めんどくせぇことばかり カダフィの冥福を祈ります
FC2ブログ

カダフィの冥福を祈ります

カダフィ大佐が死んだ。
40年独裁者として君臨したカダフィ大佐が、名もないリビア人たちに引きずり回されて殺された。
負けるはずがなかったカダフィ大佐が負けた。
カダフィ大佐は、自国民の反乱に敗れるはずがなかった。
カダフィ大佐は、今回も自国民の反乱に敗れてはいない。
フランスだ。
かつて、インドシナを支配したフランス。
エマニエル夫人はインドシナ人の男を性的慰み者にしていた。
インドシナに君臨したフランス。
日本の敗北後も、アジアへの君臨にこだわったフランス。
白人の支配する社会。
いったい世界の何が変わったというのか。
フランスの国賓
あなたの持っているものが欲しいから、私は笑うこほほえむとができるのです。
あなたを蔑んでいる私の笑顔は、おそらくあなたにも利益をもたらすでしょう。
でも、あなたが私の欲しいものを持っていないなら、私はもう、あなたには微笑まない。
私は私に利益をもたらす者たたちのためにしか微笑なない。
あなたは、もう価値のない存在である。
私にとって・・・
P2011102004382_qadhafi-ns300[1]
カダフィ大佐の登場には歴史的な意味があった。
変質を彼自身の責任だというなら、現代は卑怯にすぎないか。
汪兆銘政権を、日本は切らなかった。
馬鹿だったとは思うが、それでいいとも思う。
NATOは、ヨーロッパは、いや、白人は恐ろしい。
少なくとも日本人には、こんなことはできない。
絶対できない。
                                               人気ブログランキングへ   
関連記事

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


火山の噴火、土石流に土砂崩れといった災害は、人々の目を山の高見に向けさせた。
それ故に山は、恵みと共に、畏怖の対象でもあった。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事