めたものだそうだ。

《一、・・・・》という書き方に、桂が西郷に、「こういう場合は・・・、ならこういう場合は・・・・」と、一々確認をとった様子がそのまま条文化されているのが、“ようっく”分かるよね。“薩長連合”のくどくどしさって、そのまま滅亡を目の前にした長州の、ようやく存続の明かりを目にした桂小五郎の、涙ぐましさの現れなんだよね。

雄藩の、薩長の連合しか次の時代への扉は開けられない。勝海舟は、そう西郷を説得したそうだけど、かりに保険の一つだったとしても、恐ろしいまでの慧眼だね。その勝の言葉に耳を傾けた西郷もすごいけどね。
『逆説の日本史 21』 井沢元彦『逆説の日本史 21』 井沢元彦
(2014/10/24)
井沢 元彦

商品詳細を見る
ー幕末年代史編4 高杉晋作と維新回天の謎ー

私なんかじゃ、まずダメだね。この間も書いたけど、私じゃ長州を受け入れられない。この時代の長州の狂気。その“物狂い”を尊ぶ姿勢は事実、後の日本を未曾有の惨禍にさらすことにつながるものと、私は思っている。でもそれが、この幕末と後に呼ばれる時期においては、まったくの不可能を可能にする奇跡を産んだ。いわば、劇薬中の劇薬で、通常使うべきものじゃない。副作用も激しく、重度の後遺症にも苦しめられる。だけど、そんだけの劇薬だからこそ、あの困難を乗り越えられたのか?

後の時代から考えて、・・・やむを得なかったと・・・、そういうのは簡単な事だけど、私はやっぱり、多くの人材が志半ばで死んでいったことがこの時代最大の悲劇であったことは間違いないと思う。為すべくしてそうなったという人もいるけど、それだって人材あればこその話。

上記の同盟においても、みずから招いた“朝敵”の汚名を、冤罪と読んではばからない態度。桂小五郎にしてこうだ。やっぱり駄目だ。私にはどうしても受け入れられない。

幕府による、そして攘夷派による人材のすり潰しは、あんまりにも馬鹿馬鹿しいものだったと思う。すごい連中はあらかた死んでしまって、そして迎えた明治維新。その行き着く先はいったい何だったんだろう。



    


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事