めんどくせぇことばかり 『マンガでわかる イスラムv.s.ユダヤ 中東3000年の歴史』 吉村作治

『マンガでわかる イスラムv.s.ユダヤ 中東3000年の歴史』 吉村作治

《イスラム国》ってのが一大勢力として浮かび上がって、中東はなんだかひどいことになってしまっている。・・・でもさ。ここがひどいことになってるのはさ。ずいぶんと前からのことじゃないかな。・・・ずいぶんってのは、・・・んん千年。

とりあえず第二次世界大戦が終わり、一九四八年にイスラエルが建国されて以降っていうのはそれこそ最悪の時代であって、どうにもならない状況って言うことだよね。どうにもならない期間は、イスラエル建国以降の六七年間か。だけど、三〇〇〇年の歴史の中での六七年間なんて、微々たるもんだよね。その間、あんなことがあって、こんなことがあって・・・。そして今後も、いろんなことがあるんだろうね。
「ついこの間までアラブとユダヤが戦争をしていると思ったら、今度はアラブとアラブが戦っている」とか、「イラクとクウェートん戦争にアメリカが出てくるのは石油が絡んでいるからわかるとしても、なぜイスラエルにミサイルが打ち込まれるのか皆目わからない」とか、「イラクは三千年来の宿敵イスラエルを攻めないで、軍事弱小国であり、同じアラブのクウェートを攻めるなんて、なんとも狂っている」

湾岸戦争の当時、多くの日本人から「中東はわからないところだ」と、上のような意見が寄せられていたんだとか・・・。

だけどさ。一九四八年以来のこの地域の紛争で、イスラエルが無関係なんてあるはずがないよね。そしてキリスト教国家は、それ以前から中東の石油資源を巡ってこの地域に手を突っ込んで引っ掻き回してね。あの人たち(キリスト教徒の方々)、今ではユダヤ人差別なんてどこ吹く風ってかんじだもんね。そんな奴らがしつこくこの地に関わって、こんなどうにもならない問題が解決できるわけがないよね。・・・終わっちゃ困るような奴らがいっぱいいるんだもの。

『マンガでわかる イスラムv.s.ユダヤ 中東3000年の歴史』  吉村作治

CCCメディアハウス  ¥ 1,296

これからのアラブの行方を考える場合、アラブの混乱はあと一世紀は続くと考えた方がいい
第一章  ユダヤ教
第二章  キリスト教
第三章  イスラム教
第四章  アラブの覚醒とシオニズム運動
第五章  混迷の中東
第一章の《ユダヤ教》で描かれているのは、”バビロン捕囚”からの解放、前五三八年まで。『こうしてペルシャが弱体化する前三三〇年代に入るまで、ユダヤ人は平穏な時代を過ごすことになる」と、終わる。

第二章《キリスト教》の始まりは、”アレクサンドロス大王の東征”から。ディアドコイ戦争後の分裂と、ローマの強大化の波の中、ユダヤの世界に一つの変化が生まれる。・・・そんな流れ。そしてユダヤ教から切り離されたキリスト教の成長と、両教の確執。ユダヤ戦争、ディアスポラ、ローマ帝国におけるキリスト教の国教化(三九二年)まで。

第三章《イスラム教》は”ムハンマド時代”、”正統カリフ時代”から、ウマイヤ朝の始まり(六六一年)まで。

第四章以降は、読んでいて心が痛い。第一次大戦におけるサイクス・ピコ条約、フセイン・マクマホン協定、バルフォア宣言によるイギリスの裏切外交はひどい。サイクス・ピコ条約でオスマン帝国アラブ領の分割を仏露と約しておきながら、空手形でユダヤ、アラブの戦争協力を取り付ける。英外相バルフォアは、パレスチナの一〇%のユダヤ人を取り込んでフランスの縄張りのパレスチナに食い込もうと、ユダヤ人によるナショナルホームの樹立にゴーサインを出した。

第四章ではナセルのパン・アラブ主義までを、第五章ではそれ以後のさらなる混乱を描いている。

第三章と第四章の間には《三教について》という項目が設けられている。
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教はすべて『旧約聖書』を聖典とし、エルサレムを聖都のひとつと考え、唯一の神を信じる兄弟関係にある。それでは、共通点と相違点とはなにか?
ここをしっかり理解しておくことも重要だろう。
それにしても三千年か。ひでぇもんだな。宗教は人が生きる指針とは言うものの、こんな指針ならいらないんじゃないかな。

原案・監修・解説の吉村作治さんは、『これからのアラブの行方を考える場合、アラブの混乱はあと一世紀は続くと考えたほうがいいだろう』という。その前提としてパレスチナ問題の根本的な解決と貧富の格差の縮小の二つを上げている。・・・そう考えると、どうにも一世紀くらいでどうにかなるもんかどうかと思ってしまう。

イギリスはひどいよ、・・・たしかにね。だけどね。もうそれから一世紀が過ぎてるよね。さまざまな要因が重なりあってのこととはいいながら、百年も経てば、いい加減人のせいにもしていられないだろう。

んで、どうだろう。もとから同一の神への信仰。三宗教も分け方によっては二分割できないか。最後の一人が倒れるまで教えを貫くグループと、折り合える部分で折り合うグループ。教えを貫くグループには場所を与えて仲良く共倒れてもらえばいい。そうでもしないと、一世紀が二世紀になろうと、三世紀になろうと・・・。ねえ・・・。





 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

みんなでFAX「憲法9条第二国連新設」

安倍晋三は憲法9条を柱に第二国連「全地球平和国家連合」を新設せよ。

国連もそのまま安保もそのままで地球上から戦争が無くなるよ。


117.相互安全保障条約は日本が立憲国だから憲法がある国ならどの国でも二国間相互対等安保条約を締結できる。平和通商条約を結んでいない国でもよい。パレスチナのようにスエーデンなど一部の国しか国交がない国でも、日本と安全保障条約を結ぶことが出来る。

ロシアもいいけどまだ日ロ平和条約がないからちょっと手数がかかるかな,平和条約がある中国と比べて。

いちばんいいのはまず安倍が訪中して日中対等相互安保条約を結び調印してそのままロシアへ行ってそれを手土産にロシアと日ロ対等相互安保条約を結び調印して帰国すること。

帰国後国会で批准すれば安倍晋三の超特大ノーベル平和賞百倍掛けの大手柄になるね。尖閣北方領土問題解決するし。

日米安保はそのままでよい。敵国条項も地位協定も実質何の役にも立たなくなるからね。
_______

これ、安倍じゃなくても中ロに旅行に行った日本人が中国やロシア政府官庁へ国家主席や大統領に宛てた「日本と安全保障条約を結んでちょうだいませ」お手紙を渡したらいいね。郵便代が要らんし。国内の人は大使館宛てに国家主席や大統領宛のお手紙郵送したりふぁxしたりメールしたりすれば、安倍政府以外の日本人はみんな他国との平和を求めているWe're not Abeが海外に向かって大々的に発信できるよ

通りがけ さま

・・・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

国連やNGO、他国による中途半端な「人道介入」が、戦争を終わらせるのでなく、戦争を長引かせる。

無理に停戦させても、紛争の原因たる火種を凍結するだけだ。

本当の平和は、徹底的に戦ったあとでなければ訪れない。
これから出る本










































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本










































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい