めんどくせぇことばかり 『ラ・ミッション 軍事顧問ブリュネ』 佐藤賢一

『ラ・ミッション 軍事顧問ブリュネ』 佐藤賢一

じつは、この本が出てることを知らなかったんですよ。まったく、「佐藤賢一さんのファンで~す」なんて言ってられませんね。それが、ふとしたことから《薩摩藩邸の焼き打ち》のことを調べていたら、たまたまこの本に関する著者の対談を紹介している『本の話web』というのを見つけたんです。薩摩藩邸焼き打ちの指揮を執っていたのが、当の本人、ブリュネだったんだそうです。
佐藤賢一さんご自身、前に書かれた『新徴組』について調べていて、このフランス人軍事顧問団に触れたらしいんです。たまたまとは思えませんね。佐藤さんの前に、日本の歴史に強く関与したフランス人が、しかも、いまだに手あかのついてないフランス人が飛び出してくるなんてね。まるで、絶世の美女が強姦魔の前に裸で飛び出したかのような、・・・いえいえ、たとえがあんまりですね。猫にかつぶし・・・じゃダメか。猫にまたたび? お女郎に小判?・・・ん~、変かなぁ。いずれにしても大好物には違いないと思うんだけどな。
一八五五年、長崎海軍伝習所が開設されて、海軍がオランダ海軍軍人を招いてのの指導を受けたのに対して、陸軍はフランスからってわけみたいね。でも、だいぶ遅かったんだね。フランス人軍事顧問団が横浜に到着したのは一八六七年だって言うんだからね。歴史って不思議だね。もっと早かったらね。ともあれ、これでブリュネら軍事顧問団の、日本とのかかわりが始まったっていうことですね。JulesBrunet.jpg
前列右から二番目がブリュネ 
写真の中央にうつってるのがシャルル・シャノワーヌ。軍事顧問団の隊長さんですね。この物語の中でも、かなり重要で複雑な役回りなんですけどね。なにしろ読んでビックリ。彼は、稲川会と住吉会が束になって商店街に乗り込んできたかのような、アロー戦争の当事者でした。いやそれだけじゃない。シャノワーヌが軍事顧問の隊長として日本に赴任した時、在日英国公使だったパークスは、アヘン戦争の成果を不十分として清に事実上のアヘン解禁を強要したイギリスの、その張本人だったんだから。さすがに一人悪者になることを避けてフランスを誘ったのか、誘われたフランスはイギリスと歩調を合わせることがこの頃の既定路線ということか。一緒になって円明園を略奪し尽くし、挙句の果てに焼き払いまでした。

そんな恥しらずなことがあっただけに、ブリュネの行為が称賛を浴びることになったんだろう。とはいっても恐ろしいのは、アロー戦争の立役者の二人が、二人とも戊辰戦争の日本にいたってことだな。・・・本当に、日本はブリュネみたいなはねっ返りがいたことで救われたかもね。

ブリュネは、一年以上幕府の伝習隊を指導したが、旧幕軍は戊辰戦争で敗北。帰国命令が出たにも関わらず、榎本武揚率いる旧幕艦隊に合流し、一個人の立場で箱館戦争を戦った。そのブリュネの行為にしても、彼に寄せられた称賛にしても、それは彼らが心の中に”ダルタニャン” を住まわせているからこそ成り立つ。その、心の中の”ダルタニャン” が共鳴してしまう何かが、武士
たちの中にあったのだろう。


長~い中世という時代を持っていて、それはやがて新たな時代にとって代わられていく。失われていくときほど、理想はより鮮やかに浮かび上がり、人格を持つ。本当のダルタニャンだったらこうするさ 本当の侍ならこうするさ ・・・とはいうものの、そんなものを貫けば、本人は時代遅れで滑稽なばかり。おまけに周りの被る迷惑はどればかりか・・・。

だけどそんな幻があるからこそ、人間っていうのは現実を受け入れられるのにかもね。

同じようにヨーロッパでも、これがイギリスだとそうもいかないんだろうな。重層的に折り重なった中世という時代に、ギュッと重しをかけて絞り出したエキスみたいなもんだからね。それって、忠誠を失っていく苦渋の中からしかにじみ出ないものなんじゃないかな。ダルタニャンも侍も・・・。だから、・・・アメリカなんてもっとだめ。どうにもならない。だいたい中世が存在してないもんね、この国には・・・。









 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本


































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい