めんどくせぇことばかり 日本叩き(覚書)『変見自在 プーチンよ、悪は米国に学べ』 髙山正之
FC2ブログ

日本叩き(覚書)『変見自在 プーチンよ、悪は米国に学べ』 髙山正之

SankeiBiz 12月5日(金)8時15分配信
タカタを厳しく批判「まるで散弾銃だ」 エアバッグ問題で米公聴会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141204-00000002-fsi-bus_all

産経新聞 12月5日(金)21時39分配信
タカタ製エアバッグ問題、自動車メーカー「日本たたき」に危機感 “予防”リコール続々
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141205-00000571-san-bus_all

現代ビジネス 12月8日(月)6時2分配信
全国に100万台以上!持ち主が知らずに乗っている これが「タカタ殺人エアバッグ」搭載の全車種だ ホンダ トヨタ 日産 マツダ スバル BMWほか
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141208-00041358-gendaibiz-bus_all

NEWS ポストセブン 12月10日(水)7時6分配信
タカタショック拡大「このままではTPP交渉に影響も」と識者
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141210-00000001-pseven-bus_all

産経新聞 12月11日(木)10時5分配信
「何人死者が出れば…」米公聴会紛糾 タカタ、ソニーの教訓生かせず
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141210-00000534-san-bus_all

『変見自在 プーチンよ、悪は米国に学べ』 髙山正之『変見自在 プーチンよ、悪は米国に学べ』 髙山正之
(2014/09/18)
高山 正之

商品詳細を見る
ー目からウロコの世界仰天裏面史ー

ああ、腹の立つ。腹が立つので第一章の“一節”を、長くなるけど、そのままご紹介します。ごめんなさい。
「水に落ちた犬を叩く」ルーツは米国だった

 米政府機関の雇用機会均等委員会(EEOC)がイリノイの三菱自工について記者会見する。それも地元シカゴのほかニューヨークとワシントンでもやると報道機関に連絡があった。96年のことだ。
 アカデミー賞の発表だってロサンゼルスとニューヨークでしかやらない。この力の入れようは何なのか、当の三菱も興味津々だった。
 シカゴではEEOC副委員長で日系のポール・イガサキが会見した。大統領の指名を受けて連邦議会が承認する認証官。とても偉い人だ。
 純日本人顔のポールはのっけに「三菱の工場では男性従業員が同僚の女性の乳房を揉み、股間をまさぐる」「被害は700人の女性従業員全てに及ぶ」と驚くべき事態を明かした。
 国内に性の奴隷工場があったと聞いて米市民は驚く。でも一番びっくりしたのは当の三菱だった。
 レーガンに「なんとか雇用創出を」と頼まれ、州政府は税を優遇します、働き手は英語が話せ、高い能力を持っていますと保証した。
 いざ来てみたら「税の優遇?聞いてないなあ」。従業員は全米自動車労組に染まって、まるで日本の国鉄労組。汚い、働かない。
 そんな連中を何とかまともにし、企業の人気も上がって、前年は大学教授が組立ライン工に応募してきたりもした。でも彼らが陰でそんな悪さをしていたなんて。
 米政府が保証した「いい人材提供」は嘘でした。申し訳ないとポールが謝罪会見をしたのかと思った。
 しかし次の彼の言葉に三菱はもっと仰天した。「女性従業員が三菱に改善を求めると解雇され、男性にはもっとセクハラをやれと促した」「背景には日本の女性蔑視の風土がある。ゆえに米政府が集団訴訟を起こす」。
 なんで「ゆえに」かというと、ある企業に「黒人を昇進させない」秘密の方針(policy)があったとき、その企業の黒人全員が参加できる集団訴訟が起こせる。
 「女を人とみなさない日本人」(ワシントン・ポスト)経営の「三菱には女性蔑視のポリシーがある」という意味なのだ。
 日本人は悪い冗談かと思う。が、米紙はここぞとばかり「米国女性を性の奴隷扱いさせるな」「日本ではセクハラ自由」と偏見まみれの嘘を並べた。
 三菱は反論した。みんなでセクハラしたなんて身に覚えのない嫌疑をかけられた従業員たち2600人もシカゴのポール・イガサキの事務所前で抗議のデモをした。企業労働者が企業のために立ち上がる。米国では聞いたことがない光景が展開された。
 しかし事態は逆に悪化する。米紙がそろって黄色い日本人が不遜にも米政府に盾突き、やらせデモまで演出したと嘘で応じた。
 パトリシア・シュローダーら女性議員も示しあわせたように三菱の不買運動を宣言し、人種偏見と闘っているはずのジェシー・ジャクソンも日本叩きに回った。
 米政府と議会と新聞が結託して嘘を捏ねる。この間、日本の特派員は米国に媚びて一切の批判報道を手控えれば、外交官も日米友好に傷がつくかといって見ないふりを決め込んだ。知日で稼ぐジェラルド・カーチスらも祖国の汚さを晒してまで日本に義理立てする気などさらさらなかった。
 かくて三菱は膝を屈してポールに50億円を払った。これに続き黒人が就職できなかったと人種差別で三菱を訴えて10億円を取った。
 不採用になった身障者も同じく因縁をつけて訴え、同額を強請り取った。「水に落ちた犬を叩け」は実は米国が発祥だった。
 ポールも仕組みの一部だったことが後に分かる。「日本は女性蔑視」という人種偏見に立つ訴訟で、白人が糾弾に立てば確実に「痛い腹」を探られる。
 だから日本人面のポールに日本を告発させれば誤魔化せると読んでクリントンが指名した。前歴は日系市民連合(JACL)代表。半世紀前にマンザナに日系人を強制収容するとき裏切って米政府に協力した団体だ。裏切り者は何度でも裏切るところに目をつけられた。
 つまり議会も新聞も抱き込んだ三菱訴訟の企みはクリントンが彼を指名した2年前から準備していた。
 日本がTPPに参加するという。その前にまず米国の素行を知る努力がいる。
本書P17~P20

クリントンに続いて、今度はオバマだ。またしても民主党政権だね。タカタ製エアバックの問題を背景にして、またもワシントン・ポストだの、NYタイムズだのが日本叩きに余念がない。
産経ニュース 2014.12.10
日本、歴史修正とまた批判 米紙
http://www.sankei.com/world/news/141210/wor1412100014-n1.html
YOMIURI ONLINE 2014,12,05
「日本の右派、歴史を粉飾」NYタイムズが批判
http://www.yomiuri.co.jp/world/20141205-OYT1T50039.html
自分の利益には、果てしなく目がない彼ら。底流では間違いなくつながっているんだろう。この流れ、やがて大河となって、そのままTPPに流れこんでいく。『アメリカ人を見たら*****と思え』とは言いません。だけど、彼らは『日本人を見たら金づると思え』と考えている。・・・心しておきましょう。


    

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事