めんどくせぇことばかり 『ゆとり世代の愛国心』 税所篤快

『ゆとり世代の愛国心』 税所篤快

なんとなく“世代”っていうのをひとくくりにして、どうのこうの言いたがる人はたしかにいる。ときには的を射ている場合もある。でもそうじゃない場合もある。なにかと自分の属する“世代”が否定的にとらえられれば、その“世代”に属する者としては、やっぱりどうのこうのと言いたくもなる。この本もそんな“どうのこうの”から始まっている。

『上の世代から「内向き」、「草食系」、「コミュ力が低い」、「打たれ弱い」など、あらゆる悪口を言われてきた』ってあるけど、そんなことを言われてたのか、かわいそうに。でも、「草食系」以外の悪口は、そっくりそのまま“ゆとり世代”の父親である私にも当てはまる。

土台、“世代”なんてくくるは、どうのこうのと難癖をつけようと思ってのこと。人の悪口を言っている間だけは、自分の弱みを攻撃されることはないとか思ってるんだろう。まあ、気にしなさんな。

って、前置きしておいて、あえて“ゆとり世代は”・・・。そんな私の言うことを聞いてくれる?


『ゆとり世代の愛国心』 税所篤快『ゆとり世代の愛国心』 税所篤快
(2014/10/03)
税所 篤快

商品詳細を見る

ー世界に出て、日本の奇跡が見えてきたー

はじめに  「ゆとり世代」は日本を恨んでいるのか
第1章  僕たちは「ぶざまな大人たち」を見て育った
第2章  世界が僕にくれたホンモノの愛国心
第3章  英語ができないからこそ気づけたこと
第4章  日本の学校では教えてくれなかった世界
第5章  日本はたしかに世界から尊敬されている
第6章  「ゆとり世代」と呼ばれて
第7章  「国ではない」ソマリランドから日本を眺めて
  おわりに  ほんとうにすごいのは日本というシステムだ

すごいな、“ゆとり世代”は 元気に世界を飛び回ってることを言ってるんじゃなくて、そんな人は私たちの世代でもいたしね。なにがすごいって、《愛国心》という題名がすごい。そうか、この“世代”の子たちは《愛国心》という言葉を人前で使うことができるようになったんだなぁ。ほんとうにすごいなぁ。息子にも聞いてみよう。「お前、《愛国心》って言ってみろよ」って。言えるのかなぁ。もし言えたら感動だなぁ。これ、私の世代の奴にやったら、ほとんど拷問に等しいぞ。「ほら、早く言えよ、《愛国心》って言ってみろよ」 きっとそいつは、ひざまづいて私に許しを請うだろう。


これは馬鹿にしてるんじゃない。ほめてるんだ。すごいって。羨ましくもある。愛国心なんて言葉使えなかったんだ。君が代だって、いまだに「国歌」って呼びづらいんだ。歌いづらいんだ。そういう時代だったんだ。あなた方の父や母の世代は・・・。

洪水に浸るバングラデシュの首都ダッカで、日本の都市計画のち密さを・・・
険しい山間部を進むルワンダの路線バスで、日本の新幹線の快適さを・・・
F16戦闘機の飛行音が鳴り響くガザで、日本の平穏さを・・・
貧困にあえぐロマ族を数多く抱えるハンガリーで、日本のセーフティネットの手厚さを・・・
自国通貨が崩壊している国コソボで、円の世界的強さを・・・

そのとき僕は、素直に日本のことを「すごい」と思った。「好き」だと思った。「愛おしい」と思った。・・・これこそがぼくたち平成生まれの、リアルな「愛国心」である。忘れてならないのは、僕たちがこうした想いを抱けるのは、先輩世代の長年にわたる、とてつもない努力と貢献のおかげだということ。そのことを認識し、感謝しないことには、海外で日の丸を背負って活動する資格はないと思っている。

そうか、《愛国心》って、こんな文脈の中で使える言葉だったんだ。この屈託のなさはいったいなんだ。いやいや、これが本当のところか。私たち(私と言うべきか)が、斜に構えすぎていたのか。おそらくそうだろう。本当はそんな必要はなかった。そしてこの屈託のなさこそが、若い人たちの爆発的なまでの強さだろう。

だけど、危なっかしい印象もぬぐえない。屈託がないって感じるのは、自分の感情を素直に表にあらわしているだけかもしれない。日本社会に感じている“壁”、破壊すべき“壁”の本質に対する理解に疑問を感じる。彼は、「豊かな日本を地道に作り上げてきた先輩たちからの遺産」と言いながら、私には、“先輩たち”に対してさえ十分攻撃的に感じられる。もし彼に足りないところがあれば、それは“日本”あるいは“日本人”に対する理解かな。

でも、まあ、このいまどきの若い連中、・・・大丈夫なんじゃないの?人によりけりだろうけどさ・・・。


    

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

国連やNGO、他国による中途半端な「人道介入」が、戦争を終わらせるのでなく、戦争を長引かせる。

無理に停戦させても、紛争の原因たる火種を凍結するだけだ。

本当の平和は、徹底的に戦ったあとでなければ訪れない。
これから出る本










































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本










































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい