めんどくせぇことばかり 終戦70年:ポーランド式典

終戦70年:ポーランド式典

毎日新聞 2015/5/8
終戦70年:ポーランド式典にウクライナ大統領も出席
http://mainichi.jp/select/news/20150509k0000m030090000c.html
(抜粋)
 ポーランドのコモロフスキ大統領は「我々は大戦中、ドイツとソ連の全体主義の被害者となった。大戦の終わりは、ソ連による何十年もの支配の始まりに過ぎなかった」と強調。その上でロシアによるウクライナ南部クリミア半島の編入を「1939年以来の時代錯誤の行動で受け入れられない」と批判した。
 ポロシェンコ大統領も「侵略と編入の歴史を繰り返すわけにはいかない」とロシアを強くけん制した。

ロシアや支那の主催する終戦70周年記念式典が話題になるけど、なんともしゃらくさい。でも、ポーランドが主催するっていうんなら、・・・まあね。それでもこの程度の“振り返り”しか行われないのであれば、やっぱりやる価値はないか。

第二次大戦の原因は、基本的にパリ講和会議にある。この会議に出席したケインズは、『平和の経済的帰結』で会議が決定したドイツの支払うべき賠償額を批判した。ケインズが提唱した額は20億ポンド。これはドイツが連合国に与えた直接的損害額にほぼ一致する。しかし、パリ講和会議が出した決定1320億金マルク(金4万7312)は、当時のレートで60億ポンド。ケインズの提言の3倍。当時のドイツのGNPの20年分。ケインズに言わせれば・・・
ドイツを一世代にわたって奴隷状態に陥れ、何百万という人間の生活水準を低下させ、一国民全体から幸福を奪うような政策は、おぞましく、また憎むべきものである。・・・この政策を、一部の人々は正義の名のもとに説いている人類史の大事件においては、諸国民の複雑な運命を解きほぐすに際しては、正義はそれほど単純ではない。またもし仮に正義が単純だとしても、諸国民は宗教によって、また天賦の道徳律によっても、敵国の子孫に対して、その親や支配者たちの悪事に報いることを許されてはいないのである。

問題となるのは賠償額だけではない。民族の誇りという意味では、領土の割譲はより大きな問題となる。日本が租借を引き継いだ山東省や、信託統治した南太平洋の諸島あたりの問題じゃない。ドイツの母体となったプロイセンの故郷を、パリ講和会議はドイツから奪った。以下は、駐米英国大使ロシアン卿(在任一九三九~四〇)の一九三七年六月二九日、王立国際問題研究所での演説である。
民族自決の原則がドイツに適用されるのであれば、オーストリア、ズデーテン、ダンツィヒ、そしておそらくメ―メル地方もドイツに編入されなければならない。されにポーランド領のシレジア地方やポーランド回廊についても国境の再調整が必要である。

事実、ドイツのズデーデン地方要求jに、英首相ネヴィル・チェンバレンは宥和政策を持って臨み、その間にスピット・ファイヤーの大増産体制を作ったそうだ。ところが、このイギリスの政策に待ったをかけた国がある。アメリカだ。ミュンヘン会談直後、フランクリン・ディラノ・ルーズベルト大統領は、駐英大使ジョゼフ・ケネディに対して、「ヒトラーに対する有効な外交は軍事力の誇示しかない、それをチェンバレン首相にわからせよ」と支持している。宥和外交の全面中止も考慮すべきだ、とも伝えさせた。

FDRは偏執狂だ。彼はヒトラーのUボートで苦しむ英国を無視し続ける。かつての宗主国が膝を屈して助けを乞う、やっと武器貸与法を作り、オンボロ駆逐艦を提供した。その法律番号が「1776」。英国のいじめを脱して米国が独立を達した年だ。・・・別にイギリスに同情する気はないが・・・。

FDRのもう一つの大きな特徴が、ソ連に対する懐の甘さだ。彼がアメリカ大統領という地位になければ、私は彼をコミンテルンのスパイと信じて疑わない。そしてポーランドにドイツと妥協することを決して許さず、結果として東ヨーロッパすべてをスターリンに献上した。・・・あの、バカ・・・

一九三九年九月、ポーランド陸軍は西からはドイツ機甲化軍団に侵略された。無数の戦車や戦闘機がポーランドを襲った。東からはスターリンの軍隊が侵入した。ポーランドは勇敢に戦った。しかし圧倒的な敵の力の前にはいかんともし難かった。戦後、イギリス外務省が公開した資料によれば、カチンの森で二万二千人が、ソビエトの他の場所では八千人のポーランド陸軍士官が虐殺された。資料は、イギリスがこのソ連の行為を意図的に隠蔽したことを示した。

当時、駐ポーランド英国大使だったオーウェン・オマリーはカチンの森の殺戮の模様を次のように記している。

抵抗するものにはコートを頭にフードのようにかぶせ、紐できつく結んだ。そうしておいて、死刑執行人たちはポーランド軍人を予め掘ってあった穴の前まで引き立てた。のちに発見された死体の頭部をコートが覆っていたのはそういう理由である。そのコートの生地には銃弾の突き抜けた穴がハッキリと残っていた。ロシア軍は殺戮を終えると、死体の転がった穴に土を埋め戻し、さらには松の苗木を植えて隠蔽した。






    




 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
今日も山を歩いてきた。この間、土曜日に特出で働いたんで、こういう平日に休みが取れるといいね。二時間ほど歩いてきたんけど、途中であったのは一人だけ。私とおんなじようにウォーキングポール使っている人だった。

実は、まともに歩けばもっと人にあったかもしれない。今日は、道を外れてみました。たまたま正規の山道に戻った時にあったのが、さっきの人。

道を外れると入っても、山仕事の人は入ってるからね。深入りしなけりゃけっこう歩けるくらいの跡はついてる。入ってみたら、先の方に、けっこう松の大木がある。「へぇ~、こんな大木があるんだ」・・・そう思ったらもう止まらない。谷に降りて、急斜面を横切り、尾根に向けて直登。ああ~、楽しい。夢中になっちゃった。
ちょっと足が痛い。休もう。

な~んにも持ってこなかった。・・・喉が渇いた。そんな時はこれ。イタドリ。ウィキペディアで見てみたら、別名はスカンポ、イタンポ、ドングイ、ゴンパチ、エッタンだって。でも、うちの方ではこれをシーカンボと読んでた。遊びに行ってのどが渇いたら、これの皮を向いて水っぽい茎を食った。
イタドリ 
DSCF2614.jpgガキじゃありませんからね。ちゃんとナイフ使ってね。皮も歯でかんで外さずに、ちゃんとナイフでね。なんにも持ってない時でも、なぜかナイフだけは持ってるんだよな。DSCF2615.jpg
最近はなんでもないのにナイフ持ってると、なんだかいけないみたいなんだけどさ。別にちっとも珍しいもんでも、高価なもんでもなんでもないけどね。いつどこで買ったかすら、覚えてないな。まあ、神田のさかいやスポーツだと思うけど・・・。少なくとも三〇年は使ってるな。



関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい