めんどくせぇことばかり 『日本人の9割が思い違いをしている問題にあえて白黒つけてみた』 武田邦彦
FC2ブログ

『日本人の9割が思い違いをしている問題にあえて白黒つけてみた』 武田邦彦

霞ヶ関の官僚が自分の出世のために1,2年で成果の上がるアドバルーンを考える。少しアイディアが浮かぶと、友人の東大教授や親しい大企業の人と一緒に虎ノ門の近くで研究会をする。・・・このようにしてできた新しい政策はやがてテレビや新聞で発表され、それを聞いた記者は「私はこの方面はとんと素人なので、これはどなたにお聞きすれば教えてくれますか?」と聞く。課長補佐はくだんの研究会に出ていた東大教授を紹介する。・・・やがてこの政策はNHKで繰り返し放映される頃になると、しっかりしたバインドで「空気作り」が行われる。「官僚による政策づくり」⇒「東大教授による権威化」⇒「NHKによる空気化」である。
本書P169~P170

新たにその地位についた者は、前任者のやっていたことを継続しただけでは自分の手柄にならない。必ず違うことをやる。“やる” ということが目的であって、その中身は関係ない。不成功はありあえない。最初から費用対効果は度外視されているのだから。私も、職業がら、そのような仕事を数限りなく見てきた。他人の褌で相撲をとって、埼玉県民の血税を億の単位で湯水のようにつかい、無残な墓標のような施設だけが残される。始めた本人はしっかり出世していったよ。中には小中学生や高校生の生き血をすすって見事に出世していった奴もいる。そんでもって勲章もらった奴もいる。

『日本人の9割が思い違いをしている問題にあえて白黒つけてみた』 武田邦彦『日本人の9割が思い違いをしている問題にあえて白黒つけてみた』 武田邦彦
(2014/04/14)
武田 邦彦

商品詳細を見る

「常識」とは「真実」ではない

第一章  国際社会に白黒つけてみた
中国は「国」ではない
台湾は中国か?中華民国か?
尖閣諸島は日本固有の領土ではない
南京大虐殺の死者は10名
アメリカは親日か?
戦争は負けたほうが良い
第二章  日本経済に白黒つけてみた
増税で財政は再建できるのか
少子化は防ぐべきではない
年金に期待してはいけない
日本の借金は国民の借金ではない
株は危険なギャンブルか?
第三章  健康問題に白黒つけてみた
肥満はからだに悪いのか?
タバコは体に良い
コレステロールは低いほうが良いのか?
人はなぜ死ぬのか?

第四章  人間社会に白黒つけてみた
人に取り柄など必要ない
親子は分かり合えない
絶対的な事実は存在するのか?
人間はサボる生き物だ
パチンコは社会悪か?
日本のプロ野球はプロではない
第五章  男女問題に白黒つけてみた
女性は子供を生むべきか?
男の精力は衰えているのか?
女はなぜ恥じらうのか?
父親はわが子がわかるのか?
結婚という制度は必要か?

第六章  環境問題に白黒つけてみた
石油は枯渇しない
自然エネルギーは自然にやさしくない
政府が決めた放射線の安全基準は正しいか?
ゴミが増えると環境は良くなる
トキは絶滅してもよい
生物の多様性は守るべきか?
科学は未来を予測できるのか?
あえて白黒つけちゃうとめんどくせぇことになっちゃうこともあるけどね、実際。それでもやっぱり、人のふんどしで相撲を取ってはばからない連中には腹が立つな。

それにしても人間って本当に不完全で、あっちにふらふら、こっちにふらふらしながら今の人間になったんだね。第五章なんて爆笑だったよ。《女はなぜ恥じらうのか》なんて、是非読んでみて。面白すぎるよ。本当にめんどくさいね、人間ってさ。

女は性欲を交代させた男をコントロールするために化粧をし、体毛を減らしていった。そのようにしてセックスアピールを高めた女は、それを“隠す”という技術を身につけ、男の性欲を誘導した。隠された魅力を暴こうと誘導される男を更にひきつけるために、女は“恥じらう”ようになったっていうんだからね。本当、めんどくさいね。



    




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

完敗に乾杯!・・?

数行を手繰っただけで
映画「砂の女」が浮かびました
(砂の器ではありません)
時間にして2分くらいです
私にとってのNO1『エロ』です
生涯を通してです
ちなみにエロビデオの一押しタイトルは
『黒くてゴメンネ』でありました
多分ダイアモンド映像社製でした


記憶とは不思議です
いきなり現れますから・・・・・

ウナ さま

あっち目的でたまたま見た『赫い髪の女』には、“あっち”と“こっち”の意味で打ちのめされました。私の妻は、どこか「宮下順子」似です。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事