めんどくせぇことばかり 『日本人はどう死ぬべきか?』 養老孟司✖隈研吾

『日本人はどう死ぬべきか?』 養老孟司✖隈研吾

このコンビ・・・。前に『日本人はどう住まうべきか?』という本を出している。もちろん読んだ。とても面白かったのは覚えてるんだけど、内容はあんまり良く覚えてない。ブログに書いたかと思って確認したところ、見つからない。・・・アレ-???、書いたような気がしたんだけどな~? 多分たいしたこと言ってたわけでもないんだろう。・・・ごめんなさい。・・・でもさ、内容はよく覚えてないのに、面白かったことだけは覚えてるって、とても良質の本だったんだね。


でも、今度の『日本人はどう死ぬべきか?』 ・・・これはひどい。ひどすぎる。だってね。養老さん担当の第1章で言っちゃってるんですよ。『自分の死を考えてみても、それは無駄の典型ですよ』って。そういう人が《どう死ぬべきか》って本を出しちゃいけないよね。『無駄だ』って、自分で言ってるんだから。

『日本人はどう死ぬべきか?』 養老孟司✖隈研吾『日本人はどう死ぬべきか?』 養老孟司✖隈研吾
(2014/12/11)
養老 孟司、隈 研吾 他

商品詳細を見る
ーどう生きるべきかー
第1章  自分は死んでも困らない
第2章  年をとった男はさすらうべきだ
第3章  『方丈記』から考死生観
第6章  人が死んだ後も残る「舞台」が都市に必要だ

まったく、ポンポン話が飛ぶんだ。めったに《死》について語る部分なんて出ちゃこない。そんでもって、隈さん担当の第6章冒頭に、『話題は四方八方に飛び、どこに「死」の話があるのかと怒られそうですが、その点はどうぞお許し下さい』って謝ってる。まあ、悪いと思ってるみたいだから、いいだろう。許してやろう。・・・おそらく、養老孟司は“あっかんべー” だろうけどな。

それでも、《死》を想定した住宅の話は面白かったな。昔は自宅で葬式を出したからね。私のところもそう。父母、祖父母を死んだ順に並べると、祖父、祖母、母、父と並ぶが、母までは自宅で葬式を出した。たしかにそういうことができる家の構造になってたよね。玄関から居間があって、そこに並んで二部屋をぶち抜いた正面に祭壇を設ける。方丈さまの立派な座布団の後ろに貧相な座布団敷き詰めてね。二部屋に並んで縁側があって、その外に立って手を合わせる人もいたっけ。

母が死んだのは真夏。葬式の日は三十五度を超える日で、暑かったなぁ。方丈さまがビールがぬるいって文句言ってたっけ、生臭坊主が・・・。

今風の住宅じゃ、葬式出せないもんね。マンションなんて、もってのほか。・・・死がどんどん遠ざかっていきますね。・・・本当は、どんどん近づいてきているのにね。馬鹿だよね。

話があっちに行ったり、こっちに行ったりしながらも、養老さん、すごい。何の脈略もなく、唐突に結論が・・・。ほとんど隈さんの『日本人の死生観に見事につながりましたね』っていう合いの手がなければ、読み飛ばしてしまいかねないところ。『うるせぇ、ほかに住むところがないんだよ。しょうがねぇじゃん。火山なんだから時々噴火もするよ。だから俺たち温泉に入れるわけだし』・・・だってさ。

この本、きっとしばらくすると、なにが書かれていたか思い出せなくなるだろうな。でも、とても面白い本だった印象は、ずっと残るに違いない。












にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本
































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい