めんどくせぇことばかり 日・インドネシア共同声明(覚書)『アジアの解放、本当は日本軍のお陰だった』 髙山正之

日・インドネシア共同声明(覚書)『アジアの解放、本当は日本軍のお陰だった』 髙山正之

三月の二二日から二五日、インドネシアのジョコ・ウィドド大統領が来日した。二三日には安部首相との会談が行われ、「-海洋と民主主義に支えられた戦略的パートナーシップの更なる強化に向けて-」と題した日本・インドネシア共同声明が発表された。インドネシア
詳細はこちら・・・外務省HP 日・インドネシア首脳会談
http://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sea2/id/page4_001077.html
(骨子)
1 総論・海洋分野の協力
・「戦略的パートナーシップ」の強化。海洋国家、民主主義国家同士、地域と国際社会の平和・安定及び繁栄に貢献。
・戦後70年間、日本が一貫して平和国家として歩み、地域及び世界の経済発展に寄与してきたことを賞賛。
・海洋分野での協力(海洋安保、海洋関連産業振興等)を強化・加速するため、「日本・インドネシア海洋フォーラム」の立ち上げで一致。
・航行及び上空飛行の自由の重要性、国連海洋法条約等国際法上の諸原則に従った紛争の平和的解決。
2 政治・安全保障
・国際協調主義に基づく「積極的平和主義」を歓迎。
・外相間戦略対話の継続、「外務・防衛閣僚協議」の開催につき確認。防衛協力に関する覚書を歓迎。
3 経済・経済協力
・投資・貿易の促進のため「PROMOSI(※):日インドネシア投資・輸出促進イニシアティブ」を立ち上げ(①ビジネス・投資環境整備の推進、②産業人材育成の強化、③インフラ整備等経済・産業協力に関する閣僚級対話の設立(MPA(ジャカルタ首都圏投資促進特別地域)閣僚協議の後継)、④経済連携及び地域経済統合の推進) (※インドネシア語で「推進」の意)
・ジャカルタ都市高速鉄道(MRT)等に関する資金供与の合意(約1400億円の円借款供与)につき歓迎。
・日インドネシア経済連携協定(JIEPA)の一般的な見直しを進めることを確認。
・高効率石炭火力発電への公的金融支援の必要性につき国際場裡で共有。
4 文化・人的交流
・インドネシアによる日本人に対する査証免除に関する最近の発表を歓迎。(注:早ければ4月にも査免を実施)
・JENESYS2.0、文化のWAプロジェクトへの評価、歓迎。
5 地域・国際社会における協力
・ASEAN・EAS等強化
・テロとの闘い(シリアにおける邦人人質殺害及びチュニジアでの事件を非難。穏健主義促進の重要性)
・南シナ海(行動宣言(DOC)の完全な実施及び行動規範(COC)の早期妥結の重要性、自制を働かせ、力による威嚇・力の行使によることなく解決)
・朝鮮半島(拉致問題を含む日朝関係を説明。日朝関係の進展への期待の表明)
・国連創設70周年に際した国連安保理改革における協力
日本・インドネシア共同声明(骨子) -海洋と民主主義に支えられた戦略的パートナーシップの更なる強化に向けて-

『アジアの解放、本当は日本軍のお陰だった』 髙山正之『アジアの解放、本当は日本軍のお陰だった』 髙山正之
(2014/12/22)
高山正之

商品詳細を見る
ー「日本悪者論」の嘘八百を暴くー

あの戦争の本質、インドネシアはわかってるよね。わかってるけど、日本から賠償金をとる側に回ったんだよね。どの国も、自国の最大限の利益を図るのは当然のこと。でもね。・・・でもね。

インドネシアはパレンバン、ムシ川にかかる橋。アンペラ鉄橋。パレンバンといえばパレンバン空挺作戦。挺身飛行戦隊輸送機を直掩するのは加藤隼戦闘隊。降下するのは空の神兵。
日本の強さは強烈だった。インドネシア人が歯向かうことすら考えなかったオランダ軍を瞬殺した。オランダ支配に終止符を打った日本は共通の言語を与えなかったオランダと打って変わってインドネシア語を共通の言語と定め、学校を作り、行政を学ばせ、警察とペタと呼ばれる軍隊を創設した。

日本は敗戦国になったが、インドネシアは独立した。著者が書いているが、日本がパレンバンやメナドを含めてオランダ軍を制圧するのに八四〇人の死者を出した。敗戦後、日本が育てたペタに殺された日本兵は千二百余命だそうだ。それでも友情からインドネシア独立にその身を投じた日本兵は二千人。うち半分が死んだそうだ。

日本は総額六億三千万ドルを倍賞プラス経済借款として支払った。先に上げたアンペラ鉄橋はその戦後賠償の一環である。アンペラの意味?・・・この「AMPERA」は、ある言葉の頭文字を並べたものだそうです。元の言葉は、「Amant PEN deritaan Rakyat」、意味は「(収奪などで)虐げられた人々への償い」だそうだ。・・・ざけんなよ

共同声明の内容にケチつけるつもりはないけど、そのへんのところ、ちっとは考えてもらいたいもんだね。


とりあえず米国のとりなしで、オランダがインドネシアから手を引いた時、植民地時代の社会資本の代償として、インドネシアはオランダに六十億ドルを支払った。それを含め、インドネシア独立記念館はオランダの植民地支配をなんにも語らない。日本の支配をひどく言うことはあってもね。著者はこの現象を以下のように言う。
彼らは弱い存在だ。独立した今でも旧宗主国オランダに文句も言えない。それはもっと酷い目にあったインドがいまだに英国に尻尾を振っているのを見ても分かる。独立記念館に事実を書いたら、つまりオランダの植民地政策を書いたら、白人国家から総スカンを食う。現に東ティモールだって簡単に奪われている。





    




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本
















































当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい