めんどくせぇことばかり 環境問題(覚書)『日本人の9割が思い違いをしている問題にあえて白黒つけてみた』 武田邦彦

環境問題(覚書)『日本人の9割が思い違いをしている問題にあえて白黒つけてみた』 武田邦彦

「1ミリシーベルト/年」なら、1億人で5000人が癌になる。20000人に1人だ。「20ミリシーベルト/年」なら、1000人に1人。 「100ミリシーベルト/年」なら、200人に1人が癌になる。
これがICRP(国際放射線防護委員会)の“コンセンサス”だそうだ。武田さんの主張もその線で一貫している。国が「20ミリシーベルト/年」に基準を切り替えたことを不誠実と攻撃する。

武田さんはこの件で、左の本でねじ込まれた。副島さんは、その“誠実さ”が福島を苦しめ、命さえ奪っているとねじ込んだ。

私も基本的に、副島さんの側に立つ。

しかし、武田さんは、この『日本人の9割が思い違いをしている問題にあえて白黒つけてみた』のなかでも、当初の姿勢を変えていなかった。依然として“誠実さ”を貫いておられた。
・・・福島の子どもたちがかわいそうで仕方がないが、本来なら子供を守るために存在する教育委員会や校長先生は「国が20ミリというから20ミリだ」と心配するお母さんにつっけんどんに言う。・・・中には子供の被曝を心配して校長先生に訴えるお母さんをモンスター呼ばわりしているが、1年に800回のレントゲンを受けて心配のあまり学校に駆けつける母は日本人であり、それをモンスター呼ばわりする管理職の方がモンスターであることは間違いない。
本書P166

武田さんのものの考え方が好きで、いろいろなことを参考にさせてもらっている。でもこの件に関しては、やっぱり賛同できない。“誠実さ”ってのも、この件に関しては質が悪い。
『日本人の9割が思い違いをしている問題にあえて白黒つけてみた』 武田邦彦『日本人の9割が思い違いをしている問題にあえて白黒つけてみた』 武田邦彦
(2014/04/14)
武田 邦彦

商品詳細を見る

「常識」とは「真実」ではない


私が武田さんの考え方にハマったのは、やっぱり環境問題から。漠然と感じていた《胡散臭さ》に指針を与えてもらった。とても感謝している。この本の中では、環境問題は6つに分類された章の1つでしかなくて、40ページ弱の紙数しかない。それでもやはり面白い。ちょっと、項目だけあげてみるね。
石油は枯渇しない
自然エネルギーは自然にやさしくない
政府が決めた放射線の安全基準は正しいか?
ゴミが増えると環境は良くなる
トキは絶滅して良い
生物の多様性は守るべきか?
科学は未来を予測できるのか?
《トキは絶滅していい》ってどう? 受け入れられる? 私は、けっこう受け入れられる。最後のトキは名前を「キン」とつけられていた。「キン」を佐渡トキ保護センターに保護するため、唯一なつかれていた宇治金太郎さんが「キン」呼び出す。かわいそうだったなぁ。「キン」が死んで、終わったんだよ。ニッポニア・ニッポンという種の歴史は・・・。


《自然エネルギーは自然にやさしくない》はど真ん中。言葉に出来ない私ですが、武田さんに言葉にされたものを読んで、・・・こんなにも簡単な事だったかと・・・、なんだか自分が情けなくなるような気分。

それにしても、環境問題って、いい子ぶってる分だけ、余計に胡散臭いね。



    




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本
































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい