めんどくせぇことばかり 日本人は「歩くコーラン」

日本人は「歩くコーラン」

時事ドットコム 2015/5/5
日本人は「歩くコーラン」=エジプト大統領が称賛
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015050500035&g=pol
(抜粋)
エジプトのシシ大統領は3日、カイロの大統領府で小池百合子元防衛相と会談した。日本外交筋によると、大統領は日本人について、「勤勉で規律を守る」との認識を示し、「歩くコーランだ」と述べた。信仰が異なってもコーランの教えを実践していると日本人を称賛した。

 この手の話は以前にも聞いたことがあった。ちょっと調べてみたら、日本のイスラム研究に足跡を残したアブデュルレシュト・イブラヒム(1857~1944)が残したという次の言葉にぶつかった。

『日本人は清廉で勤勉、道徳的で高潔な、イスラム教に改宗しさえすれば完璧なムスリムになれる人々』


さらに、日本人が優れているのは、古い慣習を守ることではなく、それを刷新して国を作り、さらに発展させている点であると強調したという。

日本最古のイスラム教団であるという日本アハマディア・ムスリム協会のホームページを訪ねてみた。
http://www.ahmadiyya-islam.org/jp/

“挨拶”では、イスラム教の目的を、『自身との、そして自身の創造主との平和を実現する方法を人々に教えること』としていた。“平和を実現する方法” を教えることを目的とするイスラム教の信者が、その実践において、日本人を完璧なムスリムになれる人々と呼ぶ。そしてその根拠を、日本人の清廉で勤勉、道徳的で高潔な性質に求めるということは、イスラム教の様々な戒めは人々の間に清廉で勤勉、道徳的で高潔な性質を育成することを目的とすることになる。

・・・偉ぶるつもりなんか全くないんだよ。その日本人的特質のかるたの裏側には、いろいろな日本人的不都合があるわけだから。

『イスラム教徒への99の大疑問』
佐々木良昭

プレジデント社
¥1,728

キリスト教より600年遅れて登場したイスラム教は、ムハンマドを「最後の、もっとも卓越した預言者」とし、「イスラム教は完結された宗教」とした。だからこそ、本書の《問39 イスラム教徒から見て、ユダヤ教やキリスト教は、イスラム教とどこが違うのですか》にあるように、ユダヤ教やキリスト教を批判できるし、その意見は的を射ている。

ただ、ユダヤ教やキリスト教はそれらの批判を越えて今も存在するし、世界に対する絶大な影響力を持ち続けている。批判さる部分はあったにしても、存在価値はそれ以上に大きいからこそだ。

イスラム教にしても同様だ。創立当時、彼らが是としてきた宗教社会は、実は彼らの地域社会特有の強い影響のもとに成り立った。いずれもオリエントに生まれた宗教が日本人にとって縁遠かったのは、何も地理的距離ゆえばかりではない。オリエントから拡散し、ヨーロッパの森の文化を身につけたキリスト教と違い、ムハンマドの段階で“完結”を誇ったイスラム教は、その成立の背景が、日本とはあまりにも違う。その意味で遠すぎるのだ。

《問3 コーランの開扉章には「慈悲深く慈愛あまねき」とあります。慈悲と慈愛のイスラム教徒が、どうして戦争を繰り返すのですか》に、・・・「イスラム教は「神の教え」ではなく、「神の命令」で、曖昧なものではなく、「こうしなさい」「これをやってはいけない」と非常に具体的に命令が下されている。それ故に、人間と人間が神の教えを曲げてまで妥協することが出来ない・・・と、説明されている。

「日本人はイスラム教を知ろうという努力が足りない」というようなお叱りをなんかで読んだ。でも、畏れとともに恩恵の対象として自然を捉える私たちは、こういう面もあるけれども、違う面もあると、物事を考える。一つの面が都合悪ければ、違う面を探す。たとえ諍いになろうとも、神の教えを曲げてまで妥協することが出来ないなら、やっぱり“模範的ムスリム” は、私には無理だな。






    




 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
うちの納戸の食料品置き場は、さばの水煮、味噌煮はじめ、安い缶詰がゴロゴロしてる。缶詰は工場商品だから、天気に左右されたりしないしね。とくに魚系は缶詰じゃないと、毎日食べるってのは難しい。100なんぼで買ったの缶詰を、家族四人の朝飯のおかずの一つにできれば、これは安上がり。

トマト缶なんかもそうだけど、栄養面で、フレッシュにそう劣るわけでもないって聞いたよ。

DSCF2598.jpg 右は我が家の常備菜の一つ。“我が家” といっても私が作って、私が食ってる言わば私の常備菜、《さばのそぼろ》です。そのままご飯にかけたり、納豆に混ぜたりしてる。

チャーハンなんか作る時は、卵に刻みネギに、このさばそぼろを混ぜれば形が整う。もしも、菜っ葉系の漬物があれば、きざんで混ぜ炒めれば、絶品です。
もとの姿は、一個120円のさば水煮缶詰。上出のタッパのさばのそぼろは、さば水煮缶詰二つをフライパンで二十分ほど水分飛ばして炒ったもの。塩、甘み(うちの甘みは全て甘酒)、ごまを適当に加えてあるだけ。DSCF2597.jpg
水煮と入っても、もともと十分な味が付いているからね。右のさば味付け缶詰(みそ煮です)でも問題なくうまいけど、水煮のほうが飽きが来ないかな。《さばのそぼろ》そのものも瓶詰めとかで売ってるけど、味、量から考えて、半値以下で済んでるはず。・・・ご飯にかけるだけで、孫が喜んで食うんだ。
関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい