めんどくせぇことばかり 自衛隊に「好印象」?

自衛隊に「好印象」?

仕事の関係で講演会を主催することになり、私は現役自衛官に講師を依頼することを所属する部署に提案した。反対があれば、正面から穏やかに話し合うつもりだった。時代も変わったもので、取り立てて反対もなく、那覇基地に勤務する知り合いの話をすると、基地に勤務する人の生の声が聞きたいと積極的に賛成する声もあがった。

上層部の了承をとるまでの間にある程度話を進めておくため、知り合いと連絡を取り、自衛隊側の感触をつかんでおいてもらうことにした。

知り合いからはまもなく連絡が来た。上(どのへんまで上なのか不明、・・・司令かな)も乗り気で、前日に自衛隊機で入間基地に飛ばしてくれるとのこと。部署の長に連絡すると大変驚き、喜んでくれていた。・・・まったく私はあまちゃんだった。

上層部から待ったがかかった。この人物、おかしな奴じゃない。「どうしたんだよ」って、怒り口調で聞いたら、・・・どうやら直訴があったらしい。「まだそんなにオープンにしてないのに・・・」って言ったら、私の周辺の人物とのこと。

まったく呆れたね。面と向かっては言わずに汚い手使って人の企画つぶし。あとで直接話した。まあ、組合活動している人だからね。・・・話にはならないよね。だって、「キー」だもん。結局、企画はまったく違う理由で流れた。よくあることだね。

だからこのニュースは嬉しかった。

産経ニュース 2015/3/7
自衛隊に「好印象」92%で過去最高
http://www.sankei.com/politics/news/150307/plt1503070014-n1.html
(抜粋)
自衛隊の印象について「良い」は41・4%で、「どちらかといえば良い」(50・8%)と合わせると92・2%が好印象を持っていることが判明。「どちらかといえば悪い」「悪い」は計4・8%にすぎなかった。

この記事にもあるんだけど、自衛隊の存在目的の項目では《災害派遣》がトップで82.9%なんだよね。意識としては問題はあるけど、事実、それが一番目につく活動になってるからね。本分とは違うけどね。自衛隊1

《侵略された場合、戦いますか》・・・問題はこれだよね。戦わないのかよ。

自衛隊1

伊藤博文は日露戦争に際し、『妻には兵隊のための飯炊きをやらせ、自分自身は一兵卒になる。勲章も爵位も位階も何もかも全部返上して一兵士となって戦って、ロシア兵に一歩も日本の土を踏ませない覚悟である』と語った。(この話、前にどこかで書いた)

「女房や娘が露助に強姦されるんだよ」って、赤尾敏先生が街角でがなってたけど、みんな白い目で見てたけど、・・・みんなそれでも戦わないのかよ。

資料は内閣府の行った世論調査。
http://survey.gov-online.go.jp/h23/h23-bouei/index.html






 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 自衛隊/JSDF
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本








































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい