めんどくせぇことばかり 「黄禍論」は差別の裏側 『黄禍論と日本人』

「黄禍論」は差別の裏側 『黄禍論と日本人』

二〇一三年五月の過去記事です

一九世紀の終わりから二〇世紀初頭に西洋世界に流布した、黄色人種およびその国家である日本や中国の勃興が、白色人種やその国家に対して脅威となるという考えやイメージ。

ある時は経済的な脅威として語られた。白人労働者の職を奪う中国あるいは日本からの低賃金労働者、市場を撹乱する東アジアからの低価格商品などが黄禍とみなされた。経済的な脅威とともに多く語られたのが、軍事的脅威としての黄禍である。同じ黄色人種の国家である日本と中国が同盟を結び、欧米の勢力をアジアの植民地から駆逐して西洋世界に迫るという、「アジアの覚醒」への懸念が語られた。
本書P42

確かにその通りになったものね。とは言っても、日本の手によってね。支那は邪魔になっただけだったけどね。悔しいことに、日本は白人諸国に袋叩きにされて、日本が主張した“人種差別禁止”は、日本が戦った相手達によって成し遂げられてしまった。

『黄禍論と日本人』 飯倉章『黄禍論と日本人』 飯倉章
(2013/03/22)
飯倉 章

商品詳細を見る
欧米は何を嘲笑し、恐れたのか
 義和団事変は、日本を除く西洋七カ国と中国との戦いという意味では人種戦争的な側面を持っていた。
 一方、日本の政策決定者にとっては黄禍が自制要因として機能したことは見逃せない。
 欧米列強とともに出兵する際、桂太郎陸軍大臣はすみやかに撤退することを考えていた。これは、黄禍論と三国干渉の再現を懸念してのことであった。つまり、日本が撤退せずに居残れば、中国を指導し支配しようとしていると疑われ、また何らかの干渉がもたらされることを憂慮したのである。さらに、事件が清国と列強の戦争に拡大した時、清国皇帝は明治天皇に親電を送り、事態収拾のための斡旋を依頼した。その時、清国皇帝は、東洋と西洋の対立を指摘しつつ、日支の連携をほのめかせた。黄禍を実現させるような申し出であった。明治天皇は謝絶した。
本書P99
この時は、光緒帝とは言っても西太后の支配。義和団に乗じて宣戦布告ってんだから話にならない。日本に連携をたのむにしても、遅すぎた。日支韓で近代化にむかっていればよかったろうけど、こんな場で連携を申し出られてもどうにもならない。
日英米が見事に連携した時代があった。日英同盟は有名な話だが、日露戦争の頃、アメリカは支那への進出競争の遅れを取り戻そうと必死だった。一八九九年と一九〇〇年の二回、アメリカのジョン・ヘイ国務長官は支那における商業機会の機会均等と支那の独立、領土保全を、列強各国に通牒として送付した。義和団事変後の、ロシアによる満州占領は、アメリカの門戸開放政策への挑戦であると受け止められた。同時に、満州への居残りを原因として日露戦争につながっていくので、同盟を結んでいる日英とアメリカの意図は完全に一致したのである。
本書P112
nitibeiei.png
イギリスに背中を押されたのはよく分かるのだが、その背景にアメリカがいることの意味が、もうひとつはっきりしなかったけど、「ロシアの満州占領」に関しては、三国の意向は、完全に一致していたんだな。それだけに、ハリマン事件の重みがあるということだ。
仮に日本が国際的な“ボイコット”に直面し、西洋文明の先輩で代表である諸国のなかに自分の居場所を得ることが決してできないと悟らされた場合には、その時は・・・その時にのみと我々は信じるが・・・日本は『黄禍』を現実のものとするために全力を尽くすかもしれない。この新参者を文明諸国から仲間はずれにすることほど、不公正でまぬけな政策はないだろう。
日露戦争の初期(一九〇四年五月一二日)の段階に、イギリスの『ザ・タイムズ』紙が西洋文明諸国に発した興味深い警告である。
hannniti.png
*日本人学童は「東洋人学校」へ(サンフランシスコ) 1906
  • 高い能力と勤勉で、日本人は白人労働者にとって手強い競争相手となっていた。
*日米紳士協定で、アメリカへの移民を自主規制 1908
  • 日本人学童は、この紳士協定を前提として、公立高校に戻ることが認められた。 1907
*排日移民法(移民・帰化法改正)1924
  • 日本人をターゲットとした移民禁止





 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本


































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい