めんどくせぇことばかり 『頑蘇夢物語』 徳富蘇峰

『頑蘇夢物語』 徳富蘇峰

1887年 25歳
『国民之友』を創刊。坪内逍遥、森鴎外、二葉亭四迷、内村鑑三、新渡戸稲造、安倍磯雄、片山潜、金子賢太郎、中江兆民、新島襄、フェノロサらの論客を擁して、貴族的欧化主義、国粋主義を批判して、平民主義を唱える。
1890年 28歳
『國民新聞』を創刊。藩閥政治を批判して、たびたび発刊停止。桂太郎内閣時代は、実際に政治にも関与。日露戦争時は、桂首相の委嘱を受け国論統一と国際世論への働きかけに協力。ポーツマス条約に賛成したことで、国民新聞社は日比谷暴動の際の焼き討ちにあう。

明治・大正・昭和の三つの時代に常に時流に乗って指導的役割を果たした人物が、「昭和二十年八月十八日、順序もなく、ただ予が現在の心境に徂来することを、そのまま書き綴ることとする」と、玉音放送ののち、三日目の朝から書き始めた。

なぜ、負けたのか

『頑蘇夢日記』  徳富蘇峰

講談社学術文庫   ¥ 1,328

明治・大正・昭和を通じた大言論人、徳富蘇峰が終戦後三日目から書き残した膨大な日記

第一巻
陛下の玉音放送を謹聴して  敗戦論者の筋書き  万世太平の真諦  自ら吾が愚に驚く  敗戦の原因


第二巻
盗人猛々し侵略国呼ばわり  日本は侵略国に非ず  日本の地理的条件  朝鮮及び台湾との別離
日本の心的去勢  勝つべき戦争に自ら敗る  天皇尊厳の冒涜と支配階級の幇間化
軍官を糾弾す  官界の流弊を抉る  統制経済の失敗と食料政策の貧弱  他

第三巻
日本軍人と降伏  日本敗因の一  陸海将官の瀆職、下級軍人の貪欲  驚くべき日本上下の急豹変
米国、神道の廃絶を期す  ミッドウェイ敗戦の因  対米従属の日本政府  他

第四巻
日本精神の一大消耗破壊  一切の悪事、軍閥に期す  日本人たるを恥じる  東條の人物  
山下大将に死刑宣告  近衛公の服毒死に思う  他

第五巻
首相東條と予  力即正義か  日本の宝皇室  戦争における皇室の御態度  他  
「あんな戦争はやるべきじゃなかった」  「だから俺は最初から反対だったんだ」  「アメリカを相手に勝てるとでも思ったのか」・・・うんざりだ。
なんかうまくいかないことがあると、後からどうのこうのって輩はいくらでも出てくる。目先の聞く奴はずいぶん早くから日本を見限って、そちら側に回っている。なかには戦争の真ん中近くにいながら、あらかじめ負けた時のための言質を残している人までいる。
日本は派手に負けちゃって、乗り込んできたマッカーサーに思想改造されちゃうから、そのかわり見の早い連中の存在はとっても上手く利用された。
そいつらの言ってるのが本当になって、「馬鹿な軍閥に引っ張られた結果、国民は未曾有の苦しみを味わうことになった」なんていう、原爆も焼夷弾も、あたかも“日本軍閥”という架空の存在の仕業であるかのような、わけの分からない歴史が本当になっちゃった。
知りたいのは時代の空気。マッカーサーが封印した、その時代の空気だ。・・・この本は、まさしくその時代の空気の缶詰と言っていい。・・・さてと・・・、準備はいい? 缶詰開ける準備だよ。マッカーサーに封印される前の空気100%の缶詰だからね。・・・準備しないと、かなりむせ返ることになるよ。
8月という、特別な月を目前に控えて、むせ返るのは夏の日差しだけでいいでしょう。



 


 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい