めんどくせぇことばかり 金の切れ目が・・・『中国崩壊で日本はこうなる』 宮崎正弘 大竹愼一

金の切れ目が・・・『中国崩壊で日本はこうなる』 宮崎正弘 大竹愼一

失業生活を長く続けている夫婦が幼い子供を連れて、帰宅途中に露天の果物屋の前を通りかかった。 息子は多くの果物のうち値段の安いバナナに目をつけ、両親に一本だけでいいから買ってくれと頼んだ。 しかし貧しい両親は有り金を全部はたいても、バナナ一本買うことができなかった。 子どもを強引に露店の前から連れ去るしかない。

子供は大声で泣いた。もう長いことバナナを食べていないので、どんな味だったかも忘れかけていた。両親に家まで連れ戻されても、子供の悲しげな泣き声は止まらなかった。泣き止まないことに腹を立て、父親は子どもを殴打した。 母親が駆け寄って父親を押しのけ、夫婦喧嘩が始まった。次第に言い争いが激しくなり、子どもは「バナナ」と泣き叫んだ。突然、父親は悲哀を感じ、悲哀はすぐに憎悪に変わった。

父親は自分を憎悪し、自分の無能さを憎んだ。仕事も収入もなく、バナナを食べたいという息子の願いをかなえることすらできないのだ。憎悪の気持ちが彼をベランダに導いた。彼は振り返ることもなく身を躍らせ、マンションの十数階から飛び降りた。 妻は大声を上げてドアから飛び出し、階段を駆け下りた。夫はコンクリートの上の血だまりの中に横たわっていた。妻はひざまづいて、夫を抱き起こそうとした。夫の名前を呼んだが、なんの反応もない。

しばらくして、妻は夫の命が尽きたことを知った。突然、冷静さを取り戻し、もう泣き叫ぶこともなく、夫をそのままにして立ち上がり、マンションの方へ引き返した。家に戻ると、幼い息子は何が起こったのかわからず、なおもバナナを欲しがって泣いていた。母親は息子が泣きながら見ている前で、一本の縄を探し出し、踏み台を部屋の中央に運んだ。踏み台の上に立つと、落ち着いて縄を室内灯の釣り鉤に結びつけ、縄の輪の中に自分の首を入れた。

息子は泣きながら、当惑した様子でこちらを見ている。母親は縄から首を出し、踏み台から降りて、息子のところへ行った。そして息子と息子が座っている椅子の向きを逆にして、背中を向けさせた。

その後、母親はまた引き返し、踏み台に上がり、あらためて縄を首にかけた。泣いている息子の後ろ姿を悲しそうに見つめながら、踏み台を蹴り、首吊り自殺を遂げたのだ。

両親が亡くなったあとも、子供は泣き続けた。子供はもはや、バナナが欲しくて泣いているのではなかった。
余華さんの書いた『ほんとうの中国の話しをしよう』という本の中に出てくる話。「バナナを買うこともできないほど貧乏なのに高層マンションに住んでるの?」・・・まあまあ・・・。よその国の事情は様々だからね。本当の話かどうか検証したわけじゃないけど、でも、そう思わせる支那らしい乾いた恐ろしさがある。泣こうが喚こうが、飛び降りようが首を吊ろうが、誰の目にもこの家族の姿なんか写ってないんだ。


『中国崩壊で日本はこうなる』 宮崎正弘 大竹愼一『中国崩壊で日本はこうなる』 宮崎正弘 大竹愼一
(2015/01/27)
宮崎 正弘、大竹 愼一 他

商品詳細を見る
ー貨幣論に無知な中国に通貨戦争を仕掛ける米国ー

スリランカでも、アンゴラでも、ガボンでも、支那の経済支援でなんだかの事業が始まると、万単位の支那人が働き手としてコック付きでやって来る。それらの国の一角に彼らは《中国》という領域を作り上げ、その国の人達が眉を顰める身勝手な振る舞いに及ぶという。

特にこの本に書かれているアフリカと支那の関わりは醜悪だ。二〇〇二年まで続いた激しい内戦を経験したアンゴラの首都ルアンダ。今は摩天楼が並び立っているという。アンゴラ沖の海底油田のお陰だという。そのルアンダだけで四万人の支那人がいるという。働き手は自国から連れてきてしまうので、支那に対する地元住民の反感は大きくなる。うまい汁を吸うのは支那人労働者と、地元権力者。

近隣の東アジア各地でも、支那人ツアー客への反感が高まってる。そのマナーの悪さは見ているものを怖気づかせるほどだ。

前述の余華さんの言い方を借りれば、支那人はすでに文革で壊れている。壊れたままで、改革開放の早い者勝ち経済体制に突入していった。崩壊の度合いは、文革よりも、さらにさらに進んだ。その状態で、早い者勝ち経済体制も、まもなく完全に終了する。

金に目が眩んで支那人の移民を受け入れたカナダとオーストラリア。旨味がなくなってきたと思った頃には、すでにだいぶ支那人に侵食されていて、今度は国を上げて排斥にかかってきたという。

旨味がなくなってきたから距離を取るというだけなら、日本も同じ。日本も含めた外資企業の支那撤退が加速している。支那の方から利益を掲げて呼び込んだのだからしかたない話。金の切れ目が縁の切れ目。それはスリランカでも、アンゴラでも、ガボンでも、時間の問題。あとに残るのは支那人への反感。・・・なんか空恐ろしい。

そんな中、なぜかドイツ、イギリス、韓国が対支那ビジネスに入れ込んでいるという。さてさて・・・。





    


 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい