めんどくせぇことばかり 『人の命は腸が9割』 藤田紘一郎
FC2ブログ

『人の命は腸が9割』 藤田紘一郎

この間読んだ、同じ藤田紘一郎さんの『健康はシモのほうからやってくる』がおもしろかったんで、他の本にも手を出してみた。でも、この人の言ってることって、常識への挑戦だよね。

「石鹸で手を洗っちゃいけません」って・・・、えーっ
「うがい薬でうがいしちゃいけません」って・・・、えーっ


インフルエンザが流行ってる今日この頃、“今時そんなこと言って相手してくれる奴いるの”って思うでしょ。思いますよね。なんたって、近隣の川越では、“インフルエンザ警報”が出されてるとか。誰に聞いたって、外出から帰ったら石鹸で手を洗って、うがい薬でうがい。公共の施設では間違いなく、公共ではなくても結構な頻度で、出入り口に消毒薬が置いてある。

本当にすごいチャレンジャーだな。この本の著者は・・・。

『人の命は腸が9割』 藤田紘一郎『人の命は腸が9割』 藤田紘一郎
(2013/12/07)
藤田 紘一郎

商品詳細を見る
ー大切な腸を病気から守る30の方法ー
1 腸を重んじれば健康長寿を達成できる
2 細菌を排除する生活は、万病を引き寄せる
3 免疫機能の強化は、「ちょいワル菌」を体内に入れることで実現できる
4 感染症や食中毒、アレルギー性疾患は、薬用石鹸やうがい薬をやめれば実現できる
5 キレイになりすぎた体が、クローン病や潰瘍性大腸菌をつくる
6 腸内細菌の減少が、腸に穴が開く「リーキーガット症候群」を増やしている
7 肥満を治せば肝臓がんを防げる。肥満の解消には「食前キャベツ」が効く
8 日本人の腸にはヨーグルトよりも日本の発酵食品が効く
9 日和見菌が太りやすさを決めている
10 がん発生のサイクルは腸内細菌と「笑い」で断ち切れる
11 腸内バランスを整えれば、肉を食べても動脈硬化にはならない
12 糖尿病を防ぐには50歳を過ぎたら、主食と砂糖は食べない
13 サラリーマンよ❢ 下痢止めを飲むのはやめなさい
14 「落ちた食べ物」は寿命を延ばす最高のサプリメント
15 胃が健康な人はピロリ菌を除菌してはならない
16 腸内バランスを整えれば、うつ病にはならない
17 でっかい大便をしていれば、幸福の感受性が高まる
18 下剤は危ない❢ 便秘症には硬度の高い天然水が効く
19 腸内洗浄はやってはいけない❢ “ウォシュレット”は1日1回が限度
20 食物繊維をしっかりとっていれば悪玉菌は毒素を発生しない
21 マーガリン、フライドポテトは脳をボケさせる
22 「色」「香り」「苦み」「辛み」の強い野菜が、がん細胞を消す
23 1日3食にこだわらず、お腹が「グ~ッ」と鳴ってから次の食事をする
24 抗生物質と食品添加物は腸内細菌の数を減らす
25 パソコンやスマートフォンも腸の害に。使用時間はできるだけ短く
26 「たかが水」とあなどるな。毎日の飲料水が長寿の決め手
27 がん予防には「入浴」「深呼吸」「週1回の温泉」
28 「インターバル速歩」「丹田呼吸法」で体に「春」を取り戻す
29 下痢やおう吐は免疫反応の一つ。むやみに恐れてはいけない
30 結果を焦るな❢ 腸内細菌は必ず応えてくれる
 

基本的に、『私たちの身の回りには、免疫力さえしっかりできていれば、さほど怖い菌はいない』という前提なのね。それこそ、O-157であろうとさ。とにかく免疫力を作る。だけど今の私たちの常識は“除菌、除菌”とあまりに菌を遠ざけすぎて、これでは免疫力は期待できない。著者はそう言っているわけだ。

もっと腸に目を向けろと、腸の声を聞けと・・・。


何しろ人間の生命力の9割は腸が作ってくれているっていうんだからね。そして腸にその力を与えてくれているのが、2万種類、1000兆個の腸内細菌。最近たちの活躍の場を整えることが健康長寿への唯一の道。

ところが最近の日本人の潔癖症は一体・・・。

社会学者バリー・グラスナーの「恐怖を煽ることで政治家は有権者に自分を売り込み、テレビやニュース、雑誌は視聴者や読者に自分を売り込み、権利擁護団体は入会を勧誘し、やぶ医者は治療を、弁護士は集団訴訟を、企業は商品を売り込む」という言葉が紹介されている。東大の先生が打ち上げて、売らんがためのコマーシャルに、マスコミが作った世間の常識に踊らされて、無菌天国ができあがりかけてない?

でもね、結局自分の頭で考えないとね。細菌なしに、私たちは生きていけないんだよね。



    






にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事