めんどくせぇことばかり 2015年6月 『スプートニク』に登場する北方領土

2015年6月 『スプートニク』に登場する北方領土

プーチン
2015年 《スプートニク》に登場する北方領土

 
6月5日
安倍首相:日本はウクライナ紛争の平和解決に協力する
http://jp.sputniknews.com/japan/20150605/421620.html
日本の安倍首相は、「日本国首相としてはじめてウクライナを訪問する。私は、日本は今後も変わらずウクライナ紛争の平和的解決のために協力する、と伝える」と述べた。



6月6日
安倍政権の前にはジレンマが立ちはだかっている
http://jp.sputniknews.com/opinion/20150606/422715.html

日本の安倍首相は5日、ドイツで開かれる「G7」に先立ち、ウクライナの首都キエフを訪れる。ウクライナでは、日本とウクライナの両国関係史上初めて、日本との大規模な経済プロジェクトを示唆するものとみなされる。こんにちの日本とウクライナの経済関係は非常に小規模であるほか、ウクライナ経済が極めて悲惨な状態にある今、大規模プロジェクトについて語るのも難しいだろう。


6月6日 産経ニュース
ロシア、北方領土とクリミアで愛国イベント開催へ 占拠正当化の狙いか 
http://www.sankei.com/world/news/150606/wor1506060047-n1.html
ロシア政府は8月、北方領土・択捉島で、若年層の愛国心育成を主眼にした大がかりなイベントを催す。同様の行事は、ロシアが昨年3月に併合したウクライナ南部クリミア半島でも行われる。愛国主義をあおるプロパガンダ(政治宣伝)を通じ、不法な領土占拠を正当だと意識付ける狙いがあるとみられる。


6月7日
安倍首相:領土問題解決のため、ロシアとの対話を続ける必要がある
http://jp.sputniknews.com/japan/20150607/428458.html
日本はロシアとの対話を続ける必要がある。両国間に存在する、南クリル諸島の帰属をめぐる領土問題を解決するためである。フランスのオランド大統領との二国間関係で日本の安倍首相が述べた。

6月8日
安倍首相 日本はロシアと対話する必要がある
http://jp.sputniknews.com/politics/20150608/430171.html
ドイツで開催中のG7サミットに出席している日本の安倍首相は、現地時間で7日、ドイツのメルケル首相と会談し、領土問題を解決するためにロシアと対話する必要があるとの考えを表した。


6月9日

ロシア国防相、クリル諸島の軍・民事施設建設の加速を命令
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKBN0OO2BL20150608
極東ロシアのウラジオストクを訪れているロシアのショイグ国防相は、クリル諸島の軍事、および民生用の施設の建設を加速させるよう命令した。

6月12日
日本、ロシアの経済水域における鮭の漁獲量、7割減
http://jp.sputniknews.com/business/20150612/448108.html
日本とロシアは、ロシアの排他的経済水域におけるサケ・マス類の漁獲の日本の漁船に対する今年の割当量を7割削減することで合意した。


6月15日 産経ニュース
首相、北方領土返還へ「私が先頭に立つ」
http://www.sankei.com/politics/news/150615/plt1506150016-n1.html
首相は、プーチン大統領の今年中の訪日に向けて準備を進めることをロシアと確認したとした上で「最終的な解決に向けて粘り強く取り組む。国民一体となって取り組むべく、私が先頭に立つ」と述べた。

6月17日
ロシア ついに流し網漁をタブーに
http://jp.sputniknews.com/opinion/20150617/464088.html
日本は、ロシアが排他的経済水域(EEZ)での日本漁船のサケ・マス漁の今年の漁獲割り当て量が大幅に削減された事に、かなり激しく反応した。日本のマスメディアは、この問題を先を争って取り上げ、論じている。


6月20日

プーチン大統領 安倍首相との会談に向けた用意を確認か?
http://jp.sputniknews.com/politics/20150620/478425.html
共同通信は、サンクトペテルブルグでプーチン大統領が報道機関のトップと会った後「大統領は、安倍首相との会談実施の希望を確認した」と伝えた。
共同通信によれば、プーチン大統領は、報道機関トップとの会合で「力を合わせれば存在するいかなる問題も解決できる」と述べた。
6月25日  ロシアNOW
流し網漁禁止法案可決で日本は
http://jp.rbth.com/business/2015/06/25/53407.html
ロシアの排他的経済水域(EEZ)内で日本やロシアの漁船が行っている流し網漁を禁止する法案が24日、ロシア上院(連邦会議)で可決された。北海道東部に250億円の影響をおよぼす可能性もあるこの法案の可決に、日本政府は遺憾の意を表明している。


6月28日

日本自民党、流し網漁についてロシアと交渉を続ける意向
http://jp.sputniknews.com/japan/20150628/508519.html
日本の与党・自民党は、政府に働きかけ、流し網漁の禁止に関する最近採択された法律について、ロシアとの交渉を続けたい考えだ。26日に党内の漁業担当特別委員会がしかるべき決議を採択した。共同通信が報じた。

6月29日
日本はロシアとのつながりは死活的に重要だと考えている
http://jp.sputniknews.com/japan/20150629/511973.html
試算では、禁漁により、日本の北海道東部は250億円の損失を出す。ロシア側は資源保護のための禁漁だとしているが、あるいは、日本がロシアに対して行っている制裁に影響を与える試みであるかも知れない。
なんだって、こんな見え透いた手を打ってきたんだろう。ずいぶんと焼きが回ったかな?やっぱり、原油価格の低下は、ロシアには苦しいよね~。《原油安》は、もはや既定路線として続くようよ。これまで何にもしてこなかったからね、ロシアは・・・。日本への対抗措置もお魚さんに頼ってるようだもんね。そういうことやって嫌がらせができること自体、とってもうらやましいと思うけどね。









 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 領土・領海・・経済水域
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本


































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい