めんどくせぇことばかり 『真・戦争論 世界大戦と危険な半島』

『真・戦争論 世界大戦と危険な半島』

AFPBBNEWS 2015/5/11
戦時下のレイプで生まれたボスニア青年、「答え」求め実親捜しへ
http://www.afpbb.com/articles/-/3047949?page=1
(抜粋)
1992年から95年にかけて起きたボスニア・ヘルツェゴビナ紛争下でセルビア人兵士にレイプされたムスリム女性の母親によって、生まれた直後に捨てられた。紛争終結から20年、彼は実の両親を捜す旅に出た。

実母はボスニア東部の村ミルエビナの出身だ。村はセルビア人勢力に制圧され、彼女はレイプされた。彼女は1993年2月に男の子を生んだが、出産後にその子の顔を見ることさえ拒んだ。その頃までに彼女たちムスリムは、セルビア人による「民族浄化」によって村を追われていた。

「レイプされたことも、私を捨てたことも、彼女の責任ではない。彼女は痛みに耐えられなかったのだろう。彼女にとって、大きな傷でありショックだったのだ」。青年は「彼女は許す」と語るが、実父に対してはそうはいかない。

肝心なことは、バルカン半島にとって、ユーゴスラビア紛争は特殊な事態であったかどうかということじゃないかな。もしもそれが、あの時、あの場所でしか起こり得なかった特殊な事態であるなら、彼の母への許しも、父への怒りも意味を持つだろう。だけどそれが、この後も延々とバルカン半島で繰り返されることなら、そんなささいな許しや怒りに、どんな意味を持たせられるだろう。
『真・戦争論 世界大戦と危険な半島』
倉山満


KKベストセラーズ
¥ 1,188

昭和の愚かな敗戦は、バルカンのことをわかっていなかったから
第一章  日本人の知らないバルカン半島
1 名外交官、小村寿太郎が見たバルカン半島2 平和を学べる?バルカン半島と言うところ
3 スッキリわかる、バルカン半島の人々4 世界に不幸をまき散らす?バルカンの歴史
5 敵の敵はやっぱり敵❢バルカンの法則6 ナチスもに出だす❢ユーゴスラビア略史
7 ユーゴスラビア数え歌8 独ソに勝った❢チトー大統領一代記
第二章  幕末明治の日本とバルカン半島
1 ヨーロッパの病人、オスマン・トルコ2 日本がギリシャになってしまう? 
3 大ブルガリア帝国の夢4 セルビアの愛と怨念
5 日本と交戦中?黒山の国ことモンテネグロ6 大ロシア帝国と張り合った榎本武揚の知見
7 露土戦争、日本の明治維新との関連性❢8 ベルリン会議とビスマルク体制
第三章  日露戦争とバルカン半島
1 ハプスブルク家の栄光と暗雲2 不幸の連続、皇帝フランツ・ヨーゼフの憂鬱
3 超マイナー「東ルメリア危機」のバタフライ効果4 災厄❢世界をかき乱すウィルヘルム二世
5 ドイツが黒幕?三国干渉が世界史を作った❢6 これこそ陰謀❢日露戦争前夜のバルカン問題
7 日露戦争~動揺するロシアと世界大戦の危機8 バルカンでも工作?日露戦争とマケドニア過激派
第四章  人類の不幸❢バルカン戦争と第一次世界大戦
1 人類不幸の年❢一九〇八年危機2 協調性ゼロ?バルカン同盟
3 第一次バルカン戦争と驚異の日本外交4 六大国相手にモンテネグロ大暴れ
5 従軍記者トロツキーの見たバルカン戦争6 第二次バルカン戦争、ブルガリアをリンチ
7 第一次世界大戦~マヌケ菌が世界を滅ぼす8 おいウィルソン❢世界を返せ❢

おもしろさを分かってもらいたくて、ついつい、小項目まで上げてしまった。私が理解していた“火薬庫”というのは「ヨーロッパ大戦の火種になりかねない」っていう程度でしかなかった。そうではなかったんだな。文字通り、「ヨーロッパをふっ飛ばしかねない」という意味だったんだ。事実、ヨーロッパは吹っ飛んだ。吹っ飛んだところにウッドロー・ウィルソンが登場して、とどめを刺した。

なになに?『バルカン半島では、すべての人間がヨタリロ』だって?“ヨタリロ”はまずいよ。頭の良さはパタリロ級で、がめつく、盗癖があって、戦闘能力が高い。多種多様な爆発物を所持し、一人で一国の諜報組織を相手にする。・・・そのまんま、バルカンだな。

ボスニア青年は納得しても、第二、第三のボスニア青年を防ぐことは、ちょっと無理かな。









 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
今日も山を歩いてきた。この間、土曜日に特出で働いたんで、こういう平日に休みが取れるといいね。二時間ほど歩いてきたんけど、途中であったのは一人だけ。私とおんなじようにウォーキングポール使っている人だった。

実は、まともに歩けばもっと人にあったかもしれない。今日は、道を外れてみました。たまたま正規の山道に戻った時にあったのが、さっきの人。

道を外れると入っても、山仕事の人は入ってるからね。深入りしなけりゃけっこう歩けるくらいの跡はついてる。入ってみたら、先の方に、けっこう松の大木がある。「へぇ~、こんな大木があるんだ」・・・そう思ったらもう止まらない。谷に降りて、急斜面を横切り、尾根に向けて直登。ああ~、楽しい。夢中になっちゃった。
ちょっと足が痛い。休もう。

な~んにも持ってこなかった。・・・喉が渇いた。そんな時はこれ。イタドリ。ウィキペディアで見てみたら、別名はスカンポ、イタンポ、ドングイ、ゴンパチ、エッタンだって。でも、うちの方ではこれをシーカンボと読んでた。遊びに行ってのどが渇いたら、これの皮を向いて水っぽい茎を食った。
イタドリ 
DSCF2614.jpgガキじゃありませんからね。ちゃんとナイフ使ってね。皮も歯でかんで外さずに、ちゃんとナイフでね。なんにも持ってない時でも、なぜかナイフだけは持ってるんだよな。DSCF2615.jpg
最近はなんでもないのにナイフ持ってると、なんだかいけないみたいなんだけどさ。別にちっとも珍しいもんでも、高価なもんでもなんでもないけどね。いつどこで買ったかすら、覚えてないな。まあ、神田のさかいやスポーツだと思うけど・・・。少なくとも三〇年は使ってるな。




関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本








































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい