めんどくせぇことばかり 『日本‐喪失と再起の物語 (上)』デイヴィッド・ピリング

『日本‐喪失と再起の物語 (上)』デイヴィッド・ピリング

著者のデイヴィッド・ピリング氏はフィナンシャル・タイムズの元東京支局長。二〇〇一年から二〇〇八ねんまで日本に滞在していたそうだ。その著者が日本を離れて三年目の三・一一、東日本大震災が日本を襲った。

バブル崩壊後の先の見えない経済的低迷はすでに二十年に達していた。著者も言うように社会の高齢化、高い自殺率、いじめ問題、巨額の財政赤字、エレクトロニクス産業の行き詰まり。そこへ巨大地震。東北地方太平洋側を飲み込んでいく津波。爆発する福島第一発電所施設。その映像は海外でも繰り返し繰り返し放映された。多くの専門家は考えた。

さすがに日本は、もう立ち上がれないだろう。・・・しかし、・・・

あの恐るべき災害で最も大きな被害を受けた沿岸地域の住民は、悲しみを背負いながらも、直後の混乱が収まると、身の回りの片付けを始めた。

著者は、将来に日本がどうあるべきかではなく、現在に日本が自分の目にどう映っているかを書きたかったという。彼にとっての日本は常に適応と進化の過渡期にあり、型にはまった普遍の社会などではないと感じているという。でも、それは当たり前のことで、そうでない社会などない。
「日本人は・・・である」
「日本人なら・・・考える」
そのような論調には抵抗があるという。その上で、「次々と押し寄せる国難に立ち向かい、その都度不屈の精神で乗り越えてきた国民の肖像を描きたい」という。それが、この本になった。
第1部  津波
第1章  津波ー二〇一一年三月一一日、陸前高田
第2章  逆境をバネにするー被災地を歩いて
第2部  「二重に錠のかかった国」
第3章  島国であることの意味ー日本人論の虚実
第4章  「脱亜」への決意ー日本外交のルーツをたずねて
第3部  失われて戻ってきた二〇年
第5章  無限級数のようにー奇跡の戦後復興
第6章  転落の後にー転機としての一九九五年
第4部  ポスト成長神話
第7章  ジャパン・アズ・ナンバースリーー日本衰退論の嘘
第8章  リーゼント頭のサムライー小泉純一郎とその時代


『日本‐喪失と再起の物語 (上)』デイヴィッド・ピリング『日本‐喪失と再起の物語 (上)』デイヴィッド・ピリング
(2014/10/24)
デイヴィッド ピリング

商品詳細を見る
ー黒船、敗戦、そして3・11ー


さすがジャーナリスト。日本を上手に観察して、上手に楽しんでくれてるように思える。目のやりどころは外の方ならではで、日本人の自分では気づけない様々なことに気づかせてもらえて、読んでいてとても楽しかった。

「日本というのはとても異質な国で、絶対に理解することがかなわない国である」という見方は根強いという著者の見解には賛同する。そして、それは日本人自身の中にも同様の頑なさを作り上げてしまっており、自らを特別視してしまう傾向がある。著者は内外からのステレオタイプの日本人観に反論し、その先にある日本の真の姿を描き出そうとしているようだ。その姿勢は極めてフラットなものに思えるんだけど、私はそのフラットさに疑問を感じてしまう。

日本を描き出そうとすれば、その対象となる世界が当然のように広がる。もちろん著者たち、日本をより真実に近く理解しようとする者たちの立っている世界だ。その世界からフラットな目で日本を眺めても、おそらく真の日本は見えない。日本はあまりにも宗教的だからね。でも、著者の立つキリスト教文明圏という世界も、かなり偏った世界であると思えるけどね。

日本人的な・・・、著者はこういう言い方を排除したいと思うかもしれないけど、日本人的な世界観は、かつては世界に広く存在したもんだと思うんだ。でも、ほとんどの地域で、それは捨てられた。それを捨てて、彼らは前に進んだ。でも、捨てたのは彼らの勝手であって、日本人にもそれを捨てろというのは、理不尽だと思うんだ。とりあえず読みはじめてみての印象なんだけど、どうもやっぱり“捨てろ”と言われてるような気がするんだ。

ジョン・ダワーの書いた『敗北を抱きしめて』という本があった。私も読んだ。著者は、外国人の目から見た、戦争や、戦後の日本の歴史を書いた本の中では、これが最も優れていると書いている。んんん~、私はそうは思わない。ヘレン・ミアーズの『アメリカの鏡・日本』。この本の上をいくものは今のところないと思う。

そうそう、著者の歴史認識は不満。これについては、また今度書かせてもらおうっと。




     






にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい