めんどくせぇことばかり セオドア・ルーズベルトの対日観(覚書)『アジアの解放、本当は日本軍のお陰だった』 髙山正之

セオドア・ルーズベルトの対日観(覚書)『アジアの解放、本当は日本軍のお陰だった』 髙山正之

昨日のハワイ併合史に書いたけど、日本がアメリカの一部にあったアジア戦略の出鼻をくじいたのは日本。場所はハワイ。時は一八九三年。アメリカがハワイ王朝を乗っ取ったその年、日本は巡洋艦「浪速」、艦長は東郷平八郎、をハワイに派遣して、アメリカの強引なハワイ乗っ取りに抗議した。アメリカは即時の併合を断念した。結果としてアメリカは、一八九八年までハワイ併合を見合わせなければならなかった。

・・・この時のアメリカは、真珠湾に基地を持っているわけではなく、パナマ運河どころかパナマそのものがなかった。咲きのデコ事があった翌年、「浪速」艦長東郷平八郎は、海軍の一員として日清戦争を戦った。その戦いの賠償金で、日本は大型戦艦二隻を買い込む。みずからが
海軍次官を務めていたセオドア・ルーズベルトは、海洋国家論を書いた友人のアルフレッド・マハンに、次のように書き送ったという。「I had my way(もしも私ん手立てがあるなら)、私は明日にもハワイを併合し、星条旗を島中に立てたい。我々は日本の新しい戦艦二隻が英国を離れる前に行動を起こすべきだ。我々はニカラグア(後のパナマ)運河を早く完成させ、多くの軍艦を造り、その半分を太平洋に配備したい。私は日本は脅威をひしひしと感じている」と。
 (本書P78)(本書P101)

『アジアの解放、本当は日本軍のお陰だった』 髙山正之『アジアの解放、本当は日本軍のお陰だった』 髙山正之
(2014/12/22)
高山正之

商品詳細を見る
ー「日本悪者論」の嘘八百を暴くー

1901年
42歳という若さで大統領就任。

1903年
パナマ共和国がコロンビアから独立。セオドア・ルーズベルト大統領は、わずか10日後にパナマを承認。パナマ運河条約を結んで、運河建設権と関連地区の永久租借権などを取得。工事に着手した。

1904年
日露戦争。

1905年
ポーツマス条約。

1911年
義和団の乱の対米賠償金から資金拠出されて米国留学予備校として清華大学を創立。日露戦争後、急激に高まった若き支那人の日本留学熱を危惧し、清華大学を設立してアメリカへの留学を促す。

常識的には、日露戦争におけるロシアとの講和の直前、日本は戦争継続の余力を失い、危機的な状況であったと言われる。本書の中でも、そんな司馬遼太郎の言葉を引用している。でも、上記のような流れ、ルーズベルトの決して親切で日本の利を図るような人物ではないことは明らか。そのルーズベルトが日露戦争の早期講和実現をめざした。それが日本の利を図るためでなかったとするなら、一体なにか。

つまりは、日本の大勝を阻止するためではなかったか。

日本は、ハーバード大学でルーズベルトと同窓だった金子賢太郎を特使としてアメリカに派遣し、アメリカ世論を親日的にするために宣伝活動を行なっていたという。その同窓生金子賢太郎の故国日本。勝つには勝ったが、逆に窮地に陥っていた(?)日本への友情から、ルーズベルトはロシアとの間で尽力し、ポーツマス条約をまとめあげた。

・・・これは、やっぱり、ウソ❢





    




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本
































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい