めんどくせぇことばかり シー・シェパードの嫌がらせ❢ 見た?『

シー・シェパードの嫌がらせ❢ 見た?『

24日夕方のニュース番組で、シー・シェパードのエコ・テロリストに嫌がらせされる和歌山県太地町の人々の様子を伝えてた。お気の毒でならない。テキサス親父殿は、『被害を受けているのは日本だけではない。連携を・・・』と、以下のように訴えるが、同時に、太地町の人たちに連帯の意思を届けたい。
産経ニュース 2015/2/24
【テキサス親父に直撃インタビュー】
シー・シェパード「内部分裂している」「被害受けている国は日本だけでない。日本は連携を

http://www.sankei.com/premium/news/150224/prm1502240005-n1.html

法務省のHPに、平成25年度の国民からの意見と、それに対する見解を掲載しているページがある(http://www.moj.go.jp/content/001127527.pdf)。そこにシー・シェパードの活動家の入国を禁止するべきだとの意見がと、それに対する法務省の見解が示されている。ちょっと、ここに紹介するね。
国民の声法務省の見解
平成25年の竹島の日には韓国人のテロリストを,同年夏にはシーシェパードなど日本人の安全や平和を脅かすことがわかりきっているにもかかわらず,彼らを入国させた職員に対しては,給料を減額するか退職させるべきです。彼らを入国させたために,大勢の警察官が警護しなければならないのは,税金の無駄遣いです。 我が国に対し上陸申請をした外国人については,「出入国管理及び難民認定法」で定められた上陸のための条件に適合しているかどうかを審査した上で上陸の許否を決定することになります。
 一般に,入国審査の過程で,上陸申請をした外国人が,我が国において違法行為(例えば,船舶等の器物損壊や立入禁止区域等への不法侵入等)を目的としていることが明らかとなった場合には上陸を拒否することになりますが,違法行為を目的としていることが明らかに認められない場合には,当該外国人の上陸を拒否することは難しい状況にあることを御理解願います。

法務省は、平成25年度の段階では以上のような見解を示し、この“国民の声”も『現時点では対応困難なもの』というくくりに分類されていた。それが、今年の1月8日の報道によれば、シー・シェパードのリーダー格数名の入国が拒否されるようになってきたという。
産経ニュース 2015/1/8
法務省、シー・シェパード活動家の入国を拒否 来日活動家は年100人を突破 法整備の動きも
http://www.sankei.com/world/news/150105/wor1501050004-n1.html

ようやく変わってきたということなんだろうけど、でも依然として嫌がらせは続いてるもんね。もうこれは経済活動だからね。ポール・ワトソンなんか、そのおかげできれいな奥さんまでもらってね。
過去記事で~す

なんでそう人の嫌がること嫌がることをするの。日本人に嫌がることをすると、お金が入ってくるから?

まずSSの連中は、日本人の“捕鯨文化”を攻撃することで、ただそれだけで“寄付金”というお金が入ってくるのだから、むしろ日本人には頑張って捕鯨を続けて欲しいと思ってるでしょ。

クジラ資源枯渇を心配しての捕鯨反対なら、話し合える。過去、現在、未来にわたってクジラ、いやそれだけでなく海産資源をどう管理していくか。国家間でよりよい結論を導きだしていくことは、簡単ではないが、可能で有意義だ。

「クジラがかわいそう。日本人はなんであんな残酷なことを続けるの」という人たちは質が悪い。動物や植物の命とどう向き合ってきたか。食をどう捉えてきたか。自然とどう向き合ってきたか。私たちは、その判断を“神”の一言二言に委ねてきてしまった人たちとは違う。その時、その時、真剣に考え、悩み、今の社会を築いてきた。文化の問題であり、宗教の問題でもある。過去を振り返り、キリスト教社会がクジラにどう対してきたかをよく勉強し、これからのあり方を考えていくべきだ。

作家の山本一力さんが、近作『ジョン・マン 大洋編』の中で、1800年代中期にピークを迎えたアメリカ捕鯨の様子を、“万次郎”の口を借りて嘆いている。ごく短いワンシーンでしかないが、よろしければ読んでいただきたい。


「クジラ云々はともかく、日本人が嫌いだ」という人々。おそらく、決して少ない数ではないと思う。シー・シェパードもいいところに目をつけたと、本当に思う。白人社会のかなり不快そうに潜むであろうその感情に、“捕鯨問題”は、格好の材料を与えたのだ。これで日本を批判する限り、“人種差別”と捉えられて自分が攻撃を受ける心配はないからだ。白人至上社会に風穴を開け、自らは一敗地に塗れたものの、すべての白人帝国を崩壊に導いた日本を、白人社会が簡単に許そうなどとは毛頭思ってはいない。もちろん白人社会でも、良心的な人々の力はどんどん大きなものになっている。そういった人達と手を握ろう。

SSは、今でも白人社会から絶大な支持を受けている。
ボブ・パーカーボブ・パーカー  1967年から20年間、ミス・ユニバース世界大会、ミスUSAの司会、さらに1972年から35年間、『ザ・プライス・イズ・ライト』の司会を務めた。 シー・シェパードの活動に協力し、500万ドルの資金を献金した。
ショーン・コネリー  『007』シリーズの初代ジェームズ・ボンド役で一躍有名となり、その他のアメリカ映画にも多数出演している。
ショーン・コネリー
ショーン・ペンショーン・ペン  2003年公開のクリント・イーストウッド監督作品『ミスティック・リバー』でアカデミー主演男優賞を受賞した。また、2008年公開のハーヴェイ・ミルクを演じた『ミルク』でもアカデミー主演男優賞を受賞。過激な抗議活動で知られる反捕鯨団体シーシェパードを支援している。
ピアース・ブロスナン  1995年に007シリーズ第17作『007 ゴールデンアイ』にジェームズ・ボンド役で主演。 1997年の『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』では、サターン賞主演男優賞を受賞した。2001年から、ユニセフのアイルランド国内大使を努めている。また、非営利環境保護団体シーシェパードを支持している。
ピアース・ブロスナン
他にも、SSの後援者にはシンガーのミック・ジャガーやアンソニー・キーディスらも名を連ねる。SSは、広く白人社会に支えられているのだ。
SSを支える政治家、有名俳優たち 26日から、和歌山で法廷闘争を準備
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120122/erp12012221440006-n1.htm

シー・シェパード支援者の被告、暴行罪を否認 和歌山地裁初公判
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120126/trl12012619300009-n1.htm

上の記事にもある通り、大地町で新しい事態が展開している。SSの一員として大地町に入ったメンバーの一人が、クジラ搬送作業の現場に立ち入ろうと警備の男性の胸を突いたとして暴行罪に問われている。SSは豊富な資金力にものを言わせてこの法廷を戦おうとしてくるだろう。しかし、当たり前の感情を持った人間なら、日本人、欧米人を問わず、これまでSSが太地町の漁民に対してとってきた行動は、最悪の暴力行為としか受け取れないのだが・・・。
2012年の2月の記事なんだけど、なんか、だいぶ頭にきて書いたもの見たい。





    






にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : これからの日本
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本








































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい